https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

yamazakikoutarou.hateblo.jp

西郷に学がなかったのではなく、歴史学者や大衆歴史小説家の方に学問や思想が理解できなかっただけである。

西郷は、大学や大学院で学ぶような知識や技能だけの学問ではなく、人と人とが接し、ぶつかり会うことによって、以心伝心で伝達されるような学問を学び、身につけて行ったと言っていい。西郷が、先輩や友人達から学んだ学問や思想は、活きた学問であり、活きた思想であった。西郷が、「つけやいば」の浅薄な知識や教養を振り回すだけの軽薄才子たちを軽蔑し、批判したのは、西郷に学問がなかったからではない。西郷の学問は「活きた学問 」だったが、軽薄才子たちの学問は「死んだ学問 」だったからだろう。西郷は、「人の好き嫌いが激しかった」と重野安繹は言うが、おそらく正しいだろう。西郷は、空理空論を振り回し、大言壮語する軽薄才子たちのことが、あまり好きではなかった。嫌いだった。

d1021.hatenadiary.jp

#活学#陽明学#格物致知

不思議なことに、西郷は、行く先々で、優秀な学者や文人にめぐり逢うのだ。島津斉彬に随伴した江戸では、水戸学派の重鎮・藤田東湖橋本左内奄美大島沖永良部島では重野安繹や川口雪蓬。つまり西郷は、島流し時代の6年間、重野安繹や川口雪蓬というような優秀な指導者の元で、「学問 」に励むことが出来たのである。さて、福沢諭吉は、西郷擁護論である『丁丑公論 』という論考の中で、西郷を擁護しつつ も、西郷の失敗は、「不学 」だったことにあると言っている。私は、この福沢諭吉の言い方に疑問を持っている。福沢諭吉のいう「学問 」とは、どういう学問なのか、 と。

福沢諭吉の言う「 学問 」とは、机上の空論のことなのか。実践や行動の伴わない空理空論のことなのか。私は、西郷にこそ「学問 」があったと考える。福沢諭吉の言う「学問」は、実践や行動の伴わない、あるいは実践や行動を回避した書生論であり、空理空論である。私も、元々は、福沢諭吉の私塾であった慶應義塾大学に学んだ「 塾生 」の一人だが、学生時代から、福沢諭吉には、あまり興味がなかった。私が、福沢諭吉に興味を持ったのは、西郷擁護論である『丁丑公論 』を読んでからである。私は 『丁丑公論 』の内容には賛成し、感動したが、最後の「 不学」という言葉で、立ち止まった。それでは、「 西郷には学問がなかったが、福沢諭吉慶應義塾で学んだ『塾生 』たちには学問が合ったのか? 」と。

d1021.hatenadiary.jp

大津事件の津田三蔵が断刀宣言をし、サラエボ事件の青年が断銃宣言をするがごとき何かを見た気がした。

「知を致すは物を格(正)すに在り」

d1021.hatenadiary.jp

#西洋の学問#科学

歴史の本質は「歴史学者」には分からない。呉座勇一は、歴史は「 歴史学者」が、一番分かっている、と言いたいらしいが、そうだろうか。史料や文献や古文書を読んでいるだけで「 歴史の真実」が分かるだろうか。「歴史学者 」には、表面的な歴史的事件や歴史的事実が分かるだけではないのか?「歴史の真実 」や「歴史の本質」は、それとは別物だろう。

たとえば、天皇天皇制の起源や秘密を、我々は「 歴史学者」に学ぼうとは思はない。民俗学、宗教学、人類学などによるアプローチに、我々は、教えられる。呉座勇一は、『 陰謀の日本中世史』などで、「 本能寺の変 」について、事件の首謀者=明智光秀の「動機 」などには、歴史学者は興味も関心もない、それは、歴史学のテーマではない、と言っている。

呉座勇一のいうことは、勘違いも甚だしい。歴史学者のために「歴史 」はあるのではない。我々は、「 歴史 」には興味を持つが、「歴史学者 」などには、さほどの興味を持たない。歴史学者は日陰の存在に過ぎない。つまり、我々が、「 歴史を深く知りたい」と思うのは、むしろ明智光秀の「 動機」の方ではないのか。歴史学者は関心を持たないかもしれないが、多くの日本国民は、そこに興味を持つ。豊臣秀吉徳川家康バテレンとの関係だけではなく、天皇との関係は(?)、本能寺の変に関わってはいないのかどうか(?)、など。それらの問題は、現代の我々の存在にも直結している。明智光秀には、織田信長を殺さなければならなかった、何らかの理由があったはずである。それは、何だったのか。その謎について、我々は、考えざるを得ない。史料や文献や古文書がないからこそ、ますます我々は知りたいのである。

