https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


気象庁によりますと、フィリピン付近の対流活動が活発な影響で、日本付近への太平洋高気圧の張り出しが強まり、西日本と東日本の広い範囲を覆っています。


さらに、偏西風が蛇行している影響で、大陸のチベット高気圧が日本付近の上層に張り出し、下層にある太平洋高気圧と重なり合っているということです。


このため、西日本と東日本は、上層から下層まで高気圧に覆われた状態になり、各地で強い日ざしが照りつけて空気が暖められ続けているため、この3連休は各地で猛烈な暑さとなり、特に16日は岐阜県で39度を超え、ことし全国で最も高い気温を観測しました。


この気圧配置は今月下旬まで続く見込みで、気象庁は、東日本と西日本では少なくとも次の日曜日、今月22日ごろにかけて35度以上の猛暑日が続くおそれがあるとしています。


このため気象庁は「高温に関する全般気象情報」を出して、熱中症にできるかぎりの対策を取るよう呼びかけています。引き続き警戒が必要です。