https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

加藤・軽部
ショーパン1(管理職・リーダー候補に“ウーマンパワー”)
ショーパン2(日本“世界と差”大きく)

生野・三宅

長野美郷1

長野美郷2

加藤・軽部・山崎
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131216#1387192085

TBS★吉田明世 Vol.11★よしわんの朝ズバッ!♪

今年のクリスマスには立花さんから
田中みな実とお揃いのプレゼントが届きそう

冗談でも恐ろしいこと書くなよ。

【 裏社会の人達の相関図 】 

こんな感じで合ってる?



 みな実------ 立花胡桃------谷口元一(バーニング)
  |     |     |
  |     |     |
  |     |     |
 堕胎メガメ----関東連合-----893

「バーニング」の検索結果 - d1021の日記
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20110909#1315567405

日刊ゲンダイ|ミス・インターナショナル 特派員協会で「涙の訴え」のワケ

 前代未聞、現役のミス・インターナショナルが涙の訴えだ。設立から半世紀以上を誇る世界有数のミスコンで、2012年に日本人で初めてグランプリに選ばれた吉松育美(26)。そんな世界的な美女が16日、外国特派員協会で「日本の芸能界の暗部」と題した会見を開いたのである。

訴えた内容は大手芸能事務所「ケイダッシュ」の幹部である谷口元一氏から、1年もの間、執拗(しつよう)な嫌がらせや脅迫、業務妨害を受けたという被害の数々だった。

吉松は谷口氏個人を威力業務妨害で、民事と刑事の両方で提訴しているという。

海外メディアの反応はというと――。
「日本のメディアこそが取り上げるべき事件だ」(伊テレビ局の男性記者)、「日本の芸能界は本当に汚い。ダイナミックウーマンの夢を奪うのか!」(仏ラジオ局の男性記者)と憤慨の声しきりだった。

 吉松の決意の訴えは、日本の芸能界に風穴をあけることになるのか。

ミスインターナショナル吉松育美が谷口元一をストーカーで告訴!川田亜子自殺事件と同じ手口か?との疑惑 - NAVER まとめ
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20130916#1379329031
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20110917#1316262558

小池社長が“AKB商法”を批判!? 「アイドル特典ランキング」に成り下がったオリコンの苦悩 - ライブドアニュース

「今はチケットや握手会を付けたりと、いろんな売り方があるが、嵐は王道的。一枚一枚の作品をファンが買ってくれている印象がある。この記録がいかにすごいかをご理解の上、報道してほしい」

「かつてオリコンランキングは、スターの“人気のバロメーター”であり、タレント自身も“オリコン1位”を目標に頑張っていた。いわゆる、音楽業界を底上げさせる存在だったんです。しかし、昨今の特典商法の過熱と共に、ランキングの商品価値はダダ下がり。上位はアイドルグループが独占し、昔と変わらぬ売り方を続けるアーティストたちは、蚊帳の外。多くの実力派アーティストが、『ファンに届けばいい』という内向きな思考となってしまいました。そんな状況に頭を抱える小池社長の本音が出た挨拶でした」(芸能記者

 しかし、オリコンは必ずしも特典商法の“被害者”とはいえないとか。


「そもそも、“握手会商法”や“自社買い”などの組織票を招いたのは、オリコンランキングの存在が原因ともいわれています。これ以上、価値を下げないためには、ランキング集計の仕組みやルールを変える必要があるのかもしれません」(同)


 だが、今のオリコンは大手芸能事務所やレコード会社とズブズブの関係。2010年には、当時大人気だったK-POPグループ・JYJのDVDがランキングに記載されないという不自然な事態が発生し、オリコンがその理由を、“エイベックスの意向”と認める一幕もあった。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131216#1387192063

【めざどMC】皆藤愛子さん☆153【天下統一】

愛ちゃんもまたショッキングピンクの何十万もする
ジミーチュウのバッグ買ったで、、もう完全に勝負に出たなって感じ
黒色ばっかだからテンションがあがるんだとさ、夏に白色のバッグ買ってたやん・・
黒色のバッグ使ってるの見たことないし何個バッグもってんねん

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20130421#1366553011

アウディはなぜアメリカンフットボールを支援するのか? | ラグジュアリーは変われるか?|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

高級車市場に長らく君臨するドイツ御三家メーカーといえば、BMWメルセデス・ベンツアウディですが、なかでもアウディが数年前から大躍進を遂げています。


世界の自動車メーカーが大きなダメージを負ったリーマン・ショックの影響も受けず右肩上がりの成長を続け、2012年には世界で約146万台を売り上げてメルセデス・ベンツを抜き、首位のBMWに迫る勢い。すでにヨーロッパ、中国ではナンバーワンの高級車ブランドとなっており、アメリカでも販売台数が急増しているのです。


これは日本でも同様で、アウディジャパンは6年連続で販売台数の最高記録を更新するほどの快進撃を続けています。

アウディは高級車ブランドのなかでも、ある一貫したテーマに沿ったマーケティング・広報活動を行うブランドとして知られています。例えば、スポーツへの支援です。

いったいなぜ?という問いかけに大喜多寛社長は、「“知的さ”に敏感な層の取り込みを狙い、戦略性の高いスポーツを選んで支援している」と答えています(2012年5月22日付の日経産業新聞より)。

サッカーやアメフトはフォーメーションや作戦が多彩で、“頭を使うスポーツ”であり、アウディがこうした戦略性の高いスポーツを支援しているのは、高級車ブランドの価値基準に「ステータス」ではなく、「知性」が求められるようになっていることを表しています。

ネットプロモーションからスポーツや芸術への支援、そして製品まで、アウディの戦略はブランド哲学に基づいた「知的刺激に敏感な層」へのアピールとなっており、このメッセージの明確さが、同社の成長を牽引しているのです。

雑誌『BRUTUS』編集長の西田善太氏は、「アウディのプロモーションは、特にレリヴァンシー(relevancy)が高い」と評します。


レリヴァンシーとは「関連性」、すなわち情報の受け手がどのくらい自分と関連付けてメッセージを受け取っているのかを示す指標であり、このキーワードは、これからのブランディングに重要なキーワードです。


テレビや雑誌だけでなくWEBサイトやSNSなど、今はあらゆるところに情報があふれ、伝達回路がますます多様化するなかで、ブランドがターゲットを明確にすることなくメッセージを伝えようとしても、自分には関係のないものとして流されてしまうどころか、大抵は情報の渦に飲み込まれ、そもそも届かない――。これが、ブランドプロモーションのレリヴァンシーが低いことによる弊害です。

リーマン・ショックなどを経て、坂の上の雲を目指して頑張れば良い生活が待っているというイメージが崩壊した結果、『いつかは、クラウン』のような社会的なステータスの高さをブランドの価値に求めるやり方では、もはや生活者とつながれなくなっている。しかし、アウディは知性や教養というステータス以外の魅力を感じさせることで、知的なもの、先進的なものに興味がある人々にとって、アウディは自分のためにあるクルマだ』と感じさせることに成功しています。まさにプロモーションのレリヴァンシーの高さが、ほかの高級車にはない、アウディのブランドとしての強さを支えているのです」

「技術による先進」をブランド哲学としてさまざまな展開を行っていくアウディの姿勢は、現代のイノベーターたちのイメージとも重なります。華美な高級品に身を包んだ大富豪ではなく、デニムとタートルネックをユニフォームとしながら知性とセンスで世界の頂点に立ったスティーブ・ジョブズのような存在を連想させるのです。

「ますます複雑化、不確実化する世界のなかで、エグゼクティブ層が下す日々の判断にはいっそうの合理性や広範囲の知性が求められるようになっています。彼らは、それゆえにアウディのブランド哲学に共感するのでしょう」と語るのは、グローバルリーダーを育成するスイスの世界的ビジネススクールIMD日本代表の高津尚志氏です。


成功や地位、富の象徴としてではなく、自分のアイデンティティのあり方、美意識を示すものとしてクルマ選びをする態度がエグゼクティブ層にまで広まっているとしたうえで、アウディ好調の理由を、高津氏はこう分析します。


「機能面での高品質はすでに前提になっており、それだけでは差別化が難しい。品質が与える左脳的満足は当然のものとして、さらに右脳的刺激を提供できるか。どんな“遊び心”を加えて、感性にも訴えていくか。その“遊び心”の部分で、各ブランドが個性を競っています。アウディは、『知的好奇心の刺激』というツボを見つけ、一貫したコミュニケーションを重ねてきました。そのツボが、時代の流れのなかでより多くの人々に効くようになっています。だからこそ、アウディは従来ならもっと高価格な超高級車を購入していた人々にまで、シェアを拡大することができたのです

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131215#1387104080
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131214#1387018450


http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131217#1387276735


http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131205#1386240339


「S660」の検索結果 - d1021の日記

Jim Rogers On The Markets: Liquidity Flowing Into Stock Markets

You`ve got this staggering artificial sea of liquidity and we are all floating around. It is going into stocks, not just the american stock market but to others stock markets as well, the japanese stock market, et cetera.

歴史が証明!アベノミクスへ「ジム・ロジャーズの教え」:PRESIDENT Online - プレジデント

震災後に日本株を買っていましたが、2012年11月に安倍現首相が無制限に金融緩和を打ち出してから、さらに買い増しました。そして今年5月前半にその多くを売りました。その後、日経平均は5月23日、00年のITバブル崩壊時以来の下落率を記録。今回はバブルというほどではなく、金融緩和で市場にあふれたお金に投資家が食いつき、株価が急激に上がっただけなのです。そもそも長く続かないと見越して短期で売った。6月に入り、株価も為替も乱高下しています。農業関連株などは残していますが、大きく下がったら多少買い戻しも考えます。

日本ではいわゆるアベノミクスにより急激な円安・株高が続いていました。多くの人がこの政策をもてはやしていますが、はっきりいって災厄以外の何ものでもありません。傍目にはとても感じがよさそうに見えるこの政策によって、安倍首相率いる自民党のお仲間とごく一部の人々、たとえばトヨタ自動車などに関わる日本人の懐だけは一時的に潤うでしょう。名古屋の人にとってはいいかもしれません。でも1億2000万もいる日本人の多くの生活水準は下がっていく。何兆円ものお金を人工的に市場に送り込めば、人々は一時的に心地よく感じるものです。しかし最後には必ず苦しくなっていく。


日本は資源から食品まで、多くのものを輸入に頼っています。円が安くなれば生活必需品の値段が上がる。なぜ2%のインフレを目指すのですか?


