https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

オムニ7 - セブン-イレブンのお届けサービス セブンミール|サービスのご案内

ローソンのネットスーパー・通販 | ローソンフレッシュ

ローソンフレッシュは2018年8月31日(金)お届け分をもちまして
サービスを終了いたしました。

ローソン/8月末でネットスーパー「ローソンフレッシュ」終了(2018.06.28)|流通ニュース

配送料の高騰もあり、事業として黒字転換することが難しいと判断したため、サービスを終了するという。

今後は、2018年3月6日から、東京都世田谷区、渋谷区、神奈川県川崎市横浜市の一部地域(約220店舗)で開始した「ローソンフレッシュピック」で、ローソンフレッシュに代わるサービスを提供する。


ローソンフレッシュピックは、毎日8時までにスマートフォンの専用アプリで予約した商品を、指定のローソン店舗で当日18時以降に購入と受け取りができるサービス。


1回あたり、税込500円以上の注文から利用でき、既存の物流網を利用して、ローソンの店頭で商品を受け取るため、配送料は無料となっている。


ローソンの店頭にはない、野菜や果物など青果、豆腐や納豆など日配食品、調味料など食品のみ合計520種類を販売する。


食材と調味料などがセットになったミールキットが約20種類と豊富で、さらに成城石井などスーパーや専門店の商品を販売するのが特徴。


現在は、サービスを改善しており、店舗によっては、15時以降の店頭受け取りにも対応している。


ローソンフレッシュの売上はローソン本部に計上していたが、ローソンフレッシュピックの売上は加盟店に計上するため、加盟店支援にもつながる。


2019年2月末までに、首都圏の2000店にローソンフレッシュピックの対象店舗を拡大する計画で、ローソンフレッシュに変わるサービスを提供する。


広報部によると、「生鮮食品やミールキットなど夕食の材料をローソンフレッシュピックで購入してもらい、店頭では揚げ物などのできたて惣菜やローソンの惣菜などを購入してもらうことで、働く女性の家事を支援できるようなサービスに成長させたい」という。

「ローソンフレッシュピック」約700店舗へ東京都多摩地区・城南地区でサービス開始!|ローソン

ローソンフレッシュピック|ローソン

KitOisix|有機野菜などの安全食材宅配 Oisix(おいしっくす)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180827#1535366813

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180825#1535193637(家庭科は、生活全体を、科学や政治、経済の視点から俯瞰して捉え直して日々の実践につなげる、ジェネラルなライフサイエンスだということがわかり、とても面白くて大切だと思いました。生きることの根幹に関わり、教え方のアプローチも様々な可能性があるとこころも魅力です。)


「司法試験は、数十年以上前の合格でも資格は有効なのです。福田さんの場合は、最短で9月までに司法研修所に応募し、12月から始まる研修を受ければ約1年後には弁護士資格を得られることになります」


 それにしても、セクハラ発言をいまだに反省もしていない人物が、法曹の世界で復活するのはいかがなものなのか。実際、最高裁の「司法修習生採用選考審査基準」には、不採用の条件が明記されている。


〈品位を辱める行状により、司法修習生たるに適しない者〉


 福田氏もこれにぴったり該当すると思われるのだが、司法研修所で教官を務めたことのある菊地幸夫弁護士が言うのだ。


全共闘時代に火炎瓶を投げていたような学生も弁護士になっていますから、実際のところ、あまりうるさくないのです」


 そういえば、過剰接待で問題になった大蔵省証券局長(当時)の長野厖士(あつし)氏も辞職後は司法研修所に進み今は弁護士である。


 近所の公園で法律書を広げる姿も目撃された福田氏が、胸に弁護士バッジを付けられるのは、早くても再来年の春から。セクハラ裁判の弁護は論外としても、こっそり顧問料を払ってくれる企業ならあるという。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180811#1533983897

弁護士等:長野庬士 | 西村あさひ法律事務所

asahi.com : マネー

 「西武鉄道の顧問弁護士になったそうだ」


 「大蔵省を退任した後、堤さんが面倒をみていたらしい」


 長野厖士氏は、元大蔵省証券局長。役人や金融関係者で名前を知らない者はいない。橋本内閣で金融・証券の自由化を加速した金融ビッグバンの筋書きをつくり、山一証券の倒産を処理した。「最後の大蔵官僚」「策士」などと語り継がれる。当時、実力者には夜の接待が付きものだったが、過剰接待で処分を受け、98年に大蔵省を去った。


 その長野氏が「西武鉄道・コクドグループの弁護士」として現れたのである。


 「堤義明さんが引退し、西武は司令塔を失った。大事な判断ができるのは長野さんだ」


 支援に回ったメガバンクの首脳はいう。西武鉄道の小柳皓正社長も、コクドの大野俊幸社長も経営のトップになる心積もりはなかった。修羅場を乗り切るには長野さんが仕切らざるを得ない、というのだ。


 「表には出ないことに」


 元証券局長といっても今は弁護士。西武グループでどんな役割を演じているのか。西武鉄道に問い合わせると、広報担当者は、


 「長野さんは顧問弁護士ではありません。何をしているかは分かりません。長野という顧問弁護士はいない、ということです」


 と言う。なおも、「経営に関わる仕事をしていると多くの人が言っていますが」と食い下がると、


 「当社は、西村ときわ法律事務所に有価証券報告書の仕事を依頼しています。その関係かもしれませんが、こちらでは分かりません」


 長野氏は東大在学中に司法試験に合格。大蔵省を辞めたあと司法修習を受けて弁護士資格を取り、02年に西村ときわ法律事務所に顧問待遇で迎えられた。金融・証券法制を専門にしているが、官僚時代に培った人脈を生かし、外資投資ファンドの水先案内などをしているといわれる。


 西村ときわ法律事務所の長野氏の秘書は、


 「西武グループに関係する取材は一切お受けしていません」


 と口を閉ざすが、同氏と接触のある銀行関係者に聞くと、


 「表に出ないことになっている。仕事は西武グループの危機管理と再上場かな」


 山一証券の倒産ばかりでなく、北海道拓殖銀行の破綻、野村証券に端を発した証券不祥事……。どれも長野証券局長のころだ。最後は大蔵スキャンダルがはじけ、辞任に追い込まれた。危機管理の経験は豊富である。


 西武の危機は上場廃止だけで済みそうにない、と多くの人は見ている。証券取引等監視委員会が本社に立ち入り調査し、書類を押収した。インサイダー取引が摘発される可能性は大きく、粉飾決算が表面化するかもしれない。複雑に絡み合う堤氏一族の資産取引は国税庁も関心を寄せている。