https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com



d1021.hatenadiary.jp

#食事#おやつ#レシピ

おととし1月に91歳で亡くなったポール・ボキューズさんは、日本をはじめ、フランス料理の海外への普及にも力を尽くし、「フランス料理の最高権威」とも称されたシェフで、東部リヨン近郊に開いたレストランは、1965年から54年間にわたって「ミシュランガイド」の3つ星を獲得し続けてきました。

このレストランについて、「ミシュランガイド」は、今月発表するガイドブックで2つ星に格下げすることを決めました。

ミシュランガイド」の広報は17日、NHKの取材に対して「複数の審査員が評価にあたった結果、2つ星を与えることを決めた。レストランは今もすばらしいが、もはや3つ星のレベルではない」とコメントしています。

これについてフランスのメディアは大きく報じ、有名シェフがテレビ番組で「『ミシュランガイド』の若い編集者たちがフランス料理の巨匠を引きずり下ろそうとしている」とコメントした一方、「ボキューズさんが亡くなる前からもはや3つ星のレベルではなかった」とする料理批評家の話を伝えるなど、「フランス料理の最高権威」がのこしたレストランの評価をめぐって、大きな議論が起きています。