https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

規制委田中委員長 基準見直す考えない NHKニュース

高浜原発3号機と4号機について、14日、福井地方裁判所は「新しい規制基準は緩やかすぎて、原発の安全性は確保されていない」として、再稼働を認めない仮処分の決定を出しました。
これについて、原子力規制委員会の田中俊一委員長は、15日の会見で「福島第一原発の事故の反省から、常に安全性を追求する姿勢を貫くため、『絶対安全とは言わない』と言ってきた。規制基準が世界と比較して最も厳しいレベルにあることは国際的にも認知されているが、理解されず、極めて残念だ」と述べました。
また、決定に対し、最大規模の地震の揺れの想定や機器の耐震性を巡って事実誤認があるとしたうえ、「相当厳しい揺れの想定を求めているし、仮に想定を超えても、すぐに炉心溶融に至らないよう重大事故の対策を求めている」と反論し、現状で見直す考えのないことを明らかにしました。
今の基準で妥当だと考える理由を社会に対し、もっと丁寧に説明すべきではないかという記者の質問に対しては、「限界もあるが、努力したい」と述べました。