https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

人間が理性的な存在であることを前提としているか否かの違い。
それは、自由主義の問題であり、民主主義の問題である。

欅坂46 『サイレントマジョリティー』 - YouTube

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160812#1470999018
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160811#1470911854
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160811#1470911855
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160810#1470825141
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160810#1470825149
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160809#1470739105
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160809#1470739106
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160808#1470653574
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20141201#1417430505
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131122#1385117662

#Fラン #DQN #非モテ #ヲタ#荻上チキ問題 #パフォーマー

アダム・スミスの労働価値説は自由放任の主張と矛盾してないですか? - BIGLOBEなんでも相談室

自由放任は資本主義の心構えと言うのは問題があるかと思いますよ(笑)。
間違っても資本主義は、アダム・スミスが作ったのではありません。アダム・スミスはまさにその封建社会の崩壊と資本主義がまさに見えているその中で、生きていたのです。自由放任は、重商主義ともいえますが、簡潔には国家ですね。アダムスミスの難解さは、彼が法学と倫理学というその間から、経済学という視角が飛び出しているということにもあるように思います。スミスがみた資本主義的生産というのは、人間が自然に働きかけて生まれる動態的過程です。つまり、分業があるわけですが、それはスミスによると、「人間の交換の性向」が人には本来備わっているのだということです。彼自身は確かピン工場の例を提示しているはずですね、分業に関しては。労働価値というのは、こういう視角の中にあるわけですが、やはりその土台は、なんといっても剰余価値にあります。これはスミスの発見というよりは、フランソワー・ケネーにあります。彼は重農主義の先駆者であり、ボス。そしてなぜかその経歴は医者であったというのがおもしろいところです(医者であったことは彼には大きな土台をしいたというのが一般的ですね)。ともかく、スミスはその人間が自然に働きかける過程の中で、労働は剰余価値を生み出す。それがスミスの発見ではないでしょうか?ここが根本の労働価値の概念のはずです。賃金がどうとかというのは、その後にきます。彼は詳細を述べています。基本的に資本主義的な世界では、土地・生産設備(原料)・賃金という要素があり、彼は地代等を差し引いても、利益がかえってくることを見たわけですね、ちょっと具体化しますと。スミスの自由放任が、今の自由主義と同じでしょ!というのは、実は横暴なところがありまして、つまり共通点は、どこまで国家が介入すんの?その線引きをどうすんの?という、基本を国家は必要悪とするところだと思います。
ですから、結論は、自由放任は、人間の性向なるものを最大限に活動させるためには、できるだけ自然法なるものを最大限に働かせるような、適切な実定法をしき、かつてこの性向を制限して殺してきた国家は適度に制限されなければならないというものであり、その性向を働かせると、人間が自然に働きかける再生産過程が循環する。すると、労働価値説、つまり剰余価値なるものが生まれ、国家は富むのだというのがスミスの考えです。別に自由放任と労働価値の概念はまったく矛盾していません。、むしろささえあっています。ただスミスがやはり資本主義的な世界を前提としてこのロジックが立っていることは忘れてはなりませんね。参考は内田義彦などがいいでしょう。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20131211#1386758725
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20090218#1234929452

学問の道他(た)なし その放心を求むるのみ  『孟子』 ( 倫理学 ) - 論愚阿来無の『万馬券の兵法』 - Yahoo!ブログ

『孟子』告子章句上(11)−仁は人の心なり。義は人の路なり− | 漢文無手勝流