https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

日刊ゲンダイ|みのもんた万事休す…スポンサーもタレント仲間も三行半

 希代のMCから離れているのは“金主”だけではない。発覚直後は「明るいみのちゃんが見たい」(和田アキ子)、「30過ぎた息子のために仕事を辞めなきゃならないのか」(小倉智昭)といった励ましや同情論が目立ったが、風向きは変わったようだ。タレント仲間もチクリと「みの批判」を始めている。


 例えばビートたけし。週刊誌の連載コラムで、〈報道番組には出ちゃダメで、バラエティには出てもいいって理屈はよくわからないよね〉と指摘。バラエティーが報道よりも価値が低いというような態度は、〈ある種の「職業差別」だよな〉と疑問を投げかけた。


 松本人志も、情報バラエティーに出演した際、テレビやラジオを続けているみのに対して、「ボクならムリ。後ろめたさ対自分で勝てない」と吐露した。


 スポンサーからも同業者からも見放されると打つ手なし。雪隠(せつちん)詰めで一巻の終わり。「参りました」と頭を下げて退場するしかなさそうだ。