https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

天皇陛下の即位に伴う伝統儀式「大嘗祭」で使う米を収穫する「斎田(さいでん)」は、栃木県高根沢町京都府南丹市の田んぼに決まりました。

「斎田」に決まったのは、栃木県高根沢町大谷下原の「とちぎの星」という品種が作付けされた田んぼ1227平方メートルと、京都府南丹市八木町氷所新東畑のキヌヒカリという品種が作付けされた田んぼ2695平方メートルです。斎田を耕作する「大田主(おおたぬし)」は、栃木県は石塚毅男さん(55)に、京都府は中川久夫さん(75)になりました。

大嘗祭」で使う米を収穫する2つの地方については、ことし5月、宮中に伝わる占いで、東の「悠紀(ゆき)」地方に栃木県が、西の「主基(すき)」地方に京都府が、それぞれ選ばれていました。

宮内庁によりますと、「斎田」と「大田主」について18日、栃木県と京都府の農業団体から推薦が寄せられ、天皇陛下に伝えたうえで決定したということです。

大嘗祭」では、天皇陛下が即位後初めて、新しく収穫された米などを天照大神(あまてらすおおみかみ)とすべての神々に供えたうえで、みずからも食べ、国と国民の安寧や五穀豊じょうなどを祈られることになっていて、近くそれぞれの「斎田」で新米を収穫する儀式が行われます。

宮内庁によりますと東の「悠紀(ゆき)」地方の大田主(おおたぬし)になった栃木県高根沢町の農家、石塚毅男さん(55)は、地元の区長を務め、これまでに県の農業経営に関するコンクールなどで表彰されています。

また西の「主基(すき)」地方の大田主になった京都府南丹市の中川久夫さん(75)は、地元の農業生産組合の役員を務め、地域の人たちで土地を共有するなどして稲作に取り組んでいるということです。

2人が大田主に選ばれたことについて宮内庁「それぞれ高い稲作技術と人望があり、地域を代表する篤農家だと聞いている」としています。

kotobank.jp

ja.wikipedia.org

政府の式典委員会が開かれ、来月22日に行う天皇陛下が即位を内外に宣言される儀式「即位礼正殿の儀」の詳しい手順を定めた「細目」などを決定しました。また祝賀パレードは、天候が悪化する見通しの場合、4日後の26日に延期することになりました。

それによりますと、来月22日に行う天皇陛下が即位を内外に宣言される儀式「即位礼正殿の儀」では、天皇陛下が歴代天皇の即位の儀式などで使われてきた「高御座(たかみくら)」に上り、おことばを述べられたあと、総理大臣が祝いのことばを述べ、総理大臣の発声で参列者が万歳を三唱するとしています。

また皇族方の服装について、伝統的な装束は高齢の皇族には負担が大きいとして、天皇皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻を除き、今回、えんび服やロングドレスも着用できることになりました。

同じく来月22日に行われる祝賀パレードの「祝賀御列の儀」は、雨天の際はオープンカーではなく、天皇陛下が皇室の重要な行事などで乗られる車を使用します。

さらに天候が悪化する見通しの場合、4日後の26日に延期し、26日も悪天候が予想されれば、パレードは取りやめとなります。

実施するかどうかは、前日となる21日、または25日の午後6時半に発表する予定です。

またパレードで使用するトヨタ自動車の「センチュリー」の写真が公開され、使用後は東京・港区の迎賓館や京都市京都迎賓館で、期間を定めて一般公開されることになりました。

d1021.hatenadiary.jp

#天皇家

www.youtube.com

<日本のビール>を初めて飲んだ【フランス人の反応】

www.youtube.com

フランスらしい、ほっこり系コンパクトSUVシトロエンC3エアクロスSUVに試乗!

www.youtube.com

竹岡 圭の今日もクルマと・・・シトロエンC3エアクロスSUV&C5エアクロスSUV

www.youtube.com

#25 新潟県・1泊2日ドライブ 前篇

www.youtube.com

なかなか日本!~高速道路女子旅~ #64 伊豆のジオパーク 三島 楽寿園

曙ブレーキ工業は、主な取引先だったアメリカの自動車メーカーからの受注の減少により経営が悪化し、国内の投資ファンドから200億円の出資を受けることを柱に、事業再生の計画を協議してきました。

会社によりますと、18日事業再生計画がまとまり、曙ブレーキが取引先の金融機関に要請した借入金の半額あまりにあたる560億円の債権放棄について、同意が得られたということです。

