https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

米財務長官「欧州は一段の行動必要」、景気低迷回避へ対策要請 | Reuters

ルー米財務長官は12日、ユーロ圏経済の成長失速を回避するのに、欧州中央銀行(ECB)の金融緩和だけでは不十分とし、欧州当局は一段の措置を講じる必要があるとの認識を示した。


長官は講演原稿で、最近の経済動向は、健全な成長を回復するのにECBの行動だけでは十分でないことを示していると指摘。「ユーロ圏の景気低迷がさらに深刻化するリスクを低減するため、各国、および欧州当局による断固たる行動が必要」と主張した。


また需要を支える上で、世界は米経済の成長だけに頼ることはできないとも述べた。

世界景気回復に向け、各国は財政政策発動する必要=米財務長官 | Reuters

米国のルー財務長官は12日、世界各国は短期需要を押し上げ、世界的な景気回復を支えるため、利用可能な財政政策を打ち出す必要があるとの考えを示した。


同長官はシアトルで開かれた国際問題評議会(WAC)での講演で、「短期的に見ると、世界経済は基本的により多くの需要を必要としている」と指摘。


さらに、世界各国の政策担当者は長期的な経済成長の押し上げに向け、構造改革を推し進める必要もあるとの認識を示した。


ただ、デフレ脱却に向けこれまでに数多くの措置を打ち出してきた日本で、こうした構造改革が十分であるかは現時点では不明との見方を示した。


今週末の15─16日にはオーストラリアのブリスベーンで20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれる。