https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

高級ブランドのルイ・ヴィトンなどを傘下に持つフランスのLVMHグループは25日、アメリカの老舗の宝飾ブランド、ティファニーを買収することで合意したと発表しました。

買収総額は162億ドル、日本円で1兆7600億円にのぼります。

フランスのパリに本拠を置くLVMHは、傘下にルイ・ヴィトンやフェンディなど75のブランドを持つ巨大複合企業で、アメリカの老舗の宝飾ブランド、ティファニーに買収を提案して交渉を進めていました。

発表によりますとLVMHは当初の提案よりも買収金額を引き上げてティファニーの株式を1株当たり135ドルで買い取ることで合意しました。

総額は162億ドル、日本円でおよそ1兆7600億円にのぼり、来年半ばまでに手続きを終えるとしています。

これはLVMHにとってこれまでで最も大きな買収になり、アメリカ市場にも貴重な足がかりを得ることになります。

LVMHは「ティファニーが私たちの象徴的なブランドに加わることは非常に喜ばしく、今後何世紀にもわたって繁栄を続けることを期待する」としています。

また、ティファニーは「LVMHのグループの一員として卓越した専門知識やほかにない技能などを生かし、さらなる成長を遂げることになる」としています。

ファッション業界では巨大グループによる買収が繰り返されていて、一段と寡占化が進むことになります。