https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


 このサービスは今月27日から、じぶん銀行の口座に限り、全国にある2万3000台のセブン銀行のATMで利用できます。キャッシュカードに比べて、仮にスマホを落としても他人には簡単に利用できないことから、セキュリティー面も向上するということです。すでに一部の地銀などがスマートフォンによるATMの入出金サービスを始めていますが、全国規模での展開はこれが初めてです。メガバンクでも、三菱東京UFJ銀行が来年をめどにサービスの導入を検討していて、今後、スマホを使った現金の出し入れが広がりそうです。


このサービスはネット専業の「じぶん銀行」の預金者が対象で、コンビニ最大手のセブンーイレブンなど「セブン銀行」が設置している全国の2万3000台余りのATMで利用できます。
現金の引き出しをする場合、利用者はスマホのアプリに金額を入力する一方で、ATMを操作し、画面にスマホ取り引きのためのQRコードを表示させます。このコードをスマホのカメラで読み取ると、取り引きのための番号が表示され、口座の暗証番号とともにATMに入力すると、現金を受け取ることができます。
このサービスは今月27日から始まります。
スマホだけで銀行のATMを利用できるサービスを全国で展開するのは、国内の銀行で初めてだということです。
23日の記者会見で、「セブン銀行」の二子石謙輔社長は「スマホが生活の必需品として普及する中、新たな金融サービスを展開し利便性を高めていきたい」と述べました。
国内の銀行では、「イオン銀行」が指紋の認証だけでATMを利用できるサービスを試験的に実施するなど、IT技術を活用して、キャッシュカードがなくてもATMを使えるようにする動きが広がり始めています。

詳細 | じぶん銀行スマートフォンアプリ | じぶん銀行