https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

https://lh3.googleusercontent.com/Bl5VDYW5pCmpsCGernnhSAMbZW_6wjqIP2zpDbOBJsvt-yKPZCtPEP7fm-l9biYclziNAV_gv_Lm_7U=w1920-h1080


奈子のファンの方が違うレーンに行くところを、最近よく見かけます。
でもそれは全部自分が悪いんです…
なにかを変えていかなくていけない。自問自答を繰り返し、先のことを考えてみます。

#プロレス組


昔ならそれだけの価値があったが。今はもうねぇ

そうだな選抜総選挙辞退したメンバーはそこが分かっている。

本人の目標であり憧れであるんだから本人にとってはとても重要なことだろ。

#ゆきりん#むとうとむ#ゆいりんご


 警視庁などによると、11日午後1時半前、走行中のJR山手線内回りの電車内で男子大学生が背負っていたリュックサックから出火した。


 男子大学生は、すぐに最寄りの神田駅で電車を降り、駅員がリュックサックの火を消したという。けが人はいなかったが、この影響で、山手線や京浜東北線が約20分間ストップした。


 当時、男子大学生は車内でリュックサックを背負って立っており、「背中が熱いな」と感じていたところ、近くの乗客から「煙が出ているよ」と指摘されて気がついたという。


 リュックサックには携帯電話などに使う外付けのモバイルバッテリーが入っていたが丸焦げになっており、男子大学生は「2年前くらいに秋葉原で一番安い物を買った。2日前にフル充電した」と説明しているという。


ホンダの「モンキー」は、ハンドルを折りたためば車にも積み込めるというサイズや、かわいらしいデザインが人気を集め、これまでに66万台が販売されました。


ことしで販売開始から50年となりましたが、ホンダはヨーロッパ並みに厳しくなる排ガスの規制をクリアできないとして、先月で生産を打ち切りました。


またヤマハ発動機も、クラシカルなデザインで人気がある「SR400」など15車種の生産を終了させたほか、川崎重工業も5車種の生産を終了しました。


ヤマハ発動機広報グループの岩崎慎さんは「残念ながら一部のモデルで生産終了を決めたが、ブランド力のあるモデルについては規制に対応できるよう開発を続け、ラインナップに残していきたい」と話しています。


国内のバイク市場は、ピークだった昭和57年と比べ、去年は10分の1程度に当たる33万8000台まで落ち込むなど、縮小傾向が続いています。大手メーカー各社は、環境規制に対応できる魅力的なモデルを開発し、販売の減少に歯止めをかけたいとしています。


本連載では、「わかりやすく役に立つ文章」を爆速で書くためには、「読者」と「目的」、つまり「誰に、何を感じてもらいたいのか」を決めて、適切な「素材」を集めることが必須条件になるとお伝えしてきました。

こうした読者の「おもしろい」を設計するための周辺状況をつかむことを、私は「相場観」を得る、と呼んでいます。

#政界再編#二大政党制


北朝鮮による核ミサイル開発問題について、ドイツのメルケル首相は10日の有力紙、「フランクフルター・アルゲマイネ」のインタビューで、「私たちに交渉参加への要請があれば、即座に応じる」と述べ、ドイツとして問題解決に向けた外交努力に関わっていくことへの意欲を示しました。


そしてメルケル首相は、ドイツを含む欧米など6か国とイランが結んだ核合意を例にあげて、「北朝鮮問題の解決でもそのような枠組みが考えられる。ヨーロッパ、なかでもドイツは積極的な役割を果たせるよう用意するべきだ」とも述べました。


ヨーロッパでは、北朝鮮がヨーロッパも射程に収める弾道ミサイル開発を加速させていることへの懸念が強まっていて、メルケル首相は、北朝鮮への制裁強化が必要だという考えを示す一方で、外交による平和的解決を繰り返し訴えています。


北朝鮮が今月3日に6回目の核実験を強行したことを受けて、アメリカは、国連の安全保障理事会北朝鮮に追加の制裁を科す新たな決議の採択を目指し、強力な制裁には慎重な中国やロシアとの間で水面下の交渉を行ってきました。


その結果、決議案を採決にかける会合が、現地時間の11日午後(日本時間の12日朝)に開かれることが決まりました。


この会合にかけられる正式な決議案では、アメリカが、6日にメンバー国に示した草案に盛り込まれていた北朝鮮への原油の輸出を全面的に禁止することは盛り込まれず、原油の輸出量に上限を設定する輸出制限に修正されていることがわかりました。


原油の禁輸については、過去に国連安保理で行われた制裁決議の交渉の際にも、アメリカが「北朝鮮の行動を変えさせる決定打だ」と主張してきたのに対し、供給元の中国とロシアは「北朝鮮の市民生活に与える影響が大きい」などと強く反対して実現しなかった経緯があります。


国連の外交筋は、「決議案は、採決当日に修正されることもある」と指摘しており、制裁の内容をめぐるアメリカと中ロの交渉はぎりぎりまで続くものと見られ、中国やロシアが、原油の輸出制限を受け入れるかどうかが採択の鍵を握りそうです。


