https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


ウクライナ国防省によりますと、首都キエフの中心部で27日午前、ウクライナ国防省で情報部門の責任者を務める男性幹部が乗った自動車が走行中に突然爆発し、この幹部が死亡したということです。


これについて、ウクライナ内務省の責任者は「ロシアによる仕業であることは疑う余地がない」と述べ、ロシア側による計画的な犯行だという見方を示すとともに強く非難しました。


ウクライナのメディアは、死亡した男性幹部は、東部で、ウクライナ政府軍と戦闘を続ける親ロシア派の部隊の行動や、保有している兵器などについて情報を収集する責任者だったと伝えています。


キエフでは、ことし3月、プーチン政権への批判を繰り返し、ウクライナに亡命したロシアの元下院議員が男に銃で撃たれて死亡するなど、ロシアに批判的な人物が殺害される事件が相次いでいます。これまでの事件についてロシア側は関与を否定しており、今回の爆発についても、正式な反応などは出していません。