https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

フィリピン沿岸警備隊は、自国のEEZ排他的経済水域にある南シナ海南沙諸島、英語名スプラトリー諸島岩礁周辺で、今月6日、巡視船1隻が中国海警局の船から軍で使用されるレーザー光線の照射を受けたと発表しました。

フィリピン側は、当時の様子を撮影したとする映像を公開して非難や抗議を続けているものの中国側は「そのような状況は発生していない」と反論しています。

フィリピン大統領府は14日夜、マルコス大統領が首都マニラにいる中国大使を大統領府に呼び出したことを明らかにし、「中国による行動が頻度と激しさを増していることに深刻な懸念を表明した」ということです。

今回の問題を受けフィリピン政府は14日、海洋問題を武力に頼らず対話を通じて管理するとした先月の首脳会談の合意に背くとして、中国に抗議したばかりでしたが、中国側が反論を繰り返す中で大統領みずから抗議の姿勢を示すことになりました。

d1021.hatenadiary.jp

#中比(南シナ海・レーザー照射)
#東南アジア