https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

日銀の政策転換は矛盾を含み、実行も難しい|野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る|ダイヤモンド・オンライン

日本銀行は、金融緩和の枠組みを改め、イールドカーブの傾きをスティープ(右上がり)にすることとした。具体的には、10年物国債の利回りをゼロ程度に誘導する。


 しかし、長期金利のコントロールは、これまで日銀自身が認めていたように、きわめて難しい。


 なお、今回の政策転換は、量的政策から金利政策への転換だと言われる。しかし、量的政策の側面が「オーバーシュートコミットメント」として残っており、矛盾を含むものとなっている。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160927#1474972825

#リフレ#アベノミクス