また、収益力を回復させるため生産体制の見直しを進め、国内の5つの工場のうち、従業員およそ500人が働く岡山県総社市の鋳物を製造する工場を数年のうちに閉鎖するほか、およそ300人が働く福島県桑折町のブレーキパットを製造する工場の生産能力を縮小することを決めました。

会社はこれらの工場で働く従業員の雇用については今後、検討するとしています。

また、アメリカやヨーロッパの工場の閉鎖や売却を進めることも決めました。曙ブレーキは、今月27日に開く臨時株主総会でこうした計画を説明し、新たな経営陣のもとで経営の立て直しを急ぐことにしています。


blog.goo.ne.jp

お昼に自宅を出て、早稲田へ。今日は1時から「カフェゴト―」で句会(第35回)がある。

早稲田の駅を出たところのファミマ&吉野家の前で卒業生のトモミさん(論系ゼミ6期生)とバッタリ会う。お互い、びっくりする。

今回が初参加の娘の立夏

「タビビトノ木」へ。

妻がどこぞやのパン屋でバケットを買ってきたのでこれを夕食に食べようということになった。

パンには何が合うだろうと考えて、クリームシチューになった。

タラコのペーストとツナマヨネーズを添えた。

それとサラダ。

デザートは梨。

 そんな緊急事態に傳氏が真っ先に取った策が、赤字店舗の閉鎖だ。国内直営店は2017年8月に548店に達していたが、店舗の閉鎖を進め、今年8月末時点で506店まで減らした。

 だが、業績浮上のテコとなったのは、不採算店の大量閉鎖などリストラだけではない。他業態への大胆な転換である。

「いきなり!ステーキ」のペッパーフードサービス東証1部)が元気いっぱいの時期にフランチャイズ(FC)契約を結び、2017年12月21日に福島市でステーキ店を開業。2018年3月までに福島、宮城両県の4店を含め6店にウイングを広げ、2019年3月期には10店が新たに加わり、トータルで16店になった。

 ラーメンの一本足打法を脱却し、他業態への転換中といっても先は長い。いわば「他人のふんどし」を借りて相撲を取る商法で業績の回復を果たしてきたが、所詮は他人のふんどし。本業のラーメン店で利益を上げられるヒット商品が欲しいところだ。

来月1日の消費税率の引き上げでは、「外食」は10%の税率が適用されますが、肉や野菜などの食品は8%に据え置く軽減税率が適用されます。

イオンでは、消費税率の引き上げのあと、外食を控えて自宅で調理する消費者が増えるとみて、料理の具材をあらかじめ切った状態でパッケージし、調味料の必要もない食品を充実させることにし、18日、新商品を発表しました。

新たな商品は、チンジャオロースーや鶏肉と野菜の炒め物などの具材を冷凍したもので、電子レンジで温めたあとフライパンで炒めるだけで10分ほどで調理できるということです。

イオンでは、このほか電子レンジで温めるだけで魚や野菜などを使った本格的な料理を楽しめる商品を、来月中旬に販売する予定で、自宅で調理して食べ「内食」の需要を取り込みたいとしています。

買い物に訪れた80歳の女性は、「年金暮らしなので増税後はたまの外食も控えて少しでも安いものを買わなければと思います」と話していました。

イオントップバリュマーケティング本部の和田浩二本部長は、「増税後のお客様の消費行動は正直まだ読めないが、外食産業もさまざまな対策を打っているので、内食の強化に加え、増税後の消費者の意識を注視していきたい」と話しています。

アマゾンジャパンはファミリーマート小田急電鉄など、5つの企業や大学と提携して店舗や駅などに専用の宅配ロッカーを設置し、商品を受け取れるサービスを18日から都内で始めました。

利用者が商品を買う際にロッカーの場所を指定すると、商品の到着を知らせるメールでバーコードが届き、バーコードをロッカーに読み込ませると扉が開く仕組みです。また、カフェなどを指定して店頭で荷物を受け取れるサービスも合わせて始めました。ネット通販が拡大する一方、宅配業界は深刻な人手不足に直面していて、会社は、利用者の利便性を高めるとともに再配達を減らし、宅配業界の負担を抑えるねらいです。

利用できるのは現在、都内の一部のファミリーマートなどに限られますが、年内に東京都と神奈川県を中心に宅配ロッカーと店頭での受け取りができる場所を合わせて200か所程度に広げ、来年には全国展開を目指すとしています。

アマゾンジャパンのジェフ・ハヤシダ社長は「顧客がさまざまな受け取り方法を選べるよう今後も取り組んでいきたい」と話していました。






d1021.hatenadiary.jp