https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

「独裁者は出て行け!!」
「王室にたくさんの税金を使うのはやめよう!!」

タイの首都バンコクで声を上げる若者たち。

去年7月から、民主的な政治や、国王の政治への関わり方の見直しを求めていて、その数は多いときには5万人に達しました。
「なぜ、デモに参加するのか?」と聞くと、多くの若者が共通して口にするのは「格差への怒り」です。

その1人、ウィラダーさん(30)。

かつてタイ国内の最難関大学で外交官を目指していましたが、教授から「人脈がないなら、諦めなさい」と突き放され、断念したと言います。卒業後は、親戚の屋台を手伝っていますが、売り上げは新型コロナウイルスの影響で3分の2に減少。生活は決して楽ではありません。

タイでは、育った家の豊かさやコネが、就職や人生を大きく左右すると言われます。

富裕層の上位1%が、国の富の50%を握っているという民間の調査結果もあり、「金持ちは悪いことをしても刑務所に行かない。刑務所は貧しい人のためにある」と言う人もいるほどです。

怒りの矛先は、プラユット首相が率いる政権だけでなく、多くのタイ人の尊敬を集めてきた王室にも向かっています。これまでは批判がタブー視されてきた存在です。王室の財産は3兆円以上とも言われ、格差やコネが優先される社会の象徴のように受け止める若者も増えています。

ウィラダーさんは、「みんなが同等に扱ってもらえる社会にしたい。本当の民主主義を手に入れたい」と、ことばに力を込めます。

不満を募らせる若者たちに対し、政権側は圧力を強めています。

デモが始まって3か月がたった去年10月。バンコクの大学で学生たちが主催した、民主化の歴史を学ぶイベントで、学生をスマートフォンで撮影したり、発言を記録したりしている中年の男たちがいました。

「警察官か軍人です」と教えてくれたのは、地元の記者です。「政治的な集会があるときは大学の構内にさえ立ち入って、監視しています。みんな慣れっこです」

政権側の取締まりの切り札とも言われているのが、「不敬罪」です。王室に対する中傷や侮辱を禁じる法律で、有罪となった場合、最長で15年の禁錮刑が科されます。過去には、国王の飼い犬を皮肉ったなどとして摘発されたケースもあり、「政権が恣意的(しいてき)に利用している」として、反対派からは批判の声も上がっています。

捜査当局は、不敬罪の適用も視野にデモの参加者30人以上に出頭命令を出し、締めつけを強めています。

タイは「ほほえみの国」と呼ばれ、世界中から大勢の観光客が訪れてきましたが、若者たちには“もう一つの顔”が見えているようです。

d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp

#東南アジア