「まだ思惟されたことのないもの 」( ハイデッガー)を考えることこそ、「学問」だろう 。柄谷行人は、『 マルクス その可能性の中心』で、マルクスは、「 まだ思惟されていない」問題を考えたからこそ、偉大なのだと言っている。

d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp


d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp

ネット右翼陰謀論を厳しく、執拗に批判、罵倒する一方で、ネット右翼
対極にあるマルクス主義的な階級闘争史観や唯物史観をも批判しているというわけだ。これはどういうことを意味するだろうか。

ポストモダンだということ。
よって、体制派。
ネトウヨや左翼リベラルと同根。

d1021.hatenadiary.jp

d1021.hatenadiary.jp

d1021.hatenadiary.jp

しかし、この問題は、実は、くだらない問題ではない。現代曰本の社会や文化に巣食う病巣であり、しかも、それは、現代日本が直面する根本的な 、深刻な病魔であるからだ。日本の社会全体が、「学歴主義化=組織の空洞化」しつつある。私が、文学関係の文章を書き始めた頃も同じような現象が起こりつつあった。「文壇の高学歴化 」である。「 文学の高学歴化 」イクオール「文学の空洞化 」であった。その結果、どうなったか。現代日本の文学の衰退、文壇の地盤沈下は、そこに原因があると、私は考えている。たとえば、文芸誌から、有能な文芸評論家たちが消え、その代わりに、無能な「博士号取得者 」たちが氾濫するようになった。無味乾燥な駄文が文芸誌を占領し、文学のエネルギーは消えた。一方では、「博士号も持っていないくせに、大学教授になりやがって・・・ 」というような声が聞こえて来るようになった。文学の世界も、「 文学研究者 =博士号取得者」が横行するようになって、文学や文壇は、ただひたすら「衰退の道」を爆走中と言うべきだろう。呉座勇一の「 歴史学者擁護論」も、「 歴史学の自殺 論」だというべきかもしれない。

d1021.hatenadiary.jp

文学と歴史を知らないイデオロギー偏執狂の独裁者

d1021.hatenadiary.jp

大胆な理論や仮説を議論することを避けて、瑣末な枝葉の議論に終始するポストモダン的な瑣末主義である。

Q「単純なことが何故できず変なことになるか」

A「理性的」でないから。

振り返れば、論戦の途中、八幡さんが「呉座先生は資料を分析し評価するプロとしての技術や見識をお持ちですが、その分析対象の政治、外交、経済については素人」と述べたのに対し、呉座さんが「大学関係者がしばしば嘆くのは、実務家教員に二線級の人材が少なからず存在するという現状だ」と、実務家教員への厳しい批評で返しました。これに反発した八幡さんがFacebook上で「たかが助教の立場で歴史学者代表みたいな顔して他の職業のしかるべき人たちをdisるとは」と発言、大学関係者らがネット上で非難しはじめ、騒ぎが拡大しました。

なお、一部の大学関係者が八幡さんを念頭に「経産省天下り教員で若手研究者のポストを奪っている」との非難をしていましたが、八幡さんの地位については経産省やOBの斡旋は受けておらず、大学院設置時に実務教育の実施を念頭に文科省から義務づけられた実務家教員枠のなかでの採用です。現在も専任教員と同等の待遇も受けていないので、指摘されたような事実関係とは異なることも付記しておきます。

d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp

               ↓

「亀石先生」は業が深い。

d1021.hatenadiary.jp

#結果無価値#ポストモダン#体制派

d1021.hatenadiary.jp

刑事弁護人のミッションは、検察官が架けようと目論む橋を揺さぶり破壊すること。効果的な破壊には、まず検察官橋を観察し、どの部品で橋の荷重を支えようとしているのかを見極める。そんな部品に照準を合わせ、的確に攻撃すべし。重要部品を叩けば、橋の危うさを気づかせることができる。

d1021.hatenadiary.jp

「そういう生の問題にぶつかるとね、一歩も引いてはならんということは、刑事訴訟法ではでてきますよ。天地崩るとも、これはもう自分が引いたら、何もかも崩れるという問題がよくありますね」

誰一人誤読してない。

d1021.hatenadiary.jp

考える人間であることをやめ、価値判断を上位者や帰属集団に委ね、状況の変化が持つ意味を考えず適応することしか考えない人は、状況の奴隷だろう。国の中枢が、そんな人間ばかりになれば、権力者が「一線を越える行動」をとっても許される。皆がそれに合わせて行動する。そんな壊れた国になっている。