https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


イランの国営テレビは23日、新たに開発された国産の弾道ミサイル「ホラムシャハル」の発射実験が成功したと伝え、発射の様子を撮影した映像を公開しました。


国営テレビによりますと、ミサイルの射程は2000キロで、複数の弾頭を同時に搭載できる「多弾頭型」で、高い精度で標的に命中させる最新の技術が導入されているとしています。


ミサイルは前日の22日、首都テヘランで開かれた軍事パレードで初めて公開され、演説したロウハニ大統領は、抑止力のためミサイル開発を強化していく考えを示していました。


イランは7月にも新型ロケットの発射実験を行い、これに対してアメリカのトランプ政権は、大陸間弾道ミサイルの開発につながりかねないとして独自の制裁を科して圧力を強めていました。


トランプ政権はイランとの核合意についても合意の破棄を含めて対応していく考えを示すなど、対イラン政策の大幅な見直しを検討していて、新たにミサイルの発射実験が行われたことで今後、両国の間で、緊張が高まる懸念が出ています。