https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

富良野市は震度4だったために、大きな影響はなかったが、北海道全域で停電、断水しているという。

今年3度目の大きな地震に、島根県での地震に遭遇した時のことが重なった。

これまで旅であれば、多少の雨でも、迷わずに登っていた。景色が見れようが見えまいが関係なく。とにかく、スケジュールを優先し、達成するために。

人形山の魅力は5月に現れる二人の少女の雪渓だが、この時期はなんといっても山頂や宮屋敷などからのパノラマだろう。
それを楽しみにしているのに、雨を選ぶわけにはいかない。
そうして、天気予報とにらめっこをして、3日の停滞を決断した。

人形山は白山を開山した泰澄大師(たいちょうだいし)が開山した山であり、麓の上梨(かみなし)には白山権現が祀られている白山宮(はくさんぐう)がある。上梨にある社は元々は登山道の途中にある宮屋敷跡にあったものを、移築したものだという。

人形山の由来は、病の母のために、二人の娘が山の上の白山権現堂にお参りに行ったが、帰らぬ人になり、それ以来春になると二人の娘の雪形が現れるようになったという。それ以後、「ひとかたやま」と呼んでいた山が「にんぎょうざん」となったそうだ。

人形山 - Wikipedia

白山を開山した泰澄が開山したとされ、古くから修験の場として登られていた。泰澄が奈良時代に山頂の東北東約1.4 km地点(現在は宮屋敷と呼ばれる白山権現堂の跡地で鳥居が設置されている。)に白山権現堂を創建し、平安時代の1502年(文亀2年)に山麓南砺市上梨に移されたと伝えられている。この白山宮本殿(はくさんぐうほんでん)は、1958年(昭和33年)5月14日に国の重要文化財の指定を受けている。

朝日岳 (飛騨山脈) - Wikipedia