https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

米高官 最新ミサイル迎撃システムの韓国配備急ぐ考え | NHKニュース

アメリ国務省で、東アジア政策を担当するラッセル国務次官補は27日、議会下院の公聴会で証言しました。


この中で、ラッセル次官補は、北朝鮮弾道ミサイルに搭載する核弾頭の開発を進め、ミサイルの発射を繰り返しているとして強い懸念を示し、韓国や日本の防衛のために、抑止力を高める方針を強調しました。


そのうえで、ラッセル次官補は、アメリカ政府が来年中に韓国に配備するとしている最新のミサイル迎撃システム「THAAD」について、「北朝鮮の動向を踏まえ、配備をできるだけ急ぐつもりだ」と述べ、早期の配備に向け、韓国と調整を急ぐ考えを示しました。


一方、「THAAD」の韓国への配備に対して、中国は自国の安全保障に危害を与えるとして反対しています。


これについて、ラッセル次官補は「アメリカと中国は北朝鮮の核保有を阻むといった目的を共有している」と述べ、「THAAD」の配備が、国連の安全保障理事会で進められている北朝鮮の5回目の核実験を受けた追加の制裁に向けた協議に、影響することはないとの見方を示しました。