https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

2009-01-21から1日間の記事一覧

森元首相、政権批判の中川秀氏に「派閥世話人やめよ」 「『派閥に造反したら、閣僚に選ばれる』という雰囲気がある。変な話だけど、麻生内閣は『裏切りの内閣』だ。麻生さんは党内が盛り上がるような選び方をしなかった」 「その辺の若い小僧っ子ならよいけ…

どぶ板の学問としての労使関係論 国際問題を論ずるのには、まずは現実に世界で何がどうなっていて、それは歴史的にどうしてそうなってきたのかという話が先であって、それをすっとばして国際法理論上どうたらこうたらという議論はしないし、国際経済理論的に…

【オバマ大統領就任】ウォルフォウィッツ氏「落ち着いた演説だった」 「誤りのひとつが今日の中国を2050年に予想される中国であるかのように扱うことだ。中国は一部の者が考えるような超大国ではない」 「(対照的に)日本は米国がアジアでなしたいすべ…

Welcome to the White House

大前 研一氏 金融大地震に世界がやるべきこと、日本ができること(3)

[新装版]勝負のこころ作者: 大山康晴出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2009/01/20メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 20回この商品を含むブログ (14件) を見る

イスラエル軍、ガザ撤退を完了 「午前中に最後の部隊がガザを去った。軍はガザの域外で展開しており、いかなる事態にも準備ができている」 アナリストらは、主要な同盟国である米国の新時代の幕開けに水を差さないよう配慮があったとみている。

焦点:ポンドの下落が加速、通貨危機を懸念する声も キング中銀総裁に加えダーリング財務相も、ポンド安は英国の輸出を支える効果があると指摘してきた。しかし世界経済が第2次世界大戦以降最悪の低迷期に陥った今、需要自体が減退しているため、英国の輸出…

人種・言語超え「新たな自由の誕生」へ…オバマ氏の旅始まる 自由と平等を建国理念に掲げながら奴隷制、有色人種への差別という「原罪」と格闘してきた、そんな米国の歴史と先人がこの日、「米国再生」を掲げ、人種も言語も超えたすべての人間を包み込もうと…

前米大統領はテキサス州へ、「大統領は素晴らしい経験」 「大統領職は素晴らしい経験だった。だがそれと同じように、テキサスの夕焼けは最高だ。故郷に帰って嬉しい」 「大統領の経験も夕暮れのテキサスにはかなわない」 ブッシュ氏帰郷 「大統領は楽しい経…

【明解要解】世界で偶像化するゲバラ 社会的弱者救う「かっこいい男」 映画『★CHEチェ 28歳の革命 | 39歳 別れの手紙』公式サイト

★スカステ:宝塚ニュース

お知らせ:『福祉政治』の書評にご注目ください 『毎日新聞』(2009年1月25日付)の読書面 http://d.hatena.ne.jp/d1021/20090119#1232315809

竹中平蔵 慶応大学教授 「不況脱出へ埋蔵金を全部使い切れ」|大混迷 2009年の政治経済|ダイヤモンド・オンライン

オバマ大統領就任演説:全文(1)恐れでなく希望を選んだ オバマ大統領就任演説:全文(2)立ち上がり、再建しよう オバマ大統領就任演説:全文(3)イラク撤退、温暖化防ぐ オバマ大統領就任演説:全文(4止)新時代への責任を オバマ米大統領、就任演説…

【正論】北大名誉教授、拓殖大学客員教授・木村汎 ところが、大統領就任以来今日にいたるまでプーチン氏が専念してきたのは、“レント・シーキング・システム”の形成と維持に他ならない。原油や天然ガスの国際価格の値上がりをいいことにして、そこから得られ…

【次代への名言】1月21日・上杉謙信 「義こそ、わたくしが願い、益々もってきわめてゆくところでございます」 乱暴な私訳で恐縮だが、冒頭は、1564年、出兵を前に必勝を祈願した奉納文のなかにある。

【話の肖像画】始まった人間性経営学(2)元ソニー上席常務・天外伺朗さん これからの企業経営は「合理性」から「人間性」に統一されていくというのが私の持論。大半の企業は軍隊のように一見、組織がしっかりしていても走行はムカデ競走のようにノロノロ。…