https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

ウクライナ情勢で対中批判 米高官「アジア不安定に」 - MSN産経ニュース

国家安全保障会議(NSC)のメデイロス・アジア上級部長

 メデイロス氏は、主権の問題に関する中国の態度は「不明確だ」と指摘。中国が主権や領土の一体性を重視する立場を再三示しながら、ウクライナをめぐる国連安全保障理事会や総会での採決を棄権したことで「事実上、ロシアを支持している」と非難した。

米高官 中国の対応にいらだち NHKニュース

これはホワイトハウス国家安全保障会議アジア外交を統括するエバン・メデイロスアジア上級部長が、28日にワシントン市内で米中関係について行った講演で述べたものです。
この中でメデイロス氏は、ロシアがウクライナのクリミア自治共和国編入したことは、主権と領土の保全という国際法の最も基本的な原則を覆す行為だと非難したうえで、「こうした原則が侵されることは領土を巡る対立がくすぶる東アジアを不安定にする」と懸念を示しました。
そして「この問題に対する中国の立場ははっきりしない。中国は過去数十年で最も深刻なロシアの国際法違反を批判せず、国連総会と安保理ではクリミアを巡る決議の採決にあたっていずれも棄権した」と指摘しました。
そのうえで「中国は、主権と領土の保全が重要だと言いながら、ウクライナ問題を巡っては事実上、ロシアを支持している」と述べて中国へのいらだちを示すとともに、米中両国はロシアへの対応をさらに話し合う必要があるという認識を強調しました。