ただし、別にデフレがいいわけではありません。インフレでもデフレでもなく、自国通貨を安定させ、健全な状態で現実的な成長を目指すべきなのです。

アメリカの経済についても、日本と同じく中央銀行がお金を刷ることで回復したように見せかけているだけですから一時的なものでしょう。人工的にマネーを市場にあふれさせたために米国株も上がったのです。私はアメリカの将来についてはおおむね悲観的ですが、この国が消滅するといっているのではない。経済規模は今より小さくなるかもしれませんが、日本と同じく農業といった特定の分野についてはまだポテンシャルがあると考えています。

一方、中国は大気汚染や伝染病の流行など非常に深刻な環境問題を抱えていますが、彼らは正しい方向を知っています。きっと環境浄化のために設備投資をするなどして解決に向かうはず。日本の技術をうまく輸出すれば大きなビジネスになりますよ。今後、中国経済が行き詰まることは何度もあるでしょうが、それは成長する際にどの国も経験すること。やはり米国に代わる21世紀の超大国は中国なのです。

焦点:来年は中国株がインド株を逆転か、割安感や改革効果で | Reuters

来年のアジア新興国市場では中国株が脚光を浴び、インド株と立場が逆転しそうだ。株価の割安感と、政府の改革に対する楽観論が追い風になるとみられる。


投資家は何年もの間、中国株をアンダーウエートとしてきたが、11月に政府が大規模な経済・社会改革を発表すると一部の中国株ファンドは買い越しに転じた。

MSCI中国株指数の1年後の予想利益に基づく株価収益率(PER)は9.3倍で、過去10年間の中央値を大幅に下回るほか、MSCIアジア(除く日本)株指数のPERとのかい離は2008年の世界金融危機以降で最大に開いた。


また、トムソン・ロイターエスティメーツによると予想PERベースで見て中国株はMSCIインド株指数より40%割安だ。


対照的にインドの主要株価指数は高値を更新しており、PERは過去10年間の平均値並み。


インド株は割高に見えるだけではない。米連邦準備理事会(FRB)による金融緩和の縮小や経常収支の問題、来年5月までに実施予定の総選挙に伴うショックに対して脆弱な可能性もある。

パインブリッジ・インベストメンツ(香港)のグレーターチャイナ・香港株式ポートフォリオマネジャー、デズモンド・ジャン氏は「全般的に見て、中国株は単純に割安過ぎるため投資家は来年無視できなくなりそうだ。改革や広範にわたる景気減速にもかかわらず、大衆消費、電子商取引、環境関連など今後数年で急拡大しそうな産業はまだ数多くある」と述べた。

中国政府の改革発表を受けて香港市場のハンセン中国企業株指数(H株指数)は4日間で10%以上も上昇したが、CLSAなど一部の証券会社によると機関投資家が不在だったため上昇は確信を欠いたものになったという。


しかしゴールドマン・サックスが11月21日に発表したリポートによると、世界の新興国市場とアジアを対象とするファンドは中国株を290ベーシスポイント(bp)と582bp、それぞれアンダーウエートとしており、これが中立に戻るだけで強力な上昇相場を引き起こし得る。

中国企業では、利益見通しの下方修正件数に対する上方修正件数の比率が上向き、投資家が企業収益の好転を予想していることが示されている。


香港にあるマクロ系ヘッジファンドの責任者は「過去3年間、市場は中国のハードランディングに賭けてきた。今こそそうしたポジションを一部解消する時だ」と言う。


相場の上昇を来年初め以降も長続きさせるためには、中国の銀行の不良債権処理で断固たる対策が期待される。加えて投資家は、政府の改革が企業、特に大手国有企業の利ざやと利益にどう影響するかも見極めようとしそうだ。


イオニア・インベストメンツのアジア株ヘッド、アンジェロ・コルベッタ氏は「次の決算で営業キャッシュフローの劇的な改善を確かめたい。大半の中国企業は運転資本がマイナスに陥っており、顧客に補助を与えている格好だ。すべての問題は資本配分の効率化に帰する」と語った。


ブラックロックのアジア株ヘッド、アンドルー・スワン氏は11月のロイター・サミットで「中国が改革を正しく実行すれば、単に押し目で株を買って戻せば売るという状態から抜け出し、横ばいないし下向きだった長期的な軌道が上向きに転じたという理由で押し目買いを実行する環境に突入しそうだ」と述べている。

