https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


OPCWは21日、化学兵器の使用が疑われる攻撃があったシリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区に調査チームが入り、現場で調査を行ったと発表しました。


調査チームは今後、採取したサンプルをオランダの研究施設に持ち帰って分析するとともに、追加の調査が必要かどうかなどを判断するということです。


調査チームは、今月14日にシリアに派遣されましたが、現場付近で銃撃や爆発があり、安全が確保できなかったため、これまで現場に入れませんでした。


ようやく調査が実現したことで、化学兵器が実際に使われたのかや、使われたとすれば、どういった化学兵器だったのかなど真相の解明が進むことが期待されています。


ただ、アサド政権の後ろ盾になっているロシアはすでに独自の調査を行い、化学兵器の使用は確認されなかったと主張していて、アメリカは、調査が遅れる中、この地域の治安も担当するロシアが現場に手を加えた可能性があると懸念を示しています。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180421#1524307469