https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

ZIP!

庄野宿 - Wikipedia

庄野宿(しょうのしゅく、しょうのじゅく)は、東海道五十三次の45番目の宿場である。現在は三重県鈴鹿市

白須賀宿 - Wikipedia

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161219#1482144005
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161219#1482144013

アンドゥ|ソリオ宝塚

アンドゥ - 宝塚/サンドイッチ [食べログ]

#文房具

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161215#1481798685


フェラーリ 360 (6MT) で箱根をドライブ!( ^ ^ )/


マツダ ロードスターRF 観てきたよ!( ^ ^ )/ 12月22日発売!

トヨタ C-HR | トヨタ自動車WEBサイト

見て乗って感じる クルマのテーマパーク MEGA WEB(メガウェブ)

脱!ペーパードライバー講習|MEGA WEB(メガウェブ)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161128#1480329375
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161127#1480243075

レゴランド(建設中) - Yahoo!地図

高速.jp - 名港中央から四日市へ普通車で(名港中央四日市)

料金合計 860円、距離合計30.5km、所要時間合計20分

通常料金:1230円
ETC料金:1230円
ETC2.0料金:1230円
深夜割引(0-4時/30%):860円
休日割引:860円

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161219#1482144013湯の山温泉四日市IC)


大阪からナガシマリゾートが近い アクセス

関西方面から車で近い!
新名神高速からの伊勢湾岸自動車道経由で、大阪、京都、滋賀方面からの交通アクセスが大変便利! 日帰り温泉温泉「湯あみの島」、遊園地「ナガシマスパーランド」、アウトレットモール「ジャズドリーム長島」是非近くなったナガシマリゾートへお越しください。


国土交通省東京国道事務所の三條憲一課長は「カーシェアリングには公共交通を補完する役割がある。ビジネスや観光の利用状況を検証していきたい」と話しています。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161217#1481971428


東京のタクシー各社は、利用客の減少に歯止めをかけようと、初乗り運賃の引き下げを国土交通省に相次いで申請し、20日、物価問題に関する関係閣僚会議で運賃の変更が了承されました。


これを受けて国土交通省は、東京23区と三鷹市武蔵野市を営業地域とするタクシーの初乗り運賃について、今の2キロまで700円から730円を、1.052キロまで380円から410円に変更することを、20日、決定しました。


新たな初乗り運賃は年明けの来月30日から実施され、国土交通省は大半の事業者が初乗り運賃を410円に変更する方針だとしています。


変更後の運賃は、おおむね1.7キロまではこれまでより値下げになりますが、6.5キロを超えると逆に値上げになるということです。


今回の運賃変更で、タクシー各社が短い距離で利用したいというお年寄りや外国人旅行者などの需要を捉えることができるか注目されます。

【加算の距離と運賃】
今は初乗り運賃が730円の場合、2キロを過ぎると、280メートルごとに90円加算されます。国土交通省によりますと、新たな初乗り運賃では大半の事業者が410円に変更する方針で、この場合、237メートルごとに80円加算されます。


【時間距離併用制運賃では】
タクシーは時速10キロ以下で走行すると、時間に応じた料金も加算されます。今は1分45秒ごとに90円加算されますが、新たな初乗り運賃では1分30秒ごとに80円加算されるようになります。


今回の運賃変更では、初乗り運賃が値下げになりますが、中長距離の利用者には今より値上げとなる仕組みになっています。
具体的には、走行距離がおおむね1.7キロまでは今より値下げになりますが、2キロでは同額に、そして、おおむね2キロから6.5キロまでは値下げと値上げが混在し、その後、おおむね6.5キロを超えると値上げになるということです。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161219#1482144012

タクシー料金・車種|京都MKタクシー|Kyoto MK Taxi/Limousine

京都駅
伊丹空港

走行距離 48.27 km
所要時間 57 分
メーター運賃 7,760 円 (深夜: 8,760 円)


※ 上記の「メーター運賃」について
1.有料道路利用料金は含まれません。
2.定額運賃区間であっても定額表示はされません。

京都・神戸 MKスカイゲイトシャトル 自宅・宿泊先から空港までの送迎で楽々!

