https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

玄海原発1号機の廃炉を佐賀県に報告 NHKニュース

佐賀県玄海町にある玄海原発1号機は出力が55万9000キロワットで、昭和50年の運転開始からことし10月で40年となり、九州電力では最も古い原発です。
この玄海原発1号機について、九州電力は、発電規模が比較的小さいうえに、新しい規制基準に基づく安全対策に多額の費用や年数がかかることなどから、再稼働しても経営上の利点は少ないと判断し、廃炉とすることを18日午前の取締役会で決定しました。
このあと、瓜生道明社長が佐賀県庁を訪れ、坂井浩毅副知事に廃炉の決定を報告しました。この中で瓜生社長は「新しい規制基準を満たそうとすると、相当な量の対策が必要になり、工事期間が長くなるうえ、追加の投資も回収できないことから、運転の延長を断念することになりました」と、廃炉を決めた理由を説明しました。
これに対し、佐賀県の坂井副知事は「原発は安全が第一だと考えているので、廃炉の作業に当たっては、万全を期していただきたい」と求めました。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150317#1426588589