https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

シリア和平会議 イランの招待を撤回 NHKニュース

会議を主催する国連のパン・ギムン事務総長は、会議にアサド政権を支持するイランも招待すると発表していましたが、20日、急きょ、イランへの招待を撤回することを明らかにしました。
撤回の理由について、パン事務総長の報道官は、アサド政権に代わる暫定的な統治機構の設立にイランが協力しない姿勢を示したためだと説明しています。
イランの参加を巡っては、シリアの反政府勢力が強く反発し、一時、会議への参加を見合わせる構えを見せたうえ、アメリカも反対の立場を示し、懸念を示していました。
今回の国際会議には、3年近くにわたるシリアの内戦の終結と和平に向け、アサド政権側と反政府勢力側の双方が初めて参加しますが、会議が開かれる前から混乱が広がる形となり、協議の行方は予断を許さない情勢です。

シリアの和平を目指して開かれる国際会議について、会議を主催する国連のパン・ギムン事務総長がイランへの招待を撤回することを明らかにしたことを受けて、シリアの反政府勢力の統一組織「シリア国民連合」は20日、声明を出し、会議に参加することを明らかにしました。
声明の中で、シリア国民連合は「撤回の決定を歓迎し、政権移行を目的としたスイスでの会議に参加する」として、シリアの政権移行に向けて暫定的な統治機構の設立を求めていく考えを示しました。
シリア国民連合は今月18日に会議に参加することを決めましたが、その後、国連のパン・ギムン事務総長がアサド政権を支持するイランを会議に招待したことに強く反発し、会議への参加を拒否することも辞さない構えを見せていました。

アメリ国務省のサキ報道官は20日、声明を発表しました。
この中では「われわれが何度も表明してきたとおり、会議の目的は、シリアの政権を移行するために、互いに同意できる暫定的な統治機構を設立することだ」として、イランがアサド政権に代わる統治機構の設立を認めない以上、招待の撤回は当然だという認識を示しました。
そのうえでサキ報道官は、「すべての当事者がシリア国民の苦しみに終止符を打ち、政治の移行に向けたプロセスを始めるという課題に取り組むことに期待している」としています。
アメリカ政府は、イランがこれまでに一度も暫定的な統治機構の設立に支持を表明したことがないとして、会議にイランを招待することに否定的な見方を示していました。

Geneva 2: UN retracts Iran's invite, Syrian opposition confirms attendance ― RT News

インタビュー:細川元首相の主張、時代に逆行するリスクも=武者氏 | Reuters
武者陵司 - Wikipedia

実際の株価は武者の予想と反対に動く傾向がある。

先人の知恵に学び、巨大都市・東京の都市改造を考える  | 舛添レポート | 現代ビジネス [講談社]

東大法学部を卒業して研究者としての道を歩み始めたが、専門をヨーロッパ政治外交史とすることにし、具体的な研究対象を第一次世界大戦第二次世界大戦の間の時期、国はフランスを中心にと決めた。人類は、世界大戦の惨禍を経験しながら、なぜ30年も経たないうちにまた大戦争をしたのかを解明したかったからである。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140120#1390216092

大沢樹生・喜多嶋舞の調停 弁護士が喜多嶋に有利な戦略解説 - ZAKZAK

「今回のように、家庭裁判所に“親子関係不存在”の調停を申し出た場合、正式に親子ではないということが認められるためには、確かな証拠と、当事者同士の合意が必要です。喜多嶋さんが鑑定結果を信用していないために協議が進まないのであれば、家庭裁判所としては、改めて再鑑定を要求することになるでしょう」


 だが、大沢にとって、この再鑑定が現状では難しい。調停において家庭裁判所は、“要求”はできても“命令”はできないからだ。あくまで当事者間の合意があって、はじめて再鑑定は可能なのである。


「つまり、長男が拒否すれば再鑑定はできません。今、長男は喜多嶋さんサイドに付いていますから、彼女が長男に再鑑定を拒否するよう説得すれば、彼はそれに従うでしょう。喜多嶋さんには、長男の父親が大沢さんだという自信があるのかもしれませんが、万一、また“父子確率0%”の結果が出たら終わりです。1%でもそのリスクがある以上、“再鑑定拒否”という姿勢が、この調停では正しいわけです」(親権問題に詳しいある弁護士)

【エンタがビタミン♪】井筒監督、映画『永遠の0』を強烈批判。「観た記憶をゼロにしたい」。 - ライブドアニュース

永遠の0』は、太平洋戦争での零戦搭乗員の悲劇を描いた戦争映画である。V6・岡田准一演じる特攻隊員が、「家族のもとに帰りたい」という思いを強く持ちながらも零戦に乗り込み、部下を守るために自らの命を犠牲にするというストーリー。井筒監督は「観たことを記憶ゼロにしたい」と、特攻を美談にする本作へ疑問を呈する。ストーリーや登場人物が実在したという証言もなく、現実味がないのにただ特攻を美談化するような描写に納得できないのだという。


本作のCMでは、上映を観た観客がスタンディングオベーションするシーンがある。しかしこれは初日舞台挨拶の時、観客が司会者に促され受動的に立ち上がった時のものだという話がある。これについても井筒監督は「エビの偽装問題と変わらんぞ!」と興奮した様子で強く非難した。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140115#1389782720

国会図書館 電子書籍を図書館に配信 NHKニュース

21日の段階で電子書籍の配信を受けているのは、公立図書館や大学の図書館、17か所にとどまっていますが、近く全国93の図書館にまで拡大する見通しで、国会図書館は利用を呼びかけることにしています。

ウクライナの政治混乱、ロシア外相が欧州の介入をけん制 | Reuters

ロシアのラブロフ外相は21日、欧州各国政府はウクライナの政治混乱に介入すべきでない、とけん制した。


ラブロフ外相は記者会見で、欧州の一部の国がウクライナの危機に対して行動を行うことをロシア政府は望まない、との見方を示した。


また、抗議デモ参加者が警察隊を攻撃したり、放火を行っているなど暴徒化していることを非難した。


さらに、クリチコ氏をはじめ野党指導者が暴力に訴えないよう呼びかけていることは、状況が管理不能な状態になっていることの表れかもしれない、と懸念を示した。

No EU country would tolerate Ukraine protest violence at home – Lavrov ― RT News
Russia urges Europe not to interfere in Ukraine, fears growing crisis | Reuters