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161218#1482057566


燃油サーチャージは、航空機の燃料価格に応じて国際線の通常の運賃に加算される特別運賃で、全日空日本航空は、原油価格の下落に伴って航空機の燃料価格も下がっていたことから、ことし4月に発券した分以降ゼロとしていました。


両社は、このところの原油価格の上昇に加えて、外国為替市場で円安が進み航空機の燃料価格が上がったとして、燃油サーチャージを来年2月に発券する分から10か月ぶりに適用すると発表しました。


具体的には、日本と北米やヨーロッパを結ぶ路線では片道で3500円、ハワイやインドなどと結ぶ路線は片道で2000円、タイやシンガポールなどと結ぶ路線は片道で1500円の負担が上乗せになります。


全日空日本航空は今後の見通しについて、主な産油国が減産に最終合意した影響で原油価格が一段と上昇すれば、来年の4月以降、燃油サーチャージがさらに上乗せされる可能性もあるとしています。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161218#1482057566


 リーダーシップのあり方を再検討してきたのは、IT企業の急速な成長に危機感を感じたからでもある。経験も資産に乏しいながら彼らがなぜ大きく成長しているのかをベンチマークすることから始まった。


 調べてみると、彼らは服装も働くスタイルも自由で、上下関係もなく社員同士で言いたいことを言い合っていた。また組織もフレキシブルで、事に当たるときは即座に組織横断的なプロジェクトを結成する。それらは当時のGEとは正反対のカルチャーであり仕事の取り組み方だったが、彼らがそれによって伸びていることを素直に認め、気づきを得たのだと思う。


 それによって、GEの人材開発の拠点である「リーダーシップ開発研究所」、通称クロトンビルでのトレーニングに呼ばれる社員の資質も昔とは変わってきた。昔はどちらかと言うと、成果としてのパフォーマンスをしっかりと出した社員、トップの実績を上げた“実績”が重視された。


 しかし、最近は実績だけでなく、個々人の資質と可能性に目を向け、将来リーダーになれる人かどうか、という見方に変わっている。さらに、将来のリーダーとして、現状はどのようなギャップがあり、それを埋めるためにどのようなトレーニングが必要かを考えるようになった。

 この点で、日本の企業は立ち止まって考える必要があると思う。


 日本の強みはチームワークだとよく言われるが、チームワークの定義をはき違えているケースも見受けられる。ひとりが意見を言うとすぐ全員が「賛成」してしまう。それを見て、素晴らしいチームワークだと捉える人もいるが、私に言わせれば最悪のチームワークだ。


 人間である以上、心の中ではそれぞれみんな意見を持っている。強い個があって初めて強いチームができる。会社の方針が出たら「わかりました、頑張ります」となるのが日本企業の常だが、それでは建設的な意見対立は起こらない。

 ただ、その捉えられ方は、国によって少々違うようだ。特に日本と西洋は大きく違っている。西洋の場合はどちらかと言うと、自分が言いたいことを言うばかりで相手の話を聞かない人たちに対して、自分の主張を押し通すだけでなく、相手の話を聞くことも重要だと教えられている。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140805#1407235311

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161106#1478428718

03:19

たらいの水を手前に掻き寄せるやり方ってのはもう通用しない。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161015#1476527662
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160528#1464431723
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150908#1441708313

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161207#1481107233

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161219#1482144028


ことし9月、福岡高等裁判所那覇支部は「普天間基地の騒音被害を取り除くには辺野古沖に移設するしかなく、埋め立てを承認した前の知事の判断に不合理な点はない」として国の訴えを認める判決を言い渡し、県側が上告していました。


20日の判決で最高裁判所第2小法廷の鬼丸かおる裁判長は、高裁に続いて、翁長知事が承認を取り消したのは違法だとする判断を示しました。これによって県の敗訴が確定し、中断していた普天間基地の移設工事が再開される見通しとなりました。


