https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


ポンペイ国務長官は30日、ワシントンで講演し、この中で「インド太平洋地域に関与を深めることはアメリカの戦略的利益になる」と述べ、関与を強めていく姿勢を強調しました。そのうえで、アジアの国々を中心にインフラ整備や資源開発などを支援するため、1億1300万ドル、日本円にしておよそ125億円を新たに拠出する計画を明らかにしました。


計画では、アメリカ政府に新たな組織を設けて各国との調整にあたるとともに、資源開発やエネルギー輸送を支援するため投資を行うということです。ポンペイオ長官は今週シンガポールで開かれるASEAN東南アジア諸国連合の会議などに出席してこの計画の内容を説明することにしています。


インド太平洋地域では、巨大経済圏構想「一帯一路」を提唱する中国が、インフラ整備を支援するなどして影響力を拡大していて、新たな計画は中国をけん制する狙いがあるとみられます。