https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


 Aさんの自宅を小室が訪問したことには、他の医師やAさんのスケジュール上、自分が動かざるをえなかったからだとした。妻のKEIKOがくも膜下出血を患った2011年以降、「夫婦ということで大人の女性とのコミュニケーション、会話のやりとりが日に日にできなくなってきて」と通常とは違った夫婦の関係になる中で、精神的な不安、また体調不良の影響もあり、点滴などの治療時に「普通の雑談とか会話を女性とする機会がほぼない状態が何年も続いていたので、いろいろお話をしてしまったり、メンタルケアというのがきれいな言い方ですが、言ってみれば雑談を付き合ってもらったり」することで、心の支えになってもらっていたことは認めた。


 肉体関係については、「普通の男性としての能力というのがなくて…精神的なものを支えてもらったということです」と否定した。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180118#1516272041
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180116#1516099262
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180115#1516013204
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180105#1515149006

嫌なことは他人に押し付けて自分は楽をしたいという強欲思想。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180119#1516358294
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150630#1435660775

#リベラル#色地獄

詭弁 - Wikipedia

A「自分がされて嫌なことは、人にもするな(黄金律)」
B「なら自分がされて嫌でなければ、人にしても良いって事になるな」
Aの発言に対するBの返答は「XはYである。Xではない。故にYではない」という形式の論理であり、これは論理学で前件否定の虚偽と呼ばれる。数学でいうと「自分がされて嫌なこと」であることは「人にしてはいけないこと」であるための十分条件と言える。命題から論証なしで「裏」を導き、それを用いる論証。このタイプの推論は、XとYが論理的に同値の時のみ成立する為、恒真命題ではない。

A「スピード違反の罰金を払えというが、世間を見てみろ。犯罪であふれ返っている。君たち警察官は私のような善良な納税者を悩ませるのではなく、犯罪者を追いかけているべきだろう。」
B「トマス・ジェファーソンは、奴隷制度は間違いであり廃止すべきだと主張した。しかしジェファーソン自身が奴隷を所有したことから明らかなように、奴隷制そのものは間違いではなかった。」
論じている内容とはちがう話題(主題)を提示することで論点をそらすもの。論理性が未熟なために陥る場合は誤謬であるが、意識的におこなう場合は詭弁となる。燻製ニシンの虚偽 (red herring) とも。Bの例ではジェファーソン個人の言動の不一致をもって「奴隷制度そのもの」を話題にしており「お前だって論法」(tu quoque) ないしは人身攻撃を利用した論点のすりかえである。

A「そんなふうに言うもんじゃない。B君がかわいそうだよ」
Aの発言は、「XをYするのはかわいそう。故にXはYすべきではない」という形式の推論で、これは同情論証という。同時に、かわいそうであるか、そうでないかという論点へのすりかえでもある。

論点のすり替え - Wikipedia

『総理の財政政策は好評かもしれないが、私は彼が不倫をして、相手の女性に金を払って黙らせた証拠を持っている。メディアはそれを報道するべきだ!』
意図的に論点をすり替えている燻製ニシンの虚偽の例である。しかし、総理大臣の品行を含めた高潔さが重要なテーマ(話題)であった場合、この主張は完全に妥当である。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180118#1516272031
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170718#1500374298

日本は世界の雛型 〜ベラの預言〜 ( その他超常現象 ) - ★ヤツキの星屑ワンダラー★ - Yahoo!ブログ

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150630#1435660775