これを受けて翁長知事は、確定した判決には速やかに従うとして、みずからが行った埋め立て承認の取り消しを、来週初めの26日にも撤回する方針を固めました。


これによって、再び辺野古沖の埋め立てが承認された状態に戻ることになり、国は中断していた移設工事の再開に向けて準備を急ぐものと見られます。


一方、翁長知事は、普天間基地に所属するオスプレイが名護市の浅瀬に不時着して大破する事故が起きたことを踏まえ、辺野古沖に移設しても危険性は変わらないとして、今後もあらゆる手段で移設計画の阻止を目指す考えです。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161212#1481539033


「来年1月解散、2月総選挙が根強く囁かれていたのは、安倍政権にとって早期解散の方が有利だからです。来年秋まで先延ばししても、その頃、景気がどうなっているか分からない。野党の選挙協力も時間が経つほど進んでしまう。さらに“駆けつけ警護”ができるようになった南スーダンに派遣される自衛隊に何かあったら、解散したくても解散できなくなる恐れがある。そうした状況は、1カ月前と何も変わっていないはずです。なぜ、安倍シンパの産経新聞が1面トップで『衆院解散 1月見送り』と断定したのか不思議です」(政界関係者)

「ストレスに弱い安倍首相は、もともと国会の会期末になると体調を崩しやすい。でも、この2〜3週間の顔色の悪さと覇気のなさは異常です。国民の目があるところでは元気そうに振る舞っていますが、自民党の役員会などでは背もたれに首をのせてグッタリしている。心配なのは、難病指定されている持病を抱えていることです。安倍首相の場合、ストレスがかかると持病が再発してしまう。日ロ交渉が失敗に終わり、支持率が下落したことで、ストレスも強いはず。1月解散を断念したのは、体調に不安があるからではないか、という見方が出ています」(官邸事情通)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161219#1482144019

#政界再編#二大政党制


南スーダンでは、日本が国連のPKO=平和維持活動に自衛隊を派遣している首都ジュバを除き、民族間の対立から各地で衝突が続いています。


国連の安全保障理事会では、武器の流入を食い止め、民族間の虐殺を防ぐためとして、アメリカが政府軍や反政府勢力への武器禁輸などの制裁を科す決議案をまとめ、協議が行われていますが、日本は、周辺国の部隊の受け入れを決めるなど一定の協力姿勢を見せる南スーダン政府に制裁を科すより、和平に向けた政治プロセスを推し進めるべきだなどとして、慎重な姿勢です。


これについて、アメリカのパワー国連大使は19日、記者団に対し、「武器の禁輸は南スーダンの国民のみならず、現地で活動するPKO部隊の安全確保の手段にもなるので、武器禁輸に反対するのは極めて疑問だ」と述べ、日本の対応を批判しました。


制裁決議案について、アメリカなどは今月中の採択を目指してメンバー国の多数派工作を進めていることから、日本は難しい対応を迫られています。

#キッシンジャー


アメリカでは先月の大統領選挙で選ばれた全米50州と首都ワシントンの選挙人、合わせて538人による投票が19日、各地で行われました。アメリカのメディアによりますと、投票の結果、共和党のトランプ氏が当選に必要な過半数を上回る票を得て、第45代大統領に正式に選出され、来月20日に就任することになりました。


これを受けてトランプ氏は声明を発表し、「歴史的な勝利だ。私は国を結束させ、すべてのアメリカ人の大統領になるため懸命に取り組むつもりだ」と強調しました。


一方、南部テキサス州ではトランプ氏の就任に反対して、州で勝利したトランプ氏に投票しなかった選挙人が2人いたということです。


これについて、アメリカ国防総省は19日、声明を発表し、南シナ海の洋上で潜水機が中国側から返還されたことを明らかにしました。そのうえで、声明では、アメリカ海軍は国際法にのっとって公海で調査活動を行っており、今回の中国軍の行動は国際法に反していると強く非難するとともに、今後、公海での合法的な活動を妨害しないよう中国側に求めたとしています。


