https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

バフェット氏の運用補佐役2人がつまずく−エネルギー銘柄で - Bloomberg

著名投資家ウォーレン・バフェット氏はこの2年間、米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイの株主に年1回送付する書簡で、同氏を補佐する2人の前年の運用成績を誇らしく語ってきたが、来年の書簡ではそれは難しそうだ。


トッド・コーム、テッド・ウェシュラー両氏が選んだとみられる銘柄のうち、少なくとも6つが今年1年間で株価を下げる見通し。具体的には、原油値下がりで低迷するエネルギー株や、リコール(無料の回収・修理)に苦しむゼネラル・モーターズ(GM)、株価が昨年末から50%強下落したエンジニアリング・建設会社シカゴ・ブリッジ・アンド・アイアン(CB&I)などだ。


バークシャーポートフォリオを分析しているメリーランド大学ロバート・H・スミス・ビジネススクールのデービッド・カシュ教授は「ざっと見たところ、コーム、ウェシュラー両氏の運用成績はS&P500種株価指数の実績を下回っているようだ」と述べた。


バフェット氏は自身の後継者育成計画の要として、コーム氏とウェシュラー氏をそれぞれ2010、11年にポートフォリオ運用の補佐役に起用。この2年間の株主向け書簡でバフェット氏は、2人の運用成績がS&P500種だけでなく、自分の選んだ銘柄をも上回ったと述べていた。将来的には2人がバークシャーポートフォリオ全てを運用することになる。9月末時点では同ポートフォリオには約1200億ドル(約14兆3000億円)相当の株式が含まれていた。

Business: Washington Post Business Page, Business News