https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


 同誌によると、大木アナの夫は13年、シンガポールの法人から出資を受けて、化粧品会社を設立、翌年には代表取締役に就いた。15年には年商2億4000万円を売り上げた。


 昨年、東京・青山にエステサロンをオープンしたが、集客が想定を下回り、夫の会社の収益も下降。サロンは3月末で閉店し、4月には東京地裁から破産手続き開始の決定を受け、同社の負債総額は約2億4700万円にのぼるという。


 同誌の直撃に、大木アナは「よく分からない」と困惑。玉の輿から思わぬ転落だ。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20121014#1350223107
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20121006#1349531428

#TGC

https://lh3.googleusercontent.com/lzK_Zd23DAm3h1civ3jsC7px9SR3ApO9OzMKeseP4kAuOwGChi96iP5sCu6DKqVtmd6n8eqMFbyPyNM=w1920-h1080

カワサキ・GPZ900R - Wikipedia

https://pbs.twimg.com/media/DAj4XLrXUAA-8QM.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DAj4winXoAAYk71.jpg

法務省:平成29年司法試験問題

法務省:平成29年司法試験予備試験試験問題

岡嶋 友也|資格スクエアの司法試験講座

司法試験予備試験 過去問分析の雄

「旧試験と予備試験の過去問をやれば上位合格できる」

大学在学中に予備試験最終合格(56位 273.79点)

精緻な過去問分析力で講義当初から力を発揮。

過去問ベースのわかりやすい講義を実施。

司法試験、予備試験の「基本的な知識」って一体何? | 岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

また、司法試験や予備試験の問題は、論点がいくつも出てきます。
その論点を一つ一つ丁寧に検討していたら、あっという間に本番を迎えてしまいます。

例えば、その論点についての百選判例を調べたとします。
そしたら、その解説に、わからない部分があれば、またそこを基本書なりで調べる。
さらに、関連する判例が出てきたり、その論点と関連する論点があればそれについても百選を読んだり、基本書を読んだりするとなると、それだけで、かなりの時間を費やすことになります。
それと同時に、論点への理解が深まると思います。
これを一つ一つやって行くと、ほぼ全ての論点を網羅することになるはずです。


それに加えて、司法試験、予備試験で評価される答案の分析も必要となります。
ここまでやって、ようやく過去問をやったことになるわけです。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170521#1495364121


岡嶋講師が語る!藤田広美『解析 民事訴訟

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170521#1495364109


岡嶋講師が語る!佐々木正輝ほか『捜査法演習 理論と実務の架橋のための15講』

司法試験&予備試験の教材選びで悩んでいる方へ | 岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

道具は、人それぞれ合ったものを使わなければ意味がないわけです。
そしておそらく、バットを選ぶときも、ヒットがたくさん打ちたい(目的)から、こういう形にしよう(道具)とすることになると思います。


もしも、たくさんホームランを打ちたいとなったら、それに合わせてバットの形も変わってくるのではないでしょうか。

法的三段論法はこう理解する! | 岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

この論証を覚えなければならないと思いがちですが、覚えていなくとも法律ができた趣旨を理解しておけば、自ずと規範を出せるようになると思います。
このため、論証の時間に費やすのではなく、その法律ができた趣旨の理解に時間を費やすべきだと思います。


ただ、定義については覚えるしかない部分があります。
例えば、窃盗罪における窃取の定義であったり、住居侵入罪における住居の定義などです。
この辺は、論証するまでもなく、ボンと出せなければいけない部分なので、覚えたほうがいいです。


法律の勉強を始めたばかりの方は、理解する場所と、暗記する場所の見分け方がわからないと思いますが、それは問題演習をしていけばわかるようになるので、気にする必要がないです。
それよりも、趣旨を理解したほうがいいです。


また、趣旨を理解するだけではなく、反対利益にも目を配るという姿勢を忘れないようにしてください。
これをこう解釈したら、困る人がいるだろうかという目線です。


法律はバランスが非常に大切なので、反対利益にも配慮する姿勢というのは、大切です。
この反対利益を考慮するということができずに、司法試験、予備試験で点数が伸びないこともあります。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170429#1493462782

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170523#1495535570

#勉強法


平成23年に東京都が豊洲市場の土地を東京ガスなどから取得したことをめぐり、東京の住民たちは「汚染の事実を知りながら高額な代金を支払ったのは違法だ」として、石原元知事に購入代金578億円余りを支払わせるよう都に求める裁判を起こしています。


都はこれまで「元知事に賠償責任はない」と主張してきましたが、小池知事の意向で再検討しています。元知事の弁護士などによりますと、こうした状況を受けて、元知事が、住民側の主張に反論するため、23日までに都側の「補助参加人」として裁判に加わることを申し立てたということです。今後、裁判所が参加を認めれば、本人や代理人の弁護士が裁判でみずから主張したり、判決に対して控訴したりすることができます。


