https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


sss-denki.jp

sss-denki.jp

「昭和シェルの選べる電気」ドライバーズプラン、ホームプラン、ビジネスプランについては、2019年3月末日をもって、新規の受付を停止いたしました。
新たに電気料金の切り替えを希望される場合は、新料金サイトをご確認ください。

※新規の受付を停止したプランにご契約のお客様は、これまで通りの条件で電力サービスを提供いたします。

s-denki.com

ガソリン車の場合は、1ヶ月に100Lまでガソリン代が2円/L割引。

jiyu-denki.com

旧プランの昭和シェルの選べる電気には、ドライバーズプランとホームプランの2つのプランがありました。

実はこのプランなんですが、月に300kWh以上使って初めて料金がお得になる仕組みでした。
特に使用量が少ないと従来の電量会社よりも割高になる残念なプランだったんです。

www.idss.co.jp

クルマ本来の性能を引き出す。それこそが、この高性能ハイオクガソリンが開発された理由です。Shell V-Powerには、エンジンの性能を低下させてしまうエンジン内の汚れに対して効果的に作用し、走るほどにエンジンを洗浄し、保護する設計になっています。かのスクーデリア・フェラーリもその性能の改善効果を評価し、Shell V-Powerを選択しているのです。

シェルとスクーデリア・フェラーリは、F1の歴史の中で、最も長期にわたるパートナーシップを続けています。公道用Shell V-Powerは、フェラーリに供給されるF1用Shell V-Powerを開発した科学者チームと共同開発された燃料です。つまり、Shell V-Powerは、F1用レース燃料のエッセンスが多分に盛り込まれた、シェル製品の中で最も性能の高いハイオクガソリンなのです。

trafficnews.jp

 ENEOSブランドのハイオクガソリン「ENEOSヴィーゴ」を販売するJXTGエネルギーに聞きました。

――「ENEOSヴィーゴ」をレギュラー車に入れるとどうなりますか?

 高性能の清浄剤を配合しているため、エンジンをきれいにする効果があります。

――燃費やパワーが向上することはありますか?

 エンジン内部の汚れを減らすことで燃焼効率がよくなりますが、ただちに大きな効果があるわけではありません。「ENEOSヴィーゴ」でエンジンが汚くなる前の状態に回復することはできますが、それによってカタログ値以上に燃費やパワーが向上するものではないといえます。

※ ※ ※

「Shell V-Power」を販売する昭和シェル石油にも聞きました。

――「Shell V-Power」をレギュラー車に入れるとどうなりますか?

 給油すればするほど、エンジン内を洗浄し保護します。レギュラー車に給油してもその効果はあります。

――燃費やパワーが向上することはありますか?

「燃費が上がる」とは、個人の乗り方にもよるので申し上げることはできません。規定値以上に燃費やパワーが上がるというわけではないのです。ただ、「Shell V-Power」はエンジンをきれいにし、クルマ本来の性能を最大限引き出すことに主眼が置かれていますので、それによって「以前より燃費がよくなった」「走りが変わった」と体感される方もいるでしょう。

bbs.kakaku.com

LA100SのカスタムRS-SAを乗ってます。

友人の紹介でシェルのハイオクガソリン、Vパワーを入れてみました。
レギュラーガソリンでバルブ等に付着したカーボンも、Vパワーを入れて同じくらいの走行キロを走れば、
すべて除去してくれるとのことなので、燃費が良くなり、カーボン付着による燃費の悪化が防げるとのことです。

友人によると、Vパワーを入れ続けて、100,000kmを越したバイクのエンジンをバラしてみたら、
カーボンの付着は一切なく、とても綺麗なバルブを保っていたそうです。

さて出発、多摩地区→入間ICまで下道で行き、入間IC→碓氷軽井沢IC→嬬恋町までの1泊して往復を走行しました。
行きは、碓氷軽井沢ICを出てから嬬恋町まで、上り、下りが続きますので、けっこうきつい燃費になると思っていました。
トータルで、405kmを走行し、そのうち下道走行が約137kmです。

では、燃費の結果ですが、満タン法で計算して、405km走行、給油は18.7L入りましたから、
平均燃費は、21.7km/Lでした。(カタログ燃費、25.2km/L)

実は、いつもはESSOのレギュラーガソリンを使用しているのですが、去年に同じルートを走行しての
平均燃費は、18.5km/Lでしたから、Vパワーガソリンに軍配があがりました。

1リットルで3kmも伸びるなら、ハイオクのVパワーの方が安上がりで、尚且つ、エンジン内部のバルブ等が
洗浄されて性能が維持されるなら、とても良いガソリンだと思います。

www.nagaseoil.co.jp

給油された方から、「燃費が向上した」、「加速が良くなった」等お声をいただいております。

www.youtube.com

d1021.hatenadiary.jp

www.toyotahome.co.jp

 東京・池袋で4月、旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)の乗用車が暴走し、母子が死亡、10人が負傷した事故で、車を分析した結果、アクセルは踏みこんだ形跡がある一方、ブレーキを踏んだ跡は残っていないことが、捜査関係者への取材でわかった。

 飯塚元院長は「アクセルのペダルが戻らなかった。何度かブレーキを踏んだが利かなかった」と供述しているという。警視庁は、飯塚元院長がパニックになり、ブレーキと間違えてアクセルを強く踏み続けたとみて、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで裏付けを進めている。

