https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

 天武天皇の娘で初代斎王とされる、大来皇女の就任に伴い造営されたとみられる。中央集権国家の樹立を目指す天武天皇のもと、伊勢神宮祭祀が整えられたことを物語る貴重な発見だ。

この書状は、三重県に住む男性が茶道具店から購入し、三重大学藤田達生教授などが調査を行いました。

その結果、書状は、花押や筆跡などから、「大坂の陣」のあと大坂城の建て直しを担当していた小堀遠州が、遠州の義理の父親で徳川秀忠の側近、藤堂高虎に宛てたもので、記された内容から寛永3年=西暦1626年に書かれたと考えられることがわかりました。

藤田教授によりますと、書状の中で、遠州は、大坂城の茶室の庭に置く石を献上するよう高虎に進言し、その理由について「大坂はゆくゆくは御居城にもなさるべきところ」と説明しています。誰の城になるかは明記されていませんが、城に「御」という敬称が付けられていることなどから、当時、江戸城にいた大御所の徳川秀忠や、三代将軍、家光の居城になるという前提で遠州大坂城の整備を進めていたことがわかるということです。

徳川幕府の本拠地を江戸から大坂に移す「大坂幕府構想」は、この書状の10年ほど前、「大坂夏の陣」の直後の史料にも記されていますが、間接的な聞き書きにとどまっていました。

この構想について、藤田教授は「大坂は豊臣家以来の伝統的な場所で、京都と大坂で体制を安定させていく目的があった。豊臣家が滅亡したときから家康が近畿地方を政権の本拠地にしていこうと考えるのは自然なことだ」と指摘しています。

そのうえで、「『ゆくゆくは居城になる』というような表現については、あまりにも大きな内容なのでびっくりした。家康の構想に沿って秀忠も動いていたことがうかがえる」と話しています。

跡部さんによりますと、徳川幕府の拠点を大坂に移す構想は、西暦1615年、豊臣家が滅亡した「大坂夏の陣」の直後に上洛した薩摩藩島津家久の話が、史料に記されています。この史料には、家久が幕府の上層部から、大坂城を当時の将軍、秀忠の居城にするという計画を聞いたと記録されています。

跡部さんによりますと、その後、秀忠は、朝廷と幕府の関係を強化する公武合体政権」を目指して娘を天皇家に入れ、寛永3年=西暦1626年に孫が生まれていました。

今回の書状はこの直後に書かれたとみられ、誕生の祝儀にはどれくらいのものを贈ればいいのかや、来年、秀忠が上洛するうわさがあるといった、孫の誕生に関連する記述もあります。

また、跡部さんによりますと、江戸時代前期の大坂城の平面図には、小堀遠州が建築を進めていた茶室を示す「数寄屋」が存在していますが、後期の平面図には見られないということで、将軍が居城する可能性がなくなって壊したのではないかと考えられるとしています。

「大坂幕府構想」について、跡部さんは「当時は天皇がいる都やその近くに武家政権の本拠地を置く『畿内政権』というのが基本的なあり方でした。幕末の外交官の記録に、大坂城江戸城よりもずっと美しくずっと堅固である』という記録がありますが、ここを本拠地にするという思いで作っていたと考えると納得できます」と指摘しています。

しかし、秀忠の孫は2年後の寛永5年に亡くなり、秀忠自身も寛永9年に死去したことから、「公武合体政権」や「大坂幕府構想」が実現することはありませんでした。

料理は、これを記念するために名古屋市徳川美術館にある日本料理店の料理長が当時の文献をもとに「饗応御膳」(きょうおうごぜん)として再現しました。

料理は、将軍家や宮廷に献上されていたとされる尾張特産の宮重大根を使った御わんなど8品で、尾張徳川家に伝わる調度品を再現した器に盛りつけられました。

試食会は本丸御殿の「孔雀之間」(くじゃくのま)で開かれ、来年3月の公演PRのために名古屋を訪れていた歌手の五木ひろしさんが招かれ、料理を味わいました。

五木さんは「家康公になったような気分です。この料理をいただけて幸せです」と話していました。

この「本丸御殿饗応御膳」は、来年1月から3月までのうち、決められた7日間、1日80食限定で、5400円で味わえるということです。

 現在、西郷が立て籠った洞窟の案内版には、西郷の死を悼んだ勝海舟のうたが紹介されている。
 《ぬれぎぬを 干そうともせず 子供らが なすがまにまに 果てし君かな》
 自らの意思に反して私学生らが反乱を起こし、挙兵とならば、最高責任者としてすべての責任を引き受けたのだった。

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/12/16/200540西郷どん最終回「敬天愛人」)

 エジプト考古最高評議会のムスタファ・ワジリ事務局長は記者団に、墓は荒らされておらず手付かずの状態とし、「過去数十年来例を見ない」発見だと述べた。

 墓は、エジプト第5王朝(紀元前2500─2350年ごろ)の第3代ネフェリルカラー王時代のもので、全長10メートル、幅3メートル、深さ約3メートル。

 ワジリ事務局長は、13日の発掘で墓が現れた際、内部に5つの縦穴が見つかり、このうちの1本は「墓の主の棺または石棺に通じているはずだ」と述べた。

 墓の壁にはヒエログリフやファラオの彫刻の装飾が施されており、ワジリ事務局長は、これらの彫刻と、ほぼ完全な保存状態という点でこの墓は特異だと指摘した。また、来月からさらに発掘作業が行われる予定で、新たな発見が期待されるとしている。

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/12/14/200120(『隆盛がよく申して居りましたが、大隈重信には、教育のことを授けてはならぬ。又た井上馨には、決して財政のことを任せてはならぬ。とかやうに申して居りました。』)
https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/12/12/200125(「此の約に因りて得るところ、更に一あり。何の謂いぞ。曰く、心の自由、是なり。夫れ形気の駆るところと為りて自から克脩することを知らざる者、是れ亦た奴隷の類のみ。我より法を為り、而して我より之に循う者に至りては、其の心胸綽として余裕あり。然りと雖も、心の自由を論ずるは理学の事、是の書の旨に非ず。議論の序、偶たま此に及ぶと云うのみ。」)
https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/12/10/200425(産業革新投資機構 田中社長ら9人の取締役 辞任の意向表明)
https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/12/10/200310(金持ちを優遇するための原資を 中・低所得者 から巻き上げる。ネオリベ・システムの特徴だ。ネオリベ政策は30年近くも前から続いてきたが、オランド前大統領が強化し、マクロン現大統領が一気呵成に完成の域にまで高めた。庶民はたまったものではない。)
https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/12/09/200535西郷どん第46回「西南戦争」)
https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/12/06/200130(「正しいことを行うときに天の教えに従って人と接するのが英雄である」)
https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/12/02/200537(「先生又海舟翁の談に依て、西郷南洲翁の風彩を想望し、欣仰措(きんぎょうお)かず、深く其時を同じくせざるを恨みとせり。西郷南洲をして在らしめば、想うに我をしてを其材を伸ぶるを得せしめならん。而(しこう)して今や即ち亡し」)