https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170630#1498819132

「法律の解釈の基本」と「試験の解釈の基本」 | 岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

試験では、
試験問題の解き方、思考方法、つまり、「試験でこう問われたり、こういった問題が出た時にどう対処すればいいのか」「どう解けばいいのか」ということを、オートマティカルにやる方法を知っていると、合格をぐっと引き寄せることができます。
私はこれを「試験の解釈の基本」と呼んでいます。

「法律の解釈の基本」を身につけていれば、趣旨はその場で作ることができます。
あとは、そこから演繹的に規範を出せば良いのです。


また、試験では問われたことがない論点が出されます。
そのため、論証を知っていてもどうにもならないことが多いわけです。
知らない論点こそ、「法律の解釈の基本」を使って解いて行くわけです。

インプットばかりでは、「法律の解釈の基本」「試験の解釈の基本」を身につけるのは不可能に近いと思います。
実際に問題を自分で解かない限りは、わからないし、身につかないものだと私は思っています。


問題を解けば解くほど、試験で問われていることは同じことだということにも気がつくと思います。
そうなってくると、やはり旧司法試験の必要性は今なお残っているのではないでしょうか。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170630#1498819140
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170630#1498819141
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170630#1498819143

#勉強法