国防総省は返還された潜水機は、潜水艦の活動などに必要な海水の温度や塩分の濃度といった軍事用のデータを収集していたものの機密に該当する活動ではなかったとする一方で、今回の事案について引き続き調査するとしていて、今後、中国側の意図などについて分析を進めるものと見られます。

#ロン・ポール


トルコの首都アンカラにある芸術センターで19日午後7時ごろ(日本時間20日午前1時ごろ)、写真展の開会式に出席していたロシアのアンドレイ・カルロフ大使がスピーチをしていたところ、突然銃を持った男に背後から撃たれて死亡しました。
このほか会場にいた3人がけがをしました。


男はその場で警察に射殺され、トルコのソイル内相は機動隊に所属する警察官だと明らかにしました。トルコのメディアは男はスーツを着ていて、警備の任務につくことを装って会場に入ったのではないかと伝えています。


現場を撮影した映像では、男は大使を襲ったあと、トルコ語で「アレッポを忘れるな。シリアを忘れるな。この弾圧に加担している者は誰もがツケを払わなければならない」と叫んだほか、アラビア語で「神は偉大なり」と繰り返していました。


内戦が続くシリアでは、アサド政権がロシア軍の空爆支援を受けて、反政府勢力の最大の拠点だった北部の主要都市アレッポのほぼ全域を制圧したばかりでした。
トルコの捜査当局は、こうしたアレッポをめぐる状況が事件の動機となった可能性があると見て調べています。


一方、事件を受けて、トルコのエルドアン大統領は、ビデオによる声明で哀悼の意を表し、事件を強く非難しました。そのうえで「プーチン大統領との電話会談で両国の関係を壊そうとする挑発だという認識で一致した」と述べ、テロとの戦いで協力していくと強調しました。

ロシアのプーチン大統領は、ラブロフ外相や対外諜報庁の長官などと協議を行いました。
この中で、プーチン大統領は「明らかな犯罪、かつ挑発でありロシアとトルコの関係正常化や双方が前に進めようとしているシリアの和平プロセスの破壊を狙ったものだ」と述べました。
そのうえで、「大使の殺害に対しては、テロとの戦いを強化することで応えなくてはならない。ならず者どもは、これを身をもって感じるだろう」と述べ、内戦が続くシリアでの軍事作戦を強化する考えを示しました。


さらに、プーチン大統領は、ロシアで重大事件を担当する捜査委員会が刑事事件として捜査を開始したと述べたうえで、捜査委員会に対しトルコ当局の捜査に協力するため、特別チームを編成し、アンカラに向かうよう指示したことを明らかにしました。

トルコ外務省は声明を出し、亡くなったカルロフ大使のトルコでの業績をたたえたうえでロシアの国民と政府に哀悼の意を表しました。
そのうえで、今回の事件を卑劣なテロ攻撃だと非難し、「事件が両国の友好に影を落とすことは許さない」として、テロとの戦いでロシアと協力していく立場を強調しました。

アメリ国務省のカービー報道官は、トルコでロシアの大使が銃撃を受けて死亡したことについて、19日の定例の記者会見で「アメリカはカルロフ大使の暗殺を非難する」と述べ、アメリカとしても事態を看過できないとの立場を強調しました。
そのうえで「この卑劣な行為の捜査に乗り出したロシアとトルコに対して、アメリカは支援する用意がある」と述べて、捜査に協力する姿勢を示すとともに、容疑者についてはさまざまな報道があるものの、まずは捜査を進めることが重要だと指摘しました。

アメリカのトランプ次期大統領は19日、声明を発表し、「イスラム過激派のテロリストに暗殺されたロシアのアンドレイ・カルロフ大使に哀悼の意を表す。大使の殺害は、非難されるべきものだ」と述べ、イスラム過激派によるテロ行為だとして非難しました。