アントニオ猪木参議院議員は、スポーツ交流を目的として、11日まで5日間にわたってピョンヤンを訪問し、滞在中、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の側近の1人で、党で国際関係を統括するリ・スヨン副委員長と会談しました。


帰国の途に就いた猪木氏は11日、経由地の中国・北京の空港で記者団の取材に応じ、リ副委員長が会談で、北朝鮮の核・ミサイル開発について、「われわれは開発を続け、最後の目標まで頑張る」と述べたということです。


これは、小型化した核弾頭を搭載するICBM大陸間弾道ミサイルの完成を急ぐ姿勢を強調したものと見られます。一方、日本と北朝鮮の関係について、猪木氏が、人の流れを止めてはならないという考えを示したのに対し、リ副委員長は、「まさに同感だ」と述べたということです。


猪木氏が、前の外相でもあるリ副委員長と意見を交わしたのは、1年前の去年9月に訪朝した際に会談して以来2度目で、猪木氏は11日、帰国する予定です。

#プロレス


中国の石油会社、中国華信能源はロシアの同業ロスネフチの株式14.16%を約90億ドル(約9800億円)で取得することで合意した。米中関係の緊張が高まる中、エネルギーや政治面でロシアとの結び付きを強める。


  華信はスイスのグレンコアとカタールの政府系ファンド、カタール投資庁合弁会社保有するロスネフチ株の大半を買い取る。グレンコアとカタール投資庁は昨年12月に同社の株式を取得したばかりだった。グレンコアは売却後もロスネフチ株の0.5%、カタール投資庁も4.7%の株式を保有する。華信は2002年に設立された企業で、エネルギー業界でもほとんど知られていない。


  ブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーのピーター・グラウアー会長は、グレンコアで社外の上級非業務執行取締役を務めている。


原題:China Deepens Oil Ties With Russia in $9 Billion Rosneft Deal(抜粋)


アメリカの気象当局によりますと、大型のハリケーン「イルマ」はフロリダ州の西側に沿うように北上し、10日午後4時ごろ(日本時間11日午前5時ごろ)にフロリダ州南部に上陸しました。


日本時間の11日午前6時現在、中心の気圧は938ヘクトパスカル、最大風速は49メートルで、勢力はやや弱まり、5段階のうち下から2番目の「カテゴリー2」になりました。


「イルマ」による強風などで、これまでに通過したカリブ海の島々では被害が相次ぎ、ロイター通信は、セントマーチン島などで少なくとも24人が死亡したと伝えています。フロリダ州では、およそ234万戸が停電しているほか、広い範囲で強風が吹き荒れ、建設現場のクレーンや街路樹が多く倒れたほか、中心都市のマイアミでも大雨や高潮の影響で道路が冠水しています。気象当局は、場所によっては4メートル50センチを超える高潮が襲うおそれがあるとしています。


フロリダ州政府は人口の3分の1にあたる630万人に避難命令を出し、多くの市民が避難所に身を寄せていて、最大級の警戒が続いています。


財務省の発表によりますと、今回売却を決めたのは、政府が保有する日本郵政の株式の9億1393万株余りで、投資家の需要を見ながらさらに最大7616万株余りを追加で売却することも検討します。


売り出し価格は今月下旬の株価をもとに決まりますが、売却収入は1兆2000億円から1兆3000億円程度を見込み、来月上旬までに売却を完了することにしています。


また、これとは別に日本郵政が1000億円分を自社株買いすることから、今回の売却で得られる収入は最大で1兆4000億円程度になり、全額を東日本大震災の復興財源に充てることにしています。


今回の追加の売却と日本郵政による自社株買いが完了すれば、政府が保有する株式の比率は現在の80.5%から57%程度に下がることになります。


政府は、保有する日本郵政の株式の売却で2022年度までにおよそ4兆円を復興財源として確保する計画で、市場の動向を見ながら株式の売却を進めることにしています。

政府が保有する日本郵政の株式売却によって得られる収入は、法律で東日本大震災の復興財源に充てることになっていて、政府は2022年度までに、4兆円を確保する計画です。


政府は、おととし11月の日本郵政の株式上場に合わせて11%の株式を市場で売却し、その後に日本郵政が自社株買いした分なども含めて、復興財源として1兆4000億円を確保しました。


政府は、2度目となる今回の売り出しで最大9億9009万株余りを一般の投資家に売却し、日本郵政が自社株買いする分を含めおよそ1兆4000億円程度を確保する計画です。


これによって日本郵政の株式の政府の保有比率は今の80.5%から57%程度に下がります。計画どおりに進めば、復興財源として最大で合わせて2兆8000億円を確保できることになります。


郵政民営化法では、政府は速やかに株式の売却を進め、政府の保有比率を3分の1近くまで下げると定められています。


政府は、このあと株式をさらに追加売却して1兆2000億円から3000億円程度を確保する方針で、金融市場の動向を見ながら売却の時期を探ることにしています。