元知事の弁護士は「都があいまいな態度を示していて、原告と都の間でなれ合い的に裁判が進むことを懸念している。都の裁判の進め方を直接監視し、必要に応じて主張を明らかにしたい」と話しています。


住民側の弁護士は「元知事は裁判に参加して、土地の購入をめぐるいきさつについて、みずから明らかにすべきだ」と話しています。


次回の審理は今月31日に開かれることになっています。

#政界再編#二大政党制


台湾では、同性どうしの結婚を認めていない現在の民法が、法の下での平等などを保障した憲法に違反しているかどうかの判断を求める申し立てを受け、憲法判断を行う大法官会議が審理を行っていました。


その結果、大法官会議は24日、申し立てのあった民法の規定は、憲法に違反しているという初めての判断を示したうえで、「関係機関は、この判断から2年以内に法律の修正か、制定を完成するべきだ」と言い渡しました。さらに、2年をすぎても法制化されない場合は、同性どうしのカップルも今の法律のもとで婚姻登録の手続きができるとしています。


台湾では、LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちの権利の向上を求める動きが若者を中心に広がっていて、同性婚を認める内容を盛り込んだ民法の改正案が議会で審議されるなか、今回の憲法判断の行方が注目されていました。今後、同性婚の法制化が実現すれば、アジアでは初めてとなる見通しです。

#LGBT


アメリカの有力メディア、「ワシントン・ポスト」などは23日、トランプ大統領がことし3月に情報機関を統括するコーツ国家情報長官とNSA=国家安全保障局のロジャーズ長官に対し、去年の大統領選挙でトランプ陣営と選挙に干渉したとされるロシアとの間の共謀を示すような証拠はないと公に疑惑を否定するよう求めていたと報じました。


報道によりますと、当時はFBIのコミー長官が議会の公聴会で大統領選挙をめぐるトランプ陣営とロシアの関係について捜査を進めていることを公表した直後で、トランプ大統領にはこれに対抗する狙いがあったとしていますが、コーツ長官とロジャーズ長官はいずれも適切ではないと見なして拒否したということです。


これについてホワイトハウスは「違法な情報漏えいに基づく主張には確認も否定もしない」とコメントしています。
またコーツ長官も23日、議会上院の公聴会で「私の立場の性質上、どのような事柄であれ公にコメントしたり大統領との会話について語ったりするのは適切ではないと考えている」と述べて確認を避けました。


トランプ陣営とロシアの関係をめぐっては、トランプ大統領がことし2月、当時FBIの長官だったコミー氏に対し、元側近への捜査をやめるよう求めていた疑惑も報じられていて、トランプ大統領による捜査機関や情報機関への圧力があったのかどうかに大きな関心が集まっています。


去年の大統領選挙でロシアによる干渉があったとされる問題では、トランプ陣営の関与がなかったかを解明するため、FBI連邦捜査局がすでに捜査に着手しているほか、アメリカ司法省がより独立性の高い特別検察官を任命しています。


こうした中、23日下院の情報委員会が開いた公聴会で、ことし1月までCIAのトップを務めたブレナン前長官は、「ロシアの政府当局者とトランプ陣営の関係者との接触を裏付ける情報を手にしていた。さらに捜査を進めべきと判断するに足りる情報があった」と述べ、捜査の正当性を強調しました。


さらに、ロシア側が大統領選挙に干渉しようとしているとの情報があったことから、去年8月、ロシアの連邦保安庁長官に警告したところ関与を否定されたことも明らかにしました。


ただブレナン前長官は、ロシアの政府当局者が接触したトランプ陣営の関係者などから実際に協力を得ることができたのかどうかについては、すでにCIAを退任したことを理由に「今も解明できない疑問として残っている」と述べるにとどまりました。


ブレナン前長官の発言についてホワイトハウスは声明を発表し、「1年におよぶ捜査にもかかわらず、ロシアとトランプ陣営の共謀関係を示す証拠は全くない」などと反論しています。


就任後、初の外国訪問を続けているトランプ大統領は、24日に滞在先のローマからバチカンに向かい、スイス人の衛兵の先導で、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王の待つ部屋までゆっくりとした足取りで向かいました。そして、うやうやしい態度で法王と握手を交わすと、神妙な面持ちで机を挟んで向き合い、会談が始まりました。


去年のアメリカ大統領選挙では、「国境に壁を作る」などと過激な発言を繰り返すトランプ氏について、フランシスコ法王は、「キリスト教徒の発言ではない」と批判しました。これに対し、トランプ大統領は「宗教指導者が、個人の信仰に疑いを差し挟むことは、恥ずべきことだ」と反論し、その直後に「法王とは争いたくはないし、争いだとは思っていない」と述べるなど、あつれきが生じたいきさつがあります。


