https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

大飯原発 運転再開認めない判決 NHKニュース

福井県にある大飯原発の3号機と4号機は福島第一原発の事故のあと、おととし運転を再開しましたが去年9月に定期検査に入り、現在運転を停止しています。
裁判を起こした周辺住民など189人が「耐震設計の基準となる地震の揺れの想定が甘いうえ、原子炉の冷却方法などの安全対策が不十分だ」などとして、運転を再開しないよう求めていました。
これに対し関西電力は「安全上問題はない」と反論していました。
21日の判決で福井地方裁判所の樋口英明裁判長は「地震が起きた時に原子炉を冷却する機能に欠陥がある」と指摘しました。
そのうえで「福島第一原発の事故では一時、250キロ圏内の住民の避難が検討されたことがある」などとして、原告のうち、250キロ圏内に住む166人について訴えを認め関西電力に対して大飯原発の3号機と4号機を運転再開しないよう命じました。
福島第一原発の事故のあと、原発の運転再開を認めないという判断は初めてです。
大飯原発を含む全国の原発を巡っては、現在、原子力規制委員会が運転再開の前提となる安全審査を進めているところで、21日の判決は原発の安全性を巡る議論に影響を与えそうです。

原発の運転停止などを求めた訴えは、愛媛県四国電力伊方原発に対する裁判など、昭和40年代から各地で起こされましたが、ほとんどが退けられてきました。
このうち、石川県の北陸電力志賀原発福井県高速増殖炉もんじゅ」を巡る裁判では原告の訴えを認める判決も出されましたが、この2件もその後、高等裁判所最高裁判所で訴えが退けられて確定しました。
しかし、3年前の東京電力福島第一原発の事故のあと、原発の運転をしないよう求める裁判が再び各地で相次いで起こされています。
脱原発弁護団全国連絡会」によりますと、現在、建設中や建設予定も含めて北海道から九州までの16の原発原子力施設を対象に、合わせておよそ30件の裁判が起きているということで、判決は各地の今後の訴訟にも影響を与えそうです。
また、原発事故のあと、全国の弁護士会でも原発に関するシンポジウムや勉強会が開かれたり、裁判官が審理の進め方などを意見交換する司法研修所の研究会でも原発訴訟がテーマとして取り上げられるなど、関心が高まっていました。

大飯原発再稼働認めず 福井地裁、震災後初判決 - MSN産経ニュース

 樋口裁判長は「原発は社会的に重要だが、電気を生み出す一手段にすぎず、人格権より劣位にある」と指摘した上で「具体的な危険性があれば、運転が差し止められるのは当然」と述べた。

Twitter / SukiyakiSong: 福井地裁判決、樋口英明裁判長の判決文項目9『原発停止による国

福井地裁判決、樋口英明裁判長の判決文項目9『原発停止による国富の流出を問題視する意見もあるが、豊かな国土と国民がそこに根を下して生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている』