https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

過去に五輪返上論…細川氏、発言の一貫性苦慮 - ライブドアニュース

細川氏の陣営は、細川内閣で首相秘書官を務めた成田憲彦・駿河台大教授や、民主党参院議員の円より子氏ら日本新党時代のつながりを中心に「勝手連」的にそれぞれ集まり、出馬に向けて準備をしている。陣営関係者によると、細川氏は当初、14日に小泉元首相の支持を取り付けて「脱原発」を目指して出馬する意向を明らかにし、翌15日に記者会見で他の公約を発表する段取りだったが、準備などに手間取り、記者会見は延期された。


 懸案となっているのは、細川氏の過去の言動との整合性だ。

昨年末に径こみち書房から出版されたジャーナリストの池上彰氏の著書でのインタビューで言及した「五輪返上論」も波紋を広げている。細川氏東京五輪について、「安倍さんが『オリンピックは原発問題があるから辞退する』と言ったら、日本に対する世界の評価が格段に違ったものになっていた」と語っている。


 原発は国の政策だが、五輪は開催地の都知事が取り組む重要課題だけに、他候補から追及されるのは必至で、陣営関係者は「選挙にマイナスだ」と漏らしている。

【激突・都知事選】細川元首相 「東京五輪辞退論」に陣営からも批判続出 公約づくり難航 - MSN産経ニュース

細川陣営で問題となっているのは「脱原発」の定義だ。支援表明した小泉純一郎元首相は原発即時ゼロ」を訴え、14日も都内で記者団に原発ゼロで日本は発展できる。細川さんも同じだ」と語った。


 これに対し民主党は、昨年の参院選マニフェスト政権公約)で原発稼働ゼロの出口を「2030年代」と決めていて、「即ゼロ」とは一線を画す。


 細川氏は、昨年11月の中日新聞のインタビューで「核のごみの問題を解決できないまま(原発を再稼働して)つけを回せば、将来世代に対して重罪を犯すことになる」と発言している。ところが、ジャーナリストの池上彰氏が昨年末に出版した著書でのインタビューでは「『原発ゼロ』がいまでなく、30年後でもいい」と語っており、発言に一貫性がない。


 東京五輪についても、細川氏は、先の池上氏の著書で脱原発」にこだわるあまり、安倍晋三首相が『オリンピックは原発問題があるから辞退する』と言ったら、日本に対する世界の評価が格段に違ったものになっていた」東京五輪辞退論まで展開。「金メダルをたくさん取るよりも、原発をどうするかのほうが、日本の将来にとってよっぽど重要な話のはずだ」と言い切った。


この発言には陣営内からも批判が続出。公約では東北でのマラソン構想などの独自色を打ち出しながらも、五輪辞退については封印する方針だ。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140111#1389436726