https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


ザリーフ外相は、核開発をめぐるイランと欧米などの合意後、経済制裁がことし1月に解除されたのを受け、日本企業の投資を呼びかけるため来日し、8日に都内で講演しました。


この中でザリーフ外相は、アメリカのトランプ次期大統領が核合意を破棄する考えを示していることについて、「核合意はアメリカとイランの2国間の合意ではなく、ほかに5か国とも結ばれており、国連安保理も支持した。今回私が訪問した日本や中国、インドもその有効性を認めている。」と述べました。そのうえで、「合意はアメリカにとっても国益にかなうものだ。アメリカは簡単に取り消すことなどできない」と述べ、トランプ氏を強くけん制しました。


さらにザリーフ外相は「たとえアメリカが再び制裁を科したとしても機能しないし、イランは負けない」と述べ、トランプ次期政権がイランへの圧力を再び強化しても、屈することはないとの姿勢を強調しました。

#IranDeal


アメリカでは、大統領選挙中に首都ワシントンのレストランについて「民主党クリントン氏も関与する児童買春組織の拠点だ」などとするにせのニュース、「フェイク・ニュース」が拡散し、今月、情報を信じた男がレストランに押し入って銃を発砲する事件が発生し、懸念が高まっています。

8日、ワシントンで開かれた会合で演説したクリントン氏は「悪意のある『フェイク・ニュース』が広がり、今、現実の世界で重大な事態を招いており、命さえも危険にさらされている」と訴えました。そのうえで「直ちにこの脅威に対処しなければならない」と述べ、アメリカ議会に対策を急ぐよう求めました。

「フェイク・ニュース」はSNSなどの交流サイトを通じて拡散しやすくなっていて、大統領選挙でも候補者に関するうその情報が多くの人に伝わったと指摘され、民主党内にはクリントン氏がトランプ次期大統領に敗れた原因の1つになったと主張する声もあります。

Police shot us in the face with rubber bullets – Sioux Tribe Chairman RT — SophieCo

The Standing Rock protests against the Dakota Access pipeline have ended in victory – or so it seems for now. The US Army Corps of Engineers has denied the permit to build the pipeline through sacred lands of Native Americans, asking for further probes. This happens after protesters were fired at with water cannon during ice-cold nights, shot with rubber bullets, and tear-gassed – what the police called ‘non-lethal use of force.’ As winter weather is making it difficult for the Sioux tribe and its supporters to continue their encampment – what’s next for the movement? Will the federal government’s decision against the pipeline hold when the big money starts pushing? And whose side will Donald Trump take when he moves into the White House? We ask the leader of the protest, the Sioux Tribal Chairman of the Standing Rock Reservation in Dakota, Dave Archambault II.


 カジノ解禁を急ぎ、トランプとその大スポンサーを喜ばせようということなのである。世界最大級のカジノを運営する米ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長は大統領選中にトランプに約27億円を寄付し、約55億円もの経費がかかるという「大統領就任式典」の運営委員も務める。「日本でカジノ解禁となれば1兆円規模を投資する」とメディアに発言するほど、日本進出に意欲を燃やしている。


 そのアデルソン会長だが、実は孫社長とは浅からぬ関係にある。アデルソン会長は70年代後半に設立したコンピューター関連の展示場「コムデックス」を、95年に約970億円でソフトバンクに売却。その資金を元手にカジノビジネスを始め、大成功した。その上、14年2月に来日した際は、日本でのカジノ進出に意欲を示し、「提携先は孫氏のようなリスクテーカーがいい」と名前まで挙げている。アデルソン会長にとって孫社長は“恩人”であり“ビジネスパートナー”。旧知の仲なのである。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161208#1481193582
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161119#1479551724