https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


Information received since the Federal Open Market Committee met in January indicates that the labor market has continued to strengthen and that economic activity has been rising at a moderate rate. Job gains have been strong in recent months, and the unemployment rate has stayed low. Recent data suggest that growth rates of household spending and business fixed investment have moderated from their strong fourth-quarter readings. On a 12-month basis, both overall inflation and inflation for items other than food and energy have continued to run below 2 percent. Market-based measures of inflation compensation have increased in recent months but remain low; survey-based measures of longer-term inflation expectations are little changed, on balance.


Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The economic outlook has strengthened in recent months. The Committee expects that, with further gradual adjustments in the stance of monetary policy, economic activity will expand at a moderate pace in the medium term and labor market conditions will remain strong. Inflation on a 12-month basis is expected to move up in coming months and to stabilize around the Committee's 2 percent objective over the medium term. Near-term risks to the economic outlook appear roughly balanced, but the Committee is monitoring inflation developments closely.


In view of realized and expected labor market conditions and inflation, the Committee decided to raise the target range for the federal funds rate to 1-1/2 to 1-3/4 percent. The stance of monetary policy remains accommodative, thereby supporting strong labor market conditions and a sustained return to 2 percent inflation.


In determining the timing and size of future adjustments to the target range for the federal funds rate, the Committee will assess realized and expected economic conditions relative to its objectives of maximum employment and 2 percent inflation. This assessment will take into account a wide range of information, including measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial and international developments. The Committee will carefully monitor actual and expected inflation developments relative to its symmetric inflation goal. The Committee expects that economic conditions will evolve in a manner that will warrant further gradual increases in the federal funds rate; the federal funds rate is likely to remain, for some time, below levels that are expected to prevail in the longer run. However, the actual path of the federal funds rate will depend on the economic outlook as informed by incoming data.


Voting for the FOMC monetary policy action were Jerome H. Powell, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Thomas I. Barkin; Raphael W. Bostic; Lael Brainard; Loretta J. Mester; Randal K. Quarles; and John C. Williams.

FOMC声明全文

1月の連邦公開市場委員会(FOMC)以降に入手した情報は、労働市場が引き締まり続け、経済活動が緩やかな速度で拡大していることを示している。


雇用の伸びはここ数カ月堅調で、失業率は低いままだった。最近のデータは家計支出や企業の設備投資の伸びの速度が、昨年10─12月期の堅調な数値に比べて減速したことを示唆している。前年同月比で見ると、全体のインフレ率と食品やエネルギー以外のインフレ率はともに2%を下回り続けた。将来のインフレを示す市場ベースの指標はここ数カ月上昇したが低いままで、調査に基づいた長期的なインフレ期待の指標は、総じてあまり変わっていない。


委員会は法律上与えられた責務に従って、雇用最大化と物価安定の促進を目指す。経済見通しはここ数カ月で強まった。委員会は金融政策の運営姿勢のさらなる緩やかな調整により、経済活動が中期的に緩やかなペースで拡大し、労働市場の状況は力強さを維持すると予測している。前年同月比で見たインフレ率は今後数カ月で上昇し、中期的には委員会の目標である2%近辺で安定する(to stabilize around the Committee’s 2 percent objective over the medium term)と予測される。短期的な経済見通しへのリスクはおおむね均衡しているとみられる(appear roughly balanced)が、委員会は物価の動向を注意深く監視(monitoring inflation developments closely)する。


労働市場の状況とインフレ率の実績と見通しを考慮して、委員会はフェデラルファンド(FF)金利の目標誘導レンジを1.50─1.75%に引き上げることを決定した。金融政策の運営姿勢は引き続き緩和的で、それによって力強い労働市場の状況と、2%のインフレへの持続的な回帰(sustained return)を支える。


FF金利の目標誘導レンジの将来的な調整の時期と規模を決めるに当たり、委員会は目標にしている最大雇用と2%のインフレとの比較で経済状況の実績と見通しを評価する。この評価は、労働市場の状況に関する指標、インフレ圧力やインフレ期待の指標、金融動向や国際情勢の解釈を含む幅広い情報を考慮する。委員会は対称的なインフレ目標(symmetric inflation goal)との比較で、インフレ率の実際の進捗と予想される進展を注視する。委員会は、経済状況はFF金利の一段の緩やかな引き上げを正当化する形で進むと予測する。FF金利は当面、長期的に到達すると見込まれる水準を下回るレベルで推移する可能性がある。ただ、FF金利の実際の道筋は、今後入手するデータがもたらす経済見通し次第である。


政策決定の投票で賛成したのは、ジェローム・パウエル委員長、ウィリアム・ダドリー副委員長、トーマス・バーキン、ラファエル・ボスティック、ラエル・ブレイナード、ロレッタ・メスター、ランダル・クオールズ、ジョン・ウィリアムズの各委員。


FRBは、21日までの2日間、ワシントンで、パウエル議長のもと初めて金融政策を決める公開市場委員会を開きました。


終了後に発表された声明によりますと、アメリカ経済は、拡大しているとして、FRBは、去年12月以来、3か月ぶりに、利上げに踏み切ることを全会一致で決めました。具体的には、1.25%〜1.5%の範囲となっている今の政策金利を0.25%引き上げ、1.5%〜1.75%の範囲とします。


また、注目されていた、今後の利上げのペースについては、ことしはあと2回とこれまでの想定を据え置きましたが、来年については2回から3回に引き上げて、金融引き締めのペースを上げる見通しとなりました。


アメリカ経済は、大規模な減税で成長の加速が見込まれる一方、鉄鋼などへの異例の輸入制限措置の発動による貿易摩擦の悪影響も懸念されることから、FRBのパウエル議長は、難しい金融政策運営を迫られることになります。

FRBのパウエル議長は公開市場委員会の後、初めてとなる会見に臨みました。
この中で、パウエル議長は利上げを決めた理由について、「政府の財政政策が景気を刺激していることに加え雇用の拡大が所得を増加させていて、ここ数か月でアメリカ経済の見通しは力強さを増している」と説明しました。


また、今後の利上げのペースに大きな影響を与える物価の動向についてパウエル議長は、物価上昇率が2%の目標に近づいているとして自信を見せた一方、「物価上昇がこれから一気に加速することを示すデータはない」とも述べ、経済の過熱を防ぐための金融引き締めを急ぐ必要はない、という認識を示しました。

さらにパウエル議長は、トランプ政権の貿易政策について現時点で景気の見通しに影響を与えてはいないとしながらも、「会合に参加した多くのメンバーから貿易政策への懸念が示された」と述べて、トランプ大統領が今週、発動する予定の鉄鋼などへの異例の輸入制限措置をはじめ、保護主義的な貿易政策がアメリカ経済に与える悪影響に懸念を示しました。

#FRB