 捜査関係者によると、車にはアクセルやブレーキの操作の形跡が残る装置がある。警視庁が事故車の装置を精査した結果、アクセルを踏んだ形跡があったが、ブレーキを踏んだ跡はなかったという。

d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp

逮捕されたのは、福井放送の元社長で現在は非常勤取締役の最高顧問を務める坪田清則容疑者(87)です。

警察によりますと、坪田元社長は22日午後4時前、乗用車を運転して帰宅中、福井市大宮の国道416号線の交差点で40歳の女性が運転する軽ワゴン車と出会い頭に衝突し、その場から逃げたとして、ひき逃げの疑いが持たれています。

軽ワゴン車を運転していた女性は、首をねんざするけがをしたということです。

警察は、女性が覚えていた車のナンバーをもとに捜査し、23日未明に坪田元社長を逮捕しました。

調べに対し「衝撃はあったが物を踏んだだけだと思った」などと容疑を否認しているということです。

逮捕を受けて、福井放送は「弊社役員が逮捕されたことは報道機関として誠に遺憾です。重く受け止めており、事実関係が確認でき次第、厳正に対処します」とコメントしています。


tabelog.com

www.giontsujiri.co.jp



blog.goo.ne.jp

午後、昼食を食べに出る。ナツが日差しを避けて玄関脇で眠っている。夏が近づいているのだ。

「吉岡家」に行く。

ランチセットにする。アジフライをチョイス。蕎麦はもり(かけにもできる)、ご飯は少なめで注文。

夕食は豚肉とチンゲン菜の炒めもの、
笹かまぼこ、明太子、胡瓜の新香、茄子の味噌汁、ご飯。

デザートはメロン。

 ドトールは競争激化で顧客を奪われている。ドトールよりも多い1400店を展開するスターバックスコーヒーは店舗数を伸ばしており、ドトールを引き離している。後方からはコメダタリーズコーヒーなどが追い上げている。また、近年はコンビニエンスストアのいれたてコーヒーの進化が目覚ましく、さらに店内で飲食できるイートインを増やしてカフェ化が進んでおり、コンビニの脅威度が高まっている。このように競合が台頭しており、ドトールから顧客が流出している。

 ドトールが属する低価格帯のコーヒー市場を取り巻く環境は今後より厳しくなるだろう。特にコンビニが大きな脅威だ。イートインを備えたコンビニは増えてはいるが、まだまだ設置されていない店舗も多い。裏を返せば、イートイン設置店舗を増やせる余地が大きいということだ。コンビニは全国に5万5000店以上もあり、計り知れない潜在能力を持っているといえる。

 また、新規出店でイートイン併設店が増えることも十分予想される。今年は「24時間営業をめぐる問題」のあおりで大手各社は出店を抑制する考えだが、来年以降は大量出店を再開することが考えられ、イートイン併設店が増えることが予想される。こうして、コンビニのドトール包囲網は確実に広がっていくだろう。

 このように低価格帯市場は厳しい状況にあるが、中価格帯以上は市場の拡大が見込まれている。

 喫茶店は外食産業のなかでも、やや特殊な業態だ。ほかの業態は一般的に食事がメインで、焼肉店であれば焼肉を食べることがそうだし、牛丼店であれば牛丼を食べることがメインとなる。一方、喫茶店は必ずしもコーヒーなどを飲食することがメインとはならない面がある。飲食することよりも、会話や読書、仕事、勉強することを主目的にしている人が少なくない。割合は後者が大きくなっているだろう。

 喫茶店を会話や仕事などをする場とするには、居心地のいい雰囲気が欠かせない。この点において、コメダは高いレベルを誇っている。たとえば、居心地のいい雰囲気を構築するため、コメダでは木材を多用している。これは、視野に占める木材の割合を示す「木視率」が4割程度だと落ち着くという建築業界の経験則に基づいている。

 コメダは椅子がフカフカなのも特徴で、ゆったり過ごすのに最適だ。これは、他のコーヒーチェーンではあまり見られない大きな武器となっている。また、電源や無料Wi-Fiを備えている店舗が多いのも、利用者にとっては嬉しい。コメダはこうした居心地のいい空間を提供していることが消費者に支持されている。

 コメダドトールは、顧客満足度においても明暗が分かれている。日本生産性本部サービス産業生産性協議会の「日本版顧客満足度指数(JCSI)」(2018年度)で、コメダはカフェ部門の「顧客満足」で3位、ドトールが2位だった。ドトールのほうが上位だが、勢いの面ではコメダが上だ。コメダの17年度の顧客満足は18年度と同じ3位だったが、16年度は5位以下の圏外、15年度は4位だったので上昇傾向にあることがわかる。一方、ドトールは17年度まで3年連続で1位だったが、18年度に2位に転落してしまった。顧客満足度でもコメダに勢いがあり、ドトールは失速が鮮明となっている。

 ドトールは成熟化しているので、これ以上の大きな成長は難しいだろう。そこで、ドトール・日レスHDは高級コーヒー店「星乃珈琲店」で高価格帯市場を攻略する。一方、コメダHDはコメダを主軸に出店攻勢をかけて中価格帯市場の取り込みを狙う。今期(20年2月期)はコメダだけで50~60店を出店する。コッペパン専門店「やわらかシロコッペ」などを含めて、19年2月期末の860店から21年2月期までに1000店にしたい考えだ。

d1021.hatenadiary.jp

d1021.hatenadiary.jp