https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

第240回 畏れ|塾長雑感

最近、権力の座についた人々の発言であまりにも知性や品性に欠けるものが多くて残念な気持ちになります。そうした発言に接するたびに、本当の知性や品性そして人間としての強さとは何なのだろうかと考えさせられます。


どんなに優秀な人でも人間であり、間違いを犯すことがある。人は人間である以上、不完全で弱い生き物であることを自覚している人は、強い力を持ったり権力の座についたりしても謙虚でいられます。本当にすごい人は、自分を客観視することができるため、自分の無力さを知っているし、自分よりも優れた、かなわぬ存在がいる可能性を想像できる。何よりも自分の判断が間違っている危険性を想像できるから、その判断に謙虚でいることができます。そして自分の判断にある種の畏れを感じて、常にこれでよいのだろうかと自問自答しながら、その判断に磨きをかけ、ときに間違っていたと気づいたときにはそれを改める勇気を持っているのです。


私の勝手な願いですが、塾生の皆さんには、将来どんなに強い力を持ったとしても、低きに自分の身を置いてものを考えることができるようになってほしい。奢りではなく畏れの気持ちを持つ法律家や行政官でいてほしい。そしてそれ以前に、人として畏れの気持ちを持ち続けることができる謙虚さを持っていてほしいと願っています。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150731#1438339268
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150729#1438166136
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150730#1438252466
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150730#1438252467


#ポストモダン