https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


「セブン−イレブン・ジャパン」は、変化する消費者のニーズに対応させた次世代型のモデル店舗を28日、東京・町田市にオープンさせます。


開店に先立って27日、報道陣に公開された新たな店舗は、出入り口が中央に設けられ、店の中のレジカウンターや売り場の配置などが抜本的に変わったことが特徴です。


調理済みの食品を持ち帰る「中食」のニーズが高齢者や働く女性を中心に一段と高まっているとして、冷凍食品を並べる冷凍庫を従来の2倍に増やしたほか、レジカウンターを広くして店内で調理する総菜も品ぞろえを増やします。
また高齢者でも手が届きやすくするため、商品の棚の高さをこれまでより15センチ低くしています。
一方、雑誌などのコーナーは、ネット通販の普及でこの10年で売り上げが6割も減少したことを受けて、売り場を大幅に縮小しました。


また、アルバイトの確保が難しくなる中、労働環境の改善を図ろうと、調理器具用の自動食洗機を導入したほか、従業員の休憩スペースも設けられました。


セブン&アイ・ホールディングス広報センターの戸田雄希さんは、「社会構造が大きく変化し、お客様のニーズも変化してきている。新しいものを取り入れながらニーズに応えていきたい」と話していました。


この会社が、店内のレイアウトを抜本的に変更するのは43年前の1号店開店以来、初めてで、今後、新規の店舗で次世代型を導入していくほか、既存の店舗についても半数にあたる1万の店をおよそ4年半をかけて改修することにしています。