https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

嘉納行光氏は、柔道の創始者嘉納治五郎氏の孫で昭和55年に父の嘉納履正氏のあとを継いで、柔道の普及や教育を担う「講道館」の4代目の館長と、全日本柔道連盟の会長に就任し、20年以上にわたって日本柔道を支えました。

平成21年に高齢などを理由にいずれの職も辞任し、現在まで講道館の名誉館長と全柔連の名誉会長を務めていました。

講道館によりますと、嘉納氏は8日、入院先の都内の病院で肺炎のため亡くなりました。87歳でした。

葬儀は近親者で行われ、後日、講道館全柔連の合同葬儀が行われる予定です。

#スポーツ