ロシアから軍事支援を受けているシリアの外務省は、国営通信を通じ、「最も強い言葉で卑劣なテロ攻撃を非難する」とする声明を出しました。
そのうえで、声明では「この憎むべき犯罪は、テロと戦うために、あらゆる努力を尽くす必要があることを示している」として、アサド政権が「テロとの戦い」だとして国内で進める軍事作戦の正当性を強調しています。

シリア情勢をめぐり、ロシアはアサド政権を一方のトルコは反政府勢力をそれぞれ支援して、真っ向から対立してきました。
そして去年11月、シリアで空爆作戦を続けていたロシア軍の軍用機を、トルコ軍が国境付近で撃墜したことで、両国の対立は深刻化しました。
しかし、ロシア政府が経済制裁を科し、トルコが経済的に大きな打撃を受けたこともあり、ことし6月、エルドアン大統領が事実上謝罪して関係の改善が進みました。


シリアのアサド政権に対する両国の立場は隔たったままですが、アサド政権がほぼ全域を制圧したアレッポに取り残された住民の避難を、両国の協力で実現させたほか、20日には、モスクワで、シリア問題の解決に向けてイランを交えた3か国の外相と国防相による会議を予定するなど協力が進んでいました。


一方でトルコ国内の世論は、アサド政権が自国民を弾圧しているとしてシリア難民に同情し、政権に批判的な意見が多くを占めています。


また、アサド政権を支えるロシアと反政府勢力を支援するトルコは、真っ向から対立する立場ですが、このところ関係改善が進んでいたことから、両政府は2国間の関係を再び悪化させることを狙った犯行だとの見方を示しています。


両政府は「テロとの戦いで連携を強化する」としていて、トルコ当局とロシアが派遣する捜査チームが、背後関係などについて共同で捜査を進めることにしています。

一方、トルコのメディアによりますと、アンカラで20日未明、ロシアの大使が殺害された芸術センターの向かい側にあるアメリカ大使館に、男が銃を発砲して侵入しようとして、警察に拘束されました。大使館職員などにけがはないということですが、ロシア大使の殺害事件との関連はわかっていません。


赤十字国際委員会によりますと、15日からこれまでに、取り残されていた数万人のうち、合わせて1万7000人以上がアレッポの外に出たということで、これまでのところ、政権側と反政府側の間の大きなトラブルは報告されていません。赤十字国際委員会では、撤退が完了するのにどのくらいかかるかはわからないとしています。


市民の避難と反政府勢力の撤退が完了すれば、アサド政権は、アレッポの全域を完全に制圧することになり、5年に及ぶシリア内戦で圧倒的に優位にたつ政権側は、反政府勢力のほかの支配地域への攻撃を強化していくと見られます。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161217#1481971441


ラガルド氏の高い評判や国際的地位を挙げ、刑罰は科さなかった。世界金融危機という当時の状況を考慮すべきとも指摘した。


実刑判決が言い渡されれば、最大で禁固1年の刑罰が科される可能性もあった。


裁判所は、実業家のベルナール・タピ氏と法廷外の調停を模索する判断に過失はなかったと認定した。ただ、タピ氏への公的資金4億ユーロ(4億1700万ドル)の支払いをめぐり職務怠慢があったと認めた。


IMFのラガルド専務理事は、サルコジ前政権の財務相を務めていた2008年、実業家の男性と旧国営銀行との間で起きた株式の売買をめぐる訴訟で、国が4億ユーロ(およそ500億円)を支払う調停が成立するよう便宜を図り、国に損害を与えたとして、職務怠慢の罪に問われました。


閣僚の犯罪を専門に扱うフランスの裁判所は19日、ラガルド氏が調停の成立を阻止しなかったのは職務怠慢の罪にあたるとして、ラガルド氏を有罪とする一方、便宜を図った事実は認められなかったとして刑を科さない、異例の判決を言い渡しました。


現地のメディアは、判決文のなかで「当時は世界的に債務危機が広がっていて、ラガルド氏が対応に忙殺されていたことを考慮すべきだ」と、理由が説明されていると伝えています。


