https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


先月6日に行われた、日大と関西学院大学の定期戦で日大の選手が相手選手に後ろからタックルする重大な反則行為をして全治3週間のケガを負わせました。


内田前監督は反則行為の責任を取り、先月19日付けでアメリカンフットボール部の監督を辞任しましたが、大学の常務理事の役職については、先月23日の記者会見の時点で、「一時的に停止し、大学が立ち上げる第三者委員会の結果から大学の判断に任せようと思う」と述べていました。


内田前監督はその後、関東学生アメリカンフットボール連盟の理事会から先月29日、事実上の永久追放に相当する最も重い「除名」処分が出されました。


こうした中、日大は1日に開いた理事会で、内田前監督の処遇について話し合い、学内外に多大な迷惑をかけたことを理由に大学の常務理事の役職について先月30日付けでの辞任を承認しました。


日大は「大学としましてあらためて被害選手及び保護者、並びに関西学院大学アメリカンフットボール部の関係者、そして本学学生、教職員など関係各位にも深くお詫び申し上げます」とコメントしています。


日大はまた、この問題を調査するため弁護士7人で構成する第三者委員会を先月31日付けで設置したことを明らかにしました。

内田正人前監督は62歳。日本大学を卒業後、母校に就職してアメリカンフットボール部のコーチを務め、2003年には監督に就任しました。


選手の育成に定評があり、関東学生アメリカンフットボール連盟の強化委員を務めた経験もあります。


2015年に一度退任しましたが、去年、監督に復帰し、復帰1年目で学生日本一を決める甲子園ボウルで、チームを27年ぶりの優勝に導きました。


内田前監督は大学では人事担当の常務理事も務め、大学の関係者によりますと「大学では理事長に次ぐ、実質ナンバー2にあたり、理事長から最も信頼されている人物」とされていました。


しかし、今回の問題を受けて先月19日にアメリカンフットボール部の監督を辞任し、常務理事についても一時的に職務を停止しています。