https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

ローマ人の物語(41)ローマ世界の終焉

国がダメになるときというのは,見識も指導力もない人がトップに立ち,支配者階級にも勇気や公共心のある人がいなくなり,国を思って粉骨砕身する人が足を引っ張られることになるのだな,ということを考えさせられました。