https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


シリアのアサド政権は24日、国営通信を通して、「中部ホムス県にある軍用空港が敵にミサイルで攻撃されたが、防空システムで迎撃した」と発表しました。


現場の空港とその周辺では6回ほど爆発があったということですが、アサド政権側は、誰が攻撃を行ったのかや詳しい被害の状況については明らかにしませんでした。


この攻撃について、内戦の情報を集めている「シリア人権監視団」は、アサド政権を支援するため隣国レバノンから部隊を派遣しているイスラムシーア派組織、ヒズボラの活動拠点に対し、イスラエルが攻撃を行った可能性があるという見方を示しました。


イスラエルはこれまで、敵対するヒズボラやその後ろ盾であるイランがシリアで軍事的な存在感を増していることを警戒して、その関連施設をたびたび攻撃していますが、今回の攻撃については今のところなにもコメントしていません。