https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

数年後のある時、メンタルブロックについて学びを深めていた時にあることに気付きます。

メンタルブロックとは「自分がこうしたい、こうなりたい」と思っているのに、それを妨げてしまう思考のクセやマイナスな思い込みなど、心理的なストッパーです。

新しいことにチャレンジしたいけれど、失敗するのが怖いからやめよう。フラれるのが怖いから告白するのはやめよう。きっと自分はお金持ちにはなれない。というような、マイナスな思考、思い込みなどで行動が止まってしまう、マイナスな結果を自ら生み出してしまう、というようなものです。

あの日「モテない」と自分で思い込んでから、私の人生から本当に色恋がなくなってしまったのだということに気付いたのです。

私がやっていたことは「モテない」と思い込み、それを正当化するために、無意識にモテない行動の数々をして、ほらやっぱり自分はモテないんだという現実を作っていた、ということです。

誤った思い込みを外し、そして新しい思い込みを「異性からだけモテる」ではなく「人に愛される」にしたため、私の周りには私を大切にしてくれる人が男女問わずたくさん集まってくださるようになりました。

「思い込み」は良くも悪くも結果に繋がっていきます。世の中で愛されている人、モテている人は「自分は愛される存在、モテる」と思い込んでいて、モテない人は「自分は愛されない、モテない」と思い込んでいるのです。

モテる人は見た目が良かったり、お金があるからだろう、と思う方もいらっしゃるかと思いますが、実際はそうではありません。この法則に現実味を持たせるために多くの方にリサーチをしてみました。

収入、性別、年齢、属性の違う、20代~50代の友人・知人・クライアントなどで「この人はモテる」と感じた人に「あなたがモテるのは、どうしてだと思う?」と聞いていったのです。すると、「自分を大切にしている」「自分のことが大好き」「自分の強みを理解している」などの回答が出てきました。モテる人は老若男女・見た目・収入問わず共通して「自分で自分のことが好き、だから人からも愛される」と思えていたのです。

雪_1996_エリザ_デュエダン

#デュエットダンス(雪エリザ)

d1021.hatenadiary.jp


d1021.hatenadiary.jp

#みくりん

d1021.hatenadiary.jp

d1021.hatenadiary.jp

#テレビ

車の故障やトラブルに対応するロードサービスの料金が、先月から引き上げられました。JAF・「日本自動車連盟」によりますと、実質的には会員でない人の料金が値上げされたかたちで、消費税率の引き上げを除くと2009年以来15年ぶりだということです。

JAFは車の故障やトラブルに対応するロードサービスを提供しています。

年間4000円の会費を支払う会員は、ほとんどのサービスを無料で受けることができ、先月末の時点で2050万人余りが加入しています。

JAFではサービスの公益性が高いことから、これまでは料金を据え置いてきましたが、必要な機材の価格や燃料代、それに人件費などが上昇し、コストが膨らんでいるとして、先月から料金を引き上げました。

値上げは消費税率の引き上げを除くと2009年以来15年ぶりで、実質的には会員でない人の料金が値上げされたかたちです。

具体的にはいずれも午前8時から午後8時までの一般道の場合では
▽「バッテリー上がり」は2万1700円と8500円余り、率にして65%引き上げられたほか
▽「スペアタイヤへの交換」は1本の場合、2万1700円と1万円余り、率にして93%値上げされました。

また、車の機能が高度化し1件当たりの作業時間も長くなる傾向があるため、これまでの料金では採算があわなくなる可能性があるとして、今回、値上げが必要だと判断したといいます。

JAFロードサービス部の足立寿生課長は「車を利用する人の安全と安心の支えとなるサービスの提供を続けたい。それに見合った費用をいただく形になるが、今後、新たなサービスも検討していきたい」と話しています。

スーパークレイジー君の名前で活動していた元宮崎市議会議員が、知人の女性に性的暴行をした罪に問われた裁判で、宮崎地方裁判所は「犯行は悪質で、女性が身体的被害や精神的苦痛を受けた結果は重い」などとして、懲役4年6か月の実刑判決を言い渡しました。

宮崎市議会議員の西本誠被告は、去年9月、宮崎市で知り合いの女性の腕などを引っ張り、ホテルに連れ込んで性的暴行をしたうえ手にけがをさせた罪に問われました。

24日の判決で宮崎地方裁判所の船戸宏之裁判長は「女性が抵抗したにもかかわらず、強い力で引っ張ってホテルの部屋に連れ込み、執ようなわいせつ行為に及んでいて、犯行は悪質で経緯や動機に酌むべき点はない」と指摘しました。

そのうえで「女性が、耐え難い性的被害や軽視できない身体的被害、深刻な精神的苦痛を受けた結果は重い。執行猶予にするような軽い事案とは言えない」などとして、懲役4年6か月の実刑判決を言い渡しました。

d1021.hatenadiary.jp

#アウトドア#交通

育児と仕事の両立を支援するため、これまで子どもが3歳になるまでが中心だった措置を拡充することを盛り込んだ改正育児・介護休業法などが、参議院本会議で与野党の賛成多数で可決・成立しました。

改正育児・介護休業法は、新たに企業に対し、残業の免除対象を3歳から小学校に入学するまでの子どもを持つ親にも広げることや、3歳から小学校に入学するまでの子どもを持つ親を対象に、短時間勤務制度や始業時間の変更、テレワーク、時間単位で取得できる休暇の付与など、複数の制度の中から2つ以上を設けることを義務づけるとしています。

また、子どもの「看護休暇」の取得を、感染症に伴う学級閉鎖や、入学式など行事への参加でもできるようにし、対象を小学3年生まで広げるとしています。

このほか、男性の育児休業の取得状況の公表義務を、これまでの「従業員が1000人を超える企業」から「300人を超える企業」に広げるとともに、目標設定を100人を超えるすべての企業に義務づけるとしています。

一方、介護との両立をめぐっては、支援制度を利用せずに離職に至るケースが多いことから、企業に対し、家族の介護が必要となった従業員に介護休業などの制度を周知し、取得の意向を確認すること、さらに、介護に直面していない従業員にも早めに制度を周知することなどを義務づけるとしています。

改正法は、24日の参議院本会議で与野党の賛成多数で可決・成立し、主な内容は来年4月以降、順次施行されます。

d1021.hatenadiary.jp

#食事#おやつ