https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


国連などはアサド政権が認めた時間帯に北部の地域に援助物資の運び入れを始めていますが、シリア人権監視団によりますと、アサド政権は南北を分断したということです。


地元のジャーナリストは「アサド政権の軍はまだ市街地には入っていないが、農村地帯に大きな砲台を積んだ車両が大規模に展開している」と述べ、危機感をあらわにしました。

国連の安全保障理事会はイギリスとフランスの要請を受けて、7日、シリア情勢に関する緊急会合を非公開で開きました。


会合のあと、安保理の議長を務めるオランダのファンオーステロム国連大使は記者団に対し、会合では東グータ地区を含むシリアの人道状況を調べている国連の人道支援担当者から報告を受けたとしたうえで、「安保理は現地の人道状況について懸念を表明する。停戦を求める安保理決議を履行するよう要求する」と述べました。


安保理の議長による発言はシリアの後ろ盾になっているロシアを含む安保理メンバー15か国の同意を得たうえで行われますが、より強い意志を示す声明の発表には至らず、決議履行の見通しは立っておらず、今月12日にグテーレス事務総長が出席して改めて協議が行われることになっています。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180307#1520419467