中国の11月新築住宅価格、上昇幅が過去最大に | Reuters

中国の住宅価格は、政府の不動産価格抑制策にもかかわらず、依然として過去最高水準にある。不動産は最も有望な投資対象の1つとの見方が根強いことに加え、地方政府が歳入確保のために土地を売却していることが主な要因だ。

豪、鉄鉱石・コークス用石炭の輸出予測を上方修正 | Reuters

宅建設・インフラ事業向けの鉄鋼需要が拡大していることが背景。

2014年(暦年)の中国のコークス用石炭の輸入は8%増の9900万トンになる見通しという。

豪ドルは依然、不快なほど高い=豪中銀総裁 | Reuters

豪ドルは最近、より予想に沿った値動きをしており、2月時点から対米ドルで約13%下落したと指摘。その上で、豪中銀は為替レートが「不快なほど高い」と表現してきており、バランスの取れた経済成長には為替相場の下落が必要となる可能性があるとの認識を示してきた、と述べた。

貿易赤字 17か月連続で最長 NHKニュース

統計が比較できる昭和54年以降での最長を更新しました。

貿易赤字、初の2カ月連続1兆円台 11月として過去3番目 | Reuters

11月貿易統計を受けて市場では「高水準となった輸入は、原油エネルギーに加えて、航空機類の増加が影響した。航空機類の輸入増は特殊要因とも言えるが、一方で輸出の伸び悩みが続いており、短期的に株価にネガティブ、債券にポジティブに働く可能性がある」(国内金融機関)との見方が示されていた。また、「輸出が思ったほど伸びてこない。輸出数量は前年比6.1%増加したが、円安効果は期待ほど表れていない印象だ。長期間続いた円高のせいで電気機器メーカーなどが国内生産を落としており、それを戻すのには相当の時間がかかるということだろう。地域別では東南アジア向けの輸出が弱い。同地域の内需の低迷が影響しているようだ。一方、輸入は燃料以外でも一般機械などが伸びている。景気回復の影響とみられ、国内経済の構造変化を感じる」(IHSのシニアエコノミスト、田口はるみ氏)との指摘もあった。


財務省貿易統計 Trade Statistics of Japan


〔アングル〕鈍い輸出数量回復、円安効果も肩透かし 巨額貿易赤字継続へ | Reuters

日銀が公表している実質輸出(数量ベースの輸出)は、今年10、11月に昨年夏場ごろの水準まで回復してきた。ただ、その勢いは期待したほど強くなく、回復ペースは極めて緩やかなものにとどまっている。


最も伸びが高かった8月には、実質輸出が前月比6.4%増に達したが、9月は大きく減少。10月はやや回復したものの、11月には同0.1%増とほとんど横ばいとなってしまった。


  しかも、内閣府が試算している地域別データによると、10、11月の平均が7─9月の平均をはっきり上回ったのはアジア向けのみ。米国はわずか0.5%の伸びで7─9月に3%も落ち込んだ後にしては力不足の印象となっており、EU向けは3%弱の減少だ。


そのアジア向けについても疑問符がつきまとう。SMBCフレンド証券・シニアマーケットエコノミスト、岩下真理氏は「来年は中国の旧正月が1月末に早まり、通常その2カ月程度前から貿易活動が高まるため、この要因が影響している可能性がある」とし、「アジア向け輸出の強さが本物なのかわからない」と指摘する。   野村証券エコノミスト・野木森稔氏も「海外景気がまだやや弱く、さえなかった7─9月の実質輸出から、急激に回復する局面にはない。目先やや弱い伸びにとどまる可能性がある」とみている。  実際、企業も海外景気を慎重にみているようだ。日銀短観の海外製品需給に対する判断は、輸出型の加工業種で足元も先行き見通しも全く改善しておらず、円安とはいえ需要そのものがなかなか見えない状況にある。

輸出数量が伸び悩む一方で、輸入数量はエネルギー関連に加え、内需好調により高水準となっている。11月の実質輸入は前月比1.3%増となっている。このため、金額ベースでみても、輸入額は輸出額を大きく上回り、貿易赤字は1兆3000億円近くに達している。

消費増税前の駆け込みもあり輸入は当面高止まりが続き、エコノミストの間では「目先は高水準の貿易赤字が続く」との見方で一致している。このため10─12月期は外需寄与度がゼロ近傍にとどまり、外需が景気のけん引役になることは引き続き期待できないと見られている。


円安なのに貿易赤字が大きくなる理由

米農地バブルに崩壊懸念−トウモロコシ下落で80年代の再現も - Bloomberg

トウモロコシと農地 の価格が上昇していた3年間、米国の農家は羽振りがよかった。2011年以降、価格が高騰する中で農家は農地購入を増やし最新の農機具を導入。今年の生産高は約140億ブッシェルと過去最高水準に達している。

ところが、トウモロコシ価格が下落し始め、バンカーや農業エコノミストは農地価格の軟化がバブル崩壊につながる可能性があると予想している。


農業エコノミストコンサルティング会社アグリビジョンズの社長、デービッド・コール氏は先週、ネブラスカ州北部で開かれた数件の農業関連会議で講演した。「世界各地の動向が来年の穀物価格急落につながるのではないかという懸念が農業経営者の目に浮かんでいたのが分かった。農家の大半は、トウモロコシと農地のブームが急停止しつつあることを承知している」と指摘する。


