https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

OPEC供給量昨年6月以来の低水準、イラクで輸出遅れ | Reuters

ロイター調査によると、石油輸出国機構(OPEC)加盟国の2月原油供給量は、昨年6月以来の低水準となる見通しだ。悪天候でイラク南部港からの輸出に遅れが生じるなどした。

サウジアラビアの生産量は小幅増となり、市場シェア重視の姿勢を堅持していることがうかがえる。

イラク南部の輸出は日量205万バレルで、1月の239万バレルから減った。ただイラクは生産能力の増強を推し進めており、今後数カ月中に過去最高水準をつける可能性も指摘されている。


リビアの供給量も、平均日量27万バレルにまで減少した。戦闘に伴う港湾や油田の閉鎖が響いた。