https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


西アフリカのニジェールで今月4日、アメリカ軍が武装勢力に襲撃され兵士4人が死亡し、トランプ大統領は哀悼の意を伝えるため17日、遺族に電話しました。


しかし、このうちの1人の兵士の妻のそばで電話を聞いていた野党・民主党の議員は、トランプ大統領が「彼は自分が何に参加したか分かっていたはずだ」と述べたと主張し、軍に入隊した以上は死亡する可能性があると指摘した発言だとして「無神経だ」と批判しました。


さらにこの議員は「電話のあと兵士の妻は『トランプ大統領は夫の名前すら覚えていなかった』と泣きながら話していた」と述べました。


また、この兵士の母親もアメリカのメディアに対し「トランプ大統領は息子や私たちを侮辱した」と非難するなど、反発が出ています。


これに対して、トランプ大統領は「議員が言ったようなことは私は言っていない。遺族とはすばらしい会話を交わした」と否定していますが、波紋が広がっています。