判決を受けてIMFアメリカの首都ワシントンにある本部で、臨時の理事会を開いて対応を協議した結果、ラガルド氏がトップとして職務を続けることを確認しました。


このあと、ラガルド氏は声明を出し、「判決には満足していない。しかし、自分に信頼を寄せてくれる人のために仕事を続けなければならない。上訴せず、IMFのトップとしての職責にすべての力を注ぐ」と述べ、国際金融の安定のために、2期目の残り4年半の任期を全うしたいという考えを強調しました。

#メルケル-ラガルド体制


発表によりますと、ソフトバンクグループは、アメリカのベンチャー企業、ワンウェブに、10億ドル(約1180億円)を投資することを決めました。


この会社は、アメリカのIT企業、グーグルの元幹部らが設立し、アメリカ東部のバージニア州に本社を置いています。
今後、低い軌道を周回する超小型の人工衛星を720基以上打ち上げて、開発途上国や災害現場を含めて、世界全体でインターネットに接続できるようにする計画を打ち出していて、フロリダ州に次世代衛星の工場の建設を計画しています。
今回の出資は、主にこの工場の建設費用に充てられる予定で、今後4年間でおよそ3000人の雇用を創出するとしています。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161208#1481193578


日銀は、20日までの2日間、金融政策決定会合を開いて、国内外の景気や物価の現状と先行きについて議論しました。


その結果、2%の物価上昇率の実現に向けて、ことし9月に導入した短期金利長期金利に誘導目標を設ける大規模な金融緩和策を維持することを、賛成多数で決めました。


具体的には、短期金利は、マイナス金利政策を継続し、金融機関から預かる当座預金の一部に適用する金利をマイナス0.1%に据え置きます。また、長期金利は、償還までの期間が10年の国債の利回りが0%程度で推移するよう、年間、およそ80兆円のペースで国債を買い入れます。


一方、日銀は国内の景気について、「緩やかな回復基調を続けている」として、去年5月以来、1年7か月ぶりに景気判断を上方修正しました。

#リフレ#アベノミクス


不正会計が明らかになった東芝について、東京証券取引所は去年9月、投資家に注意を呼びかける特設注意市場銘柄に指定し、その後、東芝から提出された再発防止策の報告書に基づいて、指定を解除するかどうか、審査してきました。


しかし、先月、東芝の子会社が顧客からの注文書を偽造して架空の売り上げを計上する不正を行っていたことが、新たに明らかになりました。
このため、東証は「法令の順守=コンプライアンスの徹底や関係会社の管理などでさらなる改善の取り組みが必要だ」として、19日に、東芝の特設注意市場銘柄の指定を継続することを決めました。


これに合わせて東証は、東芝に対し、再発防止策などをまとめた報告書を来年3月15日以降に改めて提出するよう命じ、その報告書などを基に、特設注意市場銘柄の指定を解除するか、または上場を廃止するかを、判断することにしています。


神奈川県相模原市にあった半導体製造装置メーカー「エフオーアイ」は、平成21年、東証マザーズに上場しましたが、100億円を超える粉飾決算が明らかになってわずか半年で上場廃止となり、個人株主ら200人余りが賠償を求める訴えを起こしました。


20日の判決で、東京地方裁判所の谷口安史裁判長は、元役員らに責任があったと認めたうえで、証券会社の主幹事として上場に向けた監督を行っていたみずほインベスターズ証券についても、「粉飾決算を指摘する情報があったにもかかわらず、追加の調査などを十分に行っていなかった」と指摘しました。


そのうえで、元役員らに合わせておよそ1億7500万円、みずほインベスターズ証券にはこのうち3000万円余りについて責任があるとして賠償を命じました。


上場の審査をめぐって証券会社に賠償を命じる判決は初めてです。一方、東京証券取引所に対する訴えは退けました。エフオーアイ粉飾決算をめぐっては、元社長と元専務が金融商品取引法違反の罪で懲役3年の実刑判決が確定しています。