https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

#41 お伊勢参り  人はなぜ伊勢を目指す? | タモリのブラブラ足跡マップ | ブラタモリ - NHK


古市 (伊勢市) - Wikipedia
伊勢市観光協会/麻吉旅館
懸造(がけづくり)とは - コトバンク

河崎 (伊勢市) - Wikipedia
羽書 - Wikipedia

慶長15年(1610年)に伊勢山田で出された山田羽書(やまだはがき)が現存最古で「日本最古の紙幣」とする説もある。

御幸道路 - Wikipedia

宇治山田駅 - Wikipedia
神都バス - 路線バス|三重交通ホームページ
三重交通神都線 - Wikipedia


外宮 〜 内宮 石灯籠の星マーク 〜2009/3/2 ( 三重県 ) - 伊勢 おいないな 日記 〜サラリーマンの写真記〜

 石灯籠が立ち並ぶ、内宮と外宮を結ぶ道路自体、国や県や市が管理する道路なので、当然、神宮が管理するものでなく、石灯籠は、昭和28年に伊勢三宮奉賛献灯会が全国の篤志家達に寄進をもとめ三重県知事及び伊勢市長から道路占用を許可され設置したものであり、外宮、内宮、伊雑宮皇大神宮別宮)を結ぶ三宮を「太陽、月、星」にイメージしてつくられた 団体のマーク として石灯籠に刻んだのが 六芒星(ろくぼうせい) なのである。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160609#1465468907


高視聴率を連発!「ブラタモリ」を大人気番組に押し上げた「タモリの視点」 | アサ芸プラス

 土地の高低差を大好物とするタモリが、いろいろな街を実際に歩いて探索するバラエティ番組「ブラタモリ」(NHK)。6月4日放送の「伊勢神宮〜人はなぜ伊勢を目指す?〜」では、何と番組歴代最高視聴率の18.6%をマークした。


「現在のバラエティ番組は視聴率が15%を超えたら高視聴率と言われています。『ブラタモリ』は5月4日の『京都・伏見 〜伏見は“日本の首都”だった!?〜』でも16.0%を叩き出していますから、今や人気バラエティ番組と言えます。08年のパイロット版放送時の視聴率は5.6%でしたから大躍進ですよ。当時はいくらMCにタモリを迎えても探索散歩番組では地味すぎて視聴率が獲れないということで、一時は『ブラタモリ』の企画を潰そうかという話まで出ていたと聞いています」(テレビ誌編集者)


 その後、タモリの「笑っていいとも!」(フジテレビ系)終了もあり、地方に足を運べるようになった。


「それでも、あくまでタモリが面白がるという視点は変えずに、番組側の視点をプラスしたのは現場スタッフの機転です。その甲斐あって番組は徐々に視聴率を伸ばしていき、6月3日には国土地理院から『測量の日』功労者として制作スタッフが表彰されるまでになったのです」(前出・テレビ誌編集者)


 他の誰かでは代わりがきかない視点を持っているタモリがMCだからこそ、「ブラタモリ」は成功していると言えるだろう。