今年の所得が平均6%増えた米国の農家は、幾つかの課題に直面している。過去最高に達した中国向けトウモロコシ輸出が減少する公算が大きいことや他国との競争激化、米国と欧州連合(EU)でのトウモロコシを原料とするバイオ燃料エタノールの利用を制限する動きだ。加えて、来年のトウモロコシ生産が過去最高水準に達する可能性があることだ。

前回、農地価格のバブルが崩壊した1980年代には、数千戸の農家が不動産を失った。トウモロコシ価格の高騰時に土地を買い増した後、商品相場下落に伴って多額の債務を抱えたためだ。米農務省のデータによれば、農地価格は82年以降の4年間で27%下落。中西部の穀物主産地の一部では50%余り下げた。

Corn Plummeting Spurs Talk of ’80s U.S. Farmland Bust: Mortgages - Bloomberg

商品からの投資資金流出、過去最大に増加へ−英バークレイズ - Bloomberg

商品24銘柄で構成するS&P・GSCI指数 は年初来で3.2%低下しており、年間ベースで43%下げた08年以降で最大の低下率を示す可能性が高い。今年は供給急増を背景に銅やトウモロコシが弱気相場入りし、ブルームバーグが追跡している商品指数67種のうち53種が低下している。

Commodity Investments Seen by Barclays Set for Record Outflow - Bloomberg

ドイツ銀行員をBaFin聴取、金属価格めぐる調査−関係者 (Bloomberg) - Yahoo!ニュース BUSINESS

市場操作の疑いをめぐる世界の監督当局の調査は銀行間金利から外国為替レート、貴金属相場へと広がっている。産金会社や宝石商、中央銀行が指標とするロンドン金値決め価格は、バークレイズ、バンク・オブ・ノバ・スコシア、HSBCホールディングス、ソシエテ・ジェネラル、ドイツ銀が参加する電話の後に1日2回、公表される。

Bafin Said to Interview Deutsche Bank Employees in Metals Probe - Businessweek

米上院共和党院内総務、イエレン氏のFRB議長指名に反対 | Reuters

マコネル院内総務は声明で、ドルの購買力を維持するという中銀の最も重要な仕事に対するイエレン氏のコミットメントをめぐり懸念を抱いているとし、過去数年に及ぶ景気刺激策を受け「強いドルに対し疑いの余地なくコミットしているFRB議長が必要だ」と主張した。


また共和党ランド・ポール上院議員が推進しているFRBの定期監査に関する法案を支持する考えも示した。

英国の回復は鈍いペースに、弱いユーロ圏経済が重し=中銀総裁 | Reuters

カーニー総裁は議会証言で、主要な輸出市場であるユーロ圏の需要が非常に低調なことから英国の成長は当面抑制される公算が大きいと指摘。「持続力のある力強い回復となる可能性は高くない」と述べた。

今年の英国の成長ペースは他の先進国を上回っているが、個人消費が回復をけん引する一方、ユーロ圏債務危機の余波などで輸出は鈍いままだ。

総裁は「企業の設備投資にもまだ急回復は見られない」とし、「生産性も危機前の水準にとどまっている」と述べた。


「経済が再び拡大し始めたのは歓迎すべきことだが、成長を始めても平常時に戻っていない」とし、経済は依然として下支えを必要としているとの見方を示した。


その上で「非標準的な景気刺激策の調整を検討することが適切になるまでには景気回復がしばらく続く必要がある」と語った。


また、英中銀の金融監督委員(FPC)は住宅市場のリスクをとりわけ注視していると述べ、「段階的かつ釣り合いのとれた」措置は将来のより大規模な措置の必要性を低下させるとの見方を示した。

ロシアがウクライナ支援で合意、ガス価格も引き下げ | Reuters

モスクワを訪れているウクライナのヤヌコビッチ大統領はロシアのプーチン大統領と会談。合意によると、ロシアは総額150億ドル相当のウクライナのユーロ債を買い入れる。


また、ウクライナの国営エネルギー会社ナフトガスがロシアのガスプロム(GAZP.MM: 株価, 企業情報, レポート)から天然ガスを輸入する際の価格を1000立方メートル当たり268.5ドルとし、これまでの400ドル近辺から引き下げる。ウクライナのエネルギー相によると、新価格は来月初めから適用される。

露 ウクライナに経済支援表明 NHKニュース

プーチン大統領はヨーロッパとロシアの間で揺れるウクライナの問題について「機微に触れる問題だが、解決に向け前進できるだろう」と述べ、ヤヌコービッチ大統領も「戦略的な関係をさらに発展させるために立ち止まるべきではない」と応じ、ロシアを重視する姿勢を示しました。
ロシアとしては、大規模な支援を行うことでウクライナのヨーロッパへの接近を阻止したい思惑があるとみられますが、ウクライナ野党勢力が反発を強めるのは確実で混迷がさらに深まる可能性も出ています。

第3次メルケル政権が発足、独下院首相指名選挙で選出 | Reuters

新政権は欧州連合(EU)改革や脱原発政策など一連の課題に取り組む。

連邦議会の投票では賛成462、反対150、棄権9でメルケル氏を選出。その後、社会民主党(SPD)の6人を含む閣僚が宣誓就任した。

独 3期目のメルケル政権発足 NHKニュース

ドイツでは、ことし9月の連邦議会選挙でメルケル首相が率いる中道右派キリスト教民主・社会同盟が勝利しましたが、過半数には届かず、第2党となった中道左派社会民主党と協議を重ね、3か月を経てようやく大連立政権の発足にこぎつけました。
ドイツで大連立政権が発足するのは、2005年から2009年にかけての1期目のメルケル政権以来です。
メルケル政権は、信用不安の再燃を防ぐため、ユーロ圏の銀行の監督や預金保護の一元化といった仕組みづくりを各国とともに着実に進めることや、重要政策である脱原発政策の推進、さらに国内の経済格差の解消といった課題に取り組むことになります。
しかし、連立協議ではこれらの課題を巡って両党の間で意見の隔たりも浮き彫りになっており、二大政党が一致して取り組むことができるのか、問われることになります。

防衛計画の大綱を「軍国主義」と批判 中国、対抗姿勢鮮明に - MSN産経ニュース

 中国中央テレビも同日、防衛大綱を「中国を露骨に『脅威』と表現した。安倍政権はこの機会を借りて軍備増強をたくらんでいる」と放送した。江瑞平・外交学院副院長も同テレビのインタビューで、「日本が軍事大国や軍国主義に向かって大きな一歩を踏み出したことを意味している」と警戒感をあらわにした。

中国外務省 日本の安保戦略を批判 NHKニュース

さらに、「日本の軍事、安全保障関連の政策は、日本だけでなく、地域の安全保障環境にも影響を与え、アジアの国と国際社会の高い関心を集めている」と述べ、むしろ日本が中国を含む地域の国々に懸念を抱かせていると主張しました。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131217#1387276718

Japan’s Dangerous Anachronism - NYTimes.com

The government of Prime Minister Shinzo Abe this month rammed through Parliament a state secrecy law that signals a fundamental alteration of the Japanese understanding of democracy. The law is vaguely worded and very broad, and it will allow government to make secret anything that it finds politically inconvenient.

Just before the passage of the law, the secretary general of the governing Liberal Democratic Party, Shigeru Ishiba, likened those legally demonstrating against the state secrecy law to terrorists in his blog on Nov. 29. This callous disregard of freedom of speech greatly raised suspicion of what the Abe government really has in mind.

The Japanese public clearly seems to fear that the law will infringe on press freedom and personal liberties. In a public opinion poll conducted by the Kyodo News Agency, 82 percent of respondents said that the law should be repealed or revised.

Mr. Abe is, however, arrogantly dismissive of the public’s concerns. “The law does not threaten ordinary life,” he said after the law’s passage. Showing an alarming ignorance of democracy, Gen Nakatani, a senior member of the Liberal Democratic Party, stated that “the affairs of government are distinct from the affairs of the people.”

The Liberal Democratic Party’s draft constitution, made public in April last year, deletes the existing article on the guarantee of fundamental human rights. It adds that the people must respect the national flag and national anthem. It states, “The people shall be aware that duties and obligations accompany freedoms and rights and shall never violate the public order and public interest.” It also says that the prime minister will have the power to declare a state of emergency and suspend ordinary law.


Mr. Abe’s aim is to “cast off the postwar regime.” Critics in Japan warn that he is seeking to resurrect the pre-1945 state. It is a vision both anachronistic and dangerous.

NYタイムズ社説「安倍首相が戦前体制の復活望んでいる」 : J-CASTニュース

ニューヨークタイムズ電子版は2013年12月16日、「日本の危うい時代錯誤」と題した社説を掲載した。この中で、安倍政権が特定秘密保護法を国会で可決したことについて触れ、「法の文言はあいまいで範囲が広く、政治的に不都合だと判断された情報を政府が秘密扱いにすることが可能だ」としている。
また、共同通信が実施した世論調査を引用して「回答者の82%が、法案を撤回または修正すべきとしていた」にもかかわらず、安倍首相が「ごう慢にも国民の不安を軽く扱った」と批判的なトーンで伝え、同法が安倍首相の唱える「美しい国」、すなわち「政府の国民に対する権力を拡大して、個人の権利を弱めることを目指している」と断じた。
社説の最後では、安倍首相は「戦後体制の放棄が目標」としたうえで日本の評論家の談を引用し、首相が戦前の体制を復活させたがっており、それは時代錯誤で危険だと締めくくられている。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131024#1382610996

米政府「地位協定の改定には応じられない」 NHKニュース

官房長官は17日、沖縄県の仲井真知事からの要望を受けて、日本に駐留するアメリカ軍関係者の地位などを定めた「日米地位協定」の改定も含めて基地負担の軽減に全力を挙げる方針を示しました。これについてアメリ国務省のハーフ副報道官は、17日の記者会見で「アメリカは地位協定の改定に合意していないし、改定に向けた協議を開くつもりもない」と述べ、地位協定の改定には応じられないという立場を示しました。
そのうえでハーフ副報道官は、「両国は常にお互いの懸念を共有しようと努めている。これは、既存の枠組みで対応するのが最善だ」と述べ、これまで行われたことのない地位協定の改定ではなく、従来どおり運用面での改善などで対応していくべきだという考えを示しました。

安倍首相 小泉元首相から激励受ける NHKニュース

会合には安倍総理大臣のほか、小泉元総理大臣、森元総理大臣、福田元総理大臣、それに山崎参議院議長ら、今の自民党町村派の出身者が出席しました。
この中で小泉元総理大臣は、安倍総理大臣の政権運営について、「しっかりやっている。今後もこの調子でやっていけばいい」と述べ、激励しました。
また、出席者によりますと、政府に対して「即時、原発ゼロ」を求めている小泉元総理大臣は、「国民の信なくば立たずという原点に立ち返って、『原発ゼロ』を主張している」と述べたものの、安倍総理大臣と原子力政策を巡って議論にはならなかったということです。
これに先立って、安倍総理大臣は17日夜、総理大臣公邸で公明党の山口代表や自民党の石破幹事長らと会談し、特定秘密保護法に対する国民の懸念を払拭(ふっしょく)し、理解を得られるよう、今後も丁寧に説明していくことで一致しました。
また、安倍総理大臣は、「景気回復を地方でも実感してもらえるよう賃上げなどに結び付けることが重要だ。来年は、そのための取り組みにとくに力を入れたい」と述べました。

北朝鮮・張成沢氏の失脚は、金第一書記夫人との「不適切な関係」?―シンガポール華字紙

シンガポール華字紙・聯合早報(電子版)は12日、韓国メディアを引用し、北朝鮮のファーストレディ、李雪主(リ・ソルジュ)氏が50日以上も公の場に姿を見せないのは、失脚した張成沢・国防委員会副委員長と「不適切な関係」にあったことが発覚したためだと報じた。


北朝鮮の楽団「銀河水管弦楽団」の関係者9人が8月、自分たちの性行為の様子を撮影したポルノビデオを制作していたとして公開処刑された。団員の1人が「李雪主も以前、私たちと同じように遊んでいた」と言ったことが盗聴で傍受されたためだと言われている。


処刑された9人には、団長のほか、金正恩・第一書記の元恋人とされる玄松月氏も含まれていた。ところが、当局がさらに調べを進めた結果、一連のポルノビデオの中に李夫人と張氏の行為が映された“作品”が発見されたと伝えられている。金第一書記が激怒し、李夫人と張氏を“清算”することを決定、現在は新たなファーストレディを物色中だという。

金正恩夫人・李雪主氏の「セックススキャンダル」が国内に拡散  (アジアプレス・ネットワーク) - Yahoo!ニュース

平壌市に住むこの消息筋は25日、デイリーNKとの通話で
「最近、ある高位幹部から『夫人(李雪主)のイメージが大きく低下するだろう。ポルノビデオを販売したかどで逮捕された犯罪者はすでに死んでいるが、彼らの発言により(夫人の)過去が露呈してしまった』という話を聞いた。夫人と関連したこうした噂は、最初は幹部たちを中心に広まったが、時間の経過と共に一般市民にまで噂が広まり、今では大勢の住民が同じような話をしている。最高指導者の夫人のスキャンダルであるため、あからさまには話せないが、多くの住民の間でこうした噂が話題になっているようだ」
と話した。


さらに、
「(ポルノビデオ撮影・販売の)関連者を尋問する過程で、夫人に関する話が出てきたと思われる。捜査官がこの話を聞き、一般住民にこっそり話したことで情報が広まった。
と説明。

消息筋はまた、
「面接過程では、顔立ちが整い身体が見劣りせず、特別な病気がない女子を選んで、『セクシー舞踊』のみを学ぶ場所へと別途送る。彼女たちは一般住民には決して公開されることはなく、別名『機動組』として養成される」
と説明した。
「機動組」は高位幹部の電話一本で出動できるようにするとの意味を持ち、高位幹部のいわゆる「喜び組」として知られている。


消息筋は最後に、
北朝鮮は、上の人間の目に留まることで成功する社会構造。そのため芸術家たちは『金』と『関係』がなければ負けという認識が強い。彼女(李雪主)も昔、今のような高い地位を得るとは想像していなかったため、幹部のご機嫌取りをするしかなかったのではないか。最高指導者の前で公演できる芸術家は、このような過程を全て通ってきた人間だ。こうした人々は『最高』と表現することができるが、見方を変えると幹部のご機嫌取りが最高に上手な人間であるとも言える。様々な経験をすでにしてきた人物と考えてよい」
と強調した。

また、韓国に住む高位幹部出身のある脱北者はデイリーNKに対し、
「以前、金正日が『喜び組』を従えているとの噂が北朝鮮で広まったことがある。後で料理人(藤本健二氏)によって事実であることが発覚した。『最高尊厳(金日成金正日金正恩』と関連しては徹底的に秘密を維持しているが、図らずも後日明るみに出ることが多い」
と話したうえで、
喜び組金正日が創設した。それを幹部たちも真似したために、(取り入ろうと)芸術家が紊乱になってしまった。今回のような噂が拡散する場合、『指導者が廃退的な文化を助長した』という反発が高まるだろう」
と指摘した。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131215#1387104095
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20120804#1344089085


http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131212#1386844860

東電病院取得意向、徳洲会から聞いていた 朝日報道で猪瀬知事絶体絶命か : J-CASTニュース
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131217#1387276720

1票の格差 名古屋高裁は「違憲状態」 NHKニュース

ことし7月の参議院選挙では、選挙区ごとの1票の価値に最大で4.77倍の格差があり、2つの弁護士グループが「あまりにも不平等で憲法に違反する」として、全国すべての選挙区を対象に選挙の無効を求める訴えを各地の裁判所に起こしています。
このうち愛知・岐阜・三重の、3県の選挙区を対象にした裁判の判決で、名古屋高等裁判所の林道春裁判長は憲法違反の状態だとする判断を示しました。
一方で選挙の無効を求めた訴えは退けました。
7月の参議院選挙の1票の格差を巡っては、先月、広島高裁岡山支部で岡山選挙区の選挙を無効とする判決が出されたほか、18日、大阪高裁で憲法に違反するという判断が示されました。
全国各地の判決は今月26日までに言い渡されます。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131217#1387276721

焦点:デジカメ勢力図に激変の兆し、体力勝負で脱落する中堅も | Reuters

全体の市場規模がスマートフォンスマホ)に押され縮小傾向を続ける中、キヤノン(7751.T: 株価, ニュース, レポート)、ニコン(7731.T: 株価, ニュース, レポート)の大手2強とそれ以外の中堅メーカーとの体力格差が鮮明になっているためだ。

中堅メーカーは「ミラーレス一眼」など2強が主力商品としていない分野で活路を開こうとしているが、「一眼レフ」対「ミラーレス一眼」の対立構図に巻き込まれ、展望は開けないままだ。体力勝負が長引けば、撤退を迫られるメーカーも出てきそうで、合従連衡を模索する動きも出始めた。

業界首位のキヤノン御手洗冨士夫会長は「うちはやはり一眼レフが本命。ミラーレスは造るが市場の穴埋め」とのスタンスを示す。レンズ交換式カメラの市場では「一眼レフのプロ機から入門機まで充実させる。一眼レフを使う人はお金持ちなので、数年で買い替え需要が見込める。キヤノンのカメラを一度でも使った人は、過去のレンズがすべて使えるので、またうちのカメラを買ってくれるという有利なポジションにある」と「横綱相撲」を続ける構えだ。

伸び悩んだ市場では下位メーカーが脱落し、上位メーカーが生き残るのは歴史が証明していている。ある大手メーカー幹部は「デジカメのメーカーは多過ぎる」と指摘した。


一方で、別の中堅メーカー幹部は「いまや共通の敵はスマホ。カメラ業界でつぶし合うのではなく、相互の協力を考えなければならない」と述べ、合従連衡を模索する考えを示している。


クレディ・スイス証券アナリスト、吉田優氏はデジカメ市場の将来について「寡占化が進んで、スケールメリットとブランド力があるところだけが生き残る。その意味で、キヤノンニコンソニーがその条件を満たしていると言える」と述べ、今後数年にかけて厳しい時代が訪れるとの見方を示している。

Twitter / moeri_aizumi: 昨日は大鳥れいさんと宙組観劇でした♡ 2人で大興奮!! 久

昨日は大鳥れいさんと宙組観劇でした♡
2人で大興奮!! 久しぶりにみどりさんにお会いできて幸せな日でしたぁ♡ pic.twitter.com/61EcCn3NgZ

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131217#1387276733

戦史 (中公クラシックス)

戦史 (中公クラシックス)

歴史 上 (ちくま学芸文庫)

歴史 上 (ちくま学芸文庫)

歴史 下 (ちくま学芸文庫)

歴史 下 (ちくま学芸文庫)

経済論 (中公クラシックス)

経済論 (中公クラシックス)

入門刑法学・総論 (法学教室ライブラリィ)

入門刑法学・総論 (法学教室ライブラリィ)

入門刑法学・各論 (法学教室ライブラリィ)

入門刑法学・各論 (法学教室ライブラリィ)

行政法判例集 1 -- 総論・組織法

行政法判例集 1 -- 総論・組織法

西行全歌集 (岩波文庫)

西行全歌集 (岩波文庫)

Jim Rogers Blog: Invest In What You Know

"If you cannot spell gold you should not own any gold until you learn something about it. If you can't find Europe on a map you shouldn't think about investing in Europe until you know something about it."

Jim Rogers Blog: Everybody Should Have Some Of Their Assets Outside Of Their Own Country

"Everybody should have some of their assets outside of their own country, whatever their own country is as an insurance policy if nothing else."