https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


アメリ労働省は、2日、先月の雇用統計を発表し、農業分野以外の就業者数は、前の月と比べて20万人の増加と、市場の予想を大きく上回りました。また失業率も、前の月と同じ水準の4.1%と低い水準が続いていて、堅調な雇用情勢を示す結果となりました。


一方、物価の動向を見極める上で重要な先月の平均の時給は、前の年の同じ月と比べて2.9%の増加と市場の予想を上回り、2009年以来の高い伸びとなりました。


アメリカの中央銀行に当たるFRB連邦準備制度理事会は、好調な雇用情勢に加え、このところ伸びが鈍化していた物価についても、ことしは上昇していくと見ています。


このため市場では、パウエル次期議長の下、初めて開かれる、来月の金融政策を決める会合では、追加の利上げが行われるという見方が広がっていて、今後の利上げのペースを速めるかどうか注目が集まっています。

#経済統計