https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

千葉市幕張メッセアメリカの同時多発テロ事件の現場の跡地に建設された高層ビルなどの設計を手がけ、建築界のノーベル賞と言われる「プリツカー賞」を受賞した世界的な建築家、槇文彦さんが6月6日、老衰のため亡くなりました。95歳でした。

槇さんは1928年東京生まれで、東京大学工学部建築学科を卒業後、アメリカに渡ってハーバード大学大学院を修了し、1965年に日本に帰国して建築事務所を設立しました。

モダニズム建築や洗練された空間の創出が特徴で、千葉市幕張メッセや東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラス、それに京都国立近代美術館など、多くの公共施設や商業施設の設計を手がけました。

また、海外でもアメリカの同時多発テロ事件が起きた現場の跡地に建設された「4ワールド・トレード・センターの設計を手がけるなど活躍しました。

東京大学で教授を務め、海外でも講演を行うなど、長年、後進の育成にも力を入れました。

槇さんは、1993年に建築界のノーベル賞と言われる「プリツカー賞」を受賞したほか、2013年には文化功労者にも選ばれています。

槇さんの事務所によりますと、槇さんは、自宅で療養中でしたが6月6日、老衰のため亡くなったということです。

95歳でした。

全国市長会の新しい会長に広島市松井一実市長が就任し、松井氏は「真の地方分権・地方創生を実現すべく、諸課題の解決に鋭意取り組んでいきたい」と抱負を述べました。

全国市長会は12日、東京都内のホテルで定例の総会を開き、3期6年にわたって会長を務めた福島県相馬市の立谷秀清市長の後任広島市松井一実市長が就任することを決めました。

任期は2年間です。

松井氏は広島市出身の71歳。昭和51年に旧労働省に入り、厚生労働省中央労働委員会事務局長などを経て、平成23年広島市長選挙で初当選し、現在4期目です。

松井氏は就任のあいさつで「少子高齢化や人口減少など、社会経済情勢が大きく変化する中、都市自治体が直面している多岐にわたる課題の解決に向け、皆様の英知を結集したい」と呼びかけました。

そのうえで「すべての住民が、それぞれの地域で互いに支え合いながら、たおやかに穏やかに暮らすことができる、真の地方分権・地方創生を実現すべく、諸課題の解決に鋭意取り組んでいきたい」と抱負を述べました。

d1021.hatenadiary.jp

#アウトドア#交通