https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

「ウエステルダム」に乗っている日本人は、乗客1455人のうち4人、乗員802人のうち1人の合わせて5人で、政府は、船が香港に戻ったあと、日本人の乗客の帰国に向けた支援を検討することにしています。

国土交通省によりますと、現時点で今月中に国内で入港する予定の外国船籍のクルーズ船が、ほかに2隻、日本船籍が2隻あり、これまでのところ、症状がある人がいるという情報は入っていないということですが、引き続き情報収集を進めることにしています。

「ウエステルダム」は、オランダ船籍でアメリカの会社が運航しています。

日本でツアー契約を代行している販売代理店によりますと、「ウエステルダム」は、今月1日に香港を出港したあと、マニラを経由して5日に台湾の高雄に入港しました。

その翌日は、同じ台湾の基隆に寄港する予定でしたが、入港を認められなかったということです。

クルーズ船は8日、石垣島に立ち寄り、那覇や福岡を経由して、15日に横浜に到着する予定だったということです。

7日、都内でNHKの取材に応じたのは、現在、横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の運航会社の社長、ジャン・スワーツ氏です。

新型コロナウイルスの集団感染が確認されたことを受けて、日本政府からの情報収集や、現場の指揮をとるため、急きょ、来日しました。

スワーツ氏は、乗客が客室での待機を求められていることについて「乗客にとって理解しがたく、困難な状況だ。忍耐強さに感謝したい」と述べ、船内で視聴できる映画を増やすなどの対応をとっているほか、感染についての情報を多言語に翻訳して提供する方針であることを明らかにしました。

また、6日から持病がある人などに、薬の配布を始めたということで、今後も乗客が必要としているものを把握し、できるかぎり支援していく考えを示しました。

一方、待機している一部の乗客が、船から離れたいとしていることについては「対応は日本政府が決めることだ」としたうえで、現状では、日本政府が求める14日間の客室での待機に協力する考えを示しました。

運航会社によりますと、クルーズ船の乗客と乗員の国籍は、今月1日の時点で56の国と地域にまたがるということで、このうち2600人余りの乗客の中で、日本が1281人と最も多く、続いてアメリカが416人、カナダが251人だとしています。

客室での待機を余儀なくされているというこのアメリカ人夫婦は、アメリカのCDC疾病対策センター新型コロナウイルスがこの船の中で空気とともに循環している可能性が高いとしている。私たちは、安全な場所でなら14日間の待機を受け入れる心積もりはあるが、ここは安全ではないと思う。これまでは楽しい旅だったが、正直に言って今は怖い」と不安を口にしました。

そのうえで、アメリカの医療関連企業が私たちを迎えに来る手はずを整えてくれたが、日本政府がそれを許可しないようだ。アメリカをはじめ各国政府は自国の国民がこの船を離れられるようにしてほしい。中国の武漢ではそうしたし、やり方は分かっているはずだ」と外交的な対応を求めました。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国では、患者の数が3万1000人を超え、死亡した人は636人に上っています。

感染が始まった湖北省武漢で、政府が公表する前にSNSで警鐘を鳴らし、それを理由に警察から処分を受けていた医師も感染して7日亡くなりました。

これをきっかけに、国民の間では中国政府の初期対応や情報公開の在り方をめぐって批判が一層高まっています。

これに対し中国政府は7日、保健当局の記者会見で哀悼の意を表したほか、調査チームを派遣して全面的な調査を行うと発表するなど、一転して医師を評価する姿勢を見せ、国民の批判をかわしたいねらいもあるとみられます。

また、中国政府は感染拡大を抑え込むため、もっとも深刻な湖北省の対策に重点を置き、臨時の病院を建設したり、全国から医療関係者を派遣したりしていますが、患者の急増に対応が追いついていません。

中国のメディア「財新」によりますと、武漢に程近い鄂州では、医師や看護師が不足し、定年などで退職した元病院職員に復帰を求めているほか、随州では、防護服も足りず、レインコートを代用するよう呼びかけている病院もあるということで、厳しい状況が続いています。

d1021.hatenadiary.jp