https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


アメリカのティラーソン国務長官は、日本、韓国に続いて、18日、中国の北京に到着し、王毅外相と会談しました。


会談のあと2人はそろって記者会見し、この中でティラーソン長官は、朝鮮半島の情勢について、「緊張が非常に高まっていて危険な状況にある」と述べ、強い危機感を示しました。


そのうえで、「この20年の取り組みは、北朝鮮による核やミサイル開発の脅威をそぐことにつながっていない。われわれは衝突を回避するためにさまざまなことをしてきたが、まだほかにもできることがある」と述べて、北朝鮮に、より厳しい態度で臨む必要性を強調しました。


これに対し、王外相は「朝鮮半島情勢は現在、再び分岐点に来ている。さらに状況が悪化していくのか、それとも対話で解決する道に戻るのか。われわれは、アメリカを含めた各国が冷静に情勢を判断し、賢い選択をするよう望む」と述べました。


そして、「最も重要なのは、どのような状況であれ、平和的に、外交によって解決することだ」と述べ、ティラーソン長官が武力行使も排除しない姿勢を示していることを念頭に、あくまでも対話を通じた解決を目指すべきだという考えを強調しました。