トランプ大統領とフランシスコ法王は、30分間、2人だけで会談し、内容は明らかになっていませんが、ホワイトハウスの高官は、「大統領は、法王の見解に素直に耳を傾ける」と述べており、温暖化など地球規模の問題をめぐって、意見を交わしたものと見られます。


会談のあと双方は贈り物を交換し、トランプ大統領からは公民権運動の指導者のキング牧師の著書などが、また法王からは環境についての文書などが、贈られたということです。


このあとトランプ大統領は、今週開かれるG7=主要7か国の首脳会議の議長国を務めるイタリアのジェンティローニ首相らと会談することになっています。

フランシスコ法王は、これまでトランプ大統領の選挙期間中から難民問題や地球温暖化に対する姿勢に懸念を示してきました。


ことし1月にトランプ大統領が就任した際、法王はメッセージを送り、「人類が深刻な人道危機に見舞われている今、政治家には広い視野を持ち各国と連携して対応に当たることが求められている。あなたが世界中で人間の尊厳と自由を守るために貢献してきたアメリカを体現するような、豊かな精神性と倫理観を持って決断を行っていくよう祈ります」として、アメリカの国益を最優先にしようとするトランプ大統領をけん制しました。


その後、ことし2月には、トランプ大統領が意欲を示しているメキシコとの国境沿いの壁の建設をめぐって、「壁ではなく橋を造るべきだ。ましてキリスト教徒ならばその費用を払え、などとは言わない」と述べて非難していました。

Amazon.co.jp: End the Fed (English Edition) 電子書籍: Ron Paul: Kindleストア

Hocus Pocusの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

#ロン・ポール


欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は24日、金融刺激策を解除する前に、インフレ率の持続的な上昇に対して、一段の確証を得ることが必要との見方を示した。


プラート氏はソフィアで開催された会合で「国内のコスト上昇圧力、とりわけ賃金上昇率は抑制されたままで、基調的なインフレ圧力が上昇トレンドにあると確信するにはまだ不十分」と述べた。


また「全体的に見て、景気は安定的かつ拡大しており、回復力は一段と強まっていると確信している。ただインフレ率の見通しが堅固で息が長く、持続したものであるとの確証を得るために、広範で確固たる情報に基づいた見解を作り出すことが必要」と指摘。ECBの支援なしでは、ECBのインフレ目標に向けた歩みが遅くなる、もしくは後退するだろうとの見方を示した。

#ECB#リフレ


バーナンキ前米連邦準備理事会(FRB)議長は24日、日銀はインフレのオーバーシュートを容認することで、政府の新たな財政支出策と協調することが必要かもしれないとの見解を示した。日銀国際コンファレンスで述べた。


インフレのオーバーシュート容認に一時的にコミットすれば、債務の国内総生産(GDP)比率の安定維持に寄与し、財政支出を直接引き受けることとは異なると指摘した。


また、日銀の現在の政策枠組みは限界に近づいているが、追加緩和の必要性は排除できないとも述べた。

#リフレ#アベノミクス


関係者によりますと、三菱東京UFJ銀行は24日午後、臨時の取締役会を開き、体調不良を理由に小山田頭取の退任を決めるということです。


小山田氏は61歳。去年4月、頭取に就任し、ことし4月には全国銀行協会の会長に就任したばかりでした。三菱東京UFJ銀行では、頭取は4年程度務めることが恒例となっていますが、就任から1年余りで退任するのは異例のことです。


後任には、三毛兼承副頭取が頭取に昇格する方向で調整しています。三毛氏は60歳。小山田氏と同じ昭和54年、当時の三菱銀行に入行し、国際企画部部長などを歴任したあと去年から副頭取を務めています。


「私が現役だった頃は、郵便局では1円でも懐に入れたら懲戒免職になっていました。サラ金に手を出した職員がいれば、それも解雇した。


郵政公社時代からの職員には、国民の大事なおカネを預かっていることへの強烈な自負がありました。だから、おカネに関する不祥事には非常に厳しく対応してきたのです。


それが、どうしたものでしょうか。いまの日本郵政は4000億円もの損失を計上したにもかかわらず、長門正貢社長をはじめ経営陣は誰一人として、まともに責任を取ろうとしていません。巨額損失の元凶である西室泰三・元社長にいたっては、一切お咎めなしです。


彼らが失った4000億円は、もとはと言えば国民からお預かりした大事なおカネ。それを浪費しながら、のうのうとしている首脳陣の姿は見ていられるものではない。特に巨額損失の全責任を負うべき西室氏に対しては怒りを感じます」


そう語るのは総務省政策統括官から日本郵政公社常務理事に転じ、日本郵便副会長などを歴任した稲村公望氏(68歳)である。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170515#1494844304
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170515#1494844305
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170511#1494499185
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170509#1494325898
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170425#